Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

Android Automotive ブートキャンプのプレゼンテーション

以下のプレゼンテーションで、Android 11 における Android Automotive の新機能をご確認ください。

  1. Android 11 の Android Automotive OS 音声機能: ビークル サウンド、マルチゾーン オーディオ、音声フォーカスについて説明します。
  2. Automotive Bluetooth 機能: Bluetooth でメッセージ、カバーアート、マルチデバイス メディアをサポートする方法と、Bluetooth 認証について説明します。
  3. Automotive エミュレータ機能: Google がエミュレータを使用して Android リリースおよびアプリを開発する方法と、パートナーが開発とテストに同じ戦略を活用する方法を紹介します。また、独自に AAOS ベースの AVD イメージを作成する方法も説明します。
  4. カメラの拡張ビューシステム(EVS)とサラウンド ビュー機能: Android 11 で導入された新しい拡張ビューシステム(EVS)とサラウンド ビュー機能について説明します。
  5. 自動車のフレームワーク(パート 1): 「自動車のフレームワーク」ソフトウェアのアーキテクチャ概要、Android 11 で導入された新機能、マルチディスプレイとクラスタ(クラスタ アーキテクチャの概要、クラスタ ディスプレイ設定、デバッグのヒント)について説明します。
  6. 自動車のフレームワーク(パート 2): 信頼性に優れたシステムの作成方法(CarService のクラッシュ リカバリと CarWatchdog)、自動車用プロダクトの設定と開発におけるベスト プラクティス(特権の付与、非表示 API、デフォルト設定の変更、OEM アプリの管理など)、Google に協力する方法(AOSP や自動車のフレームワークのテストに貢献するなど)について説明します。
  7. Car User Interface(UI)ライブラリ: car-ui-lib を使用して、Android Automotive との互換性を維持しながら、ヘッドユニットのシステム UI をカスタマイズする方法について説明します。
  8. ドライバーの注意散漫: アプリにおける注意散漫防止の最適化(DO)に対する要件と期待値、UX 制限(UXR)設定、Android 11 でさまざまな運転状態をシミュレートするためのヒントについて説明します。
  9. マルチユーザー: Android 11 におけるマルチユーザー関連の変更点(ユーザー HAL、パッケージ許可リスト、パフォーマンスなど)の概要について説明します。
  10. ロータリー フレームワーク: OEM およびアプリ デベロッパーがロータリーをサポートするための要件と、ロータリーのエクスペリエンスをカスタマイズする方法について説明します。
  11. センサーと位置情報: CarPropertyManager に導入された新しい API、および Android 11 の超音波センサーとパーキング センサーについて説明します。
  12. システム UI: Android 11 におけるシステム UI の変更点について説明します。
  13. 仮想化: VirtIO を活用および拡張した Android Automotive OS の仮想化について説明します。