Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

IncidentReportCollector

public class IncidentReportCollector
extends FilePullerLogCollector

java.lang.Object
com.android.tradefed.device.metric.BaseDeviceMetricCollector
com.android.tradefed.device.metric.FilePullerDeviceMetricCollector
com.android.tradefed.device.metric.FilePullerLogCollector
com.android.tradefed.device.metric.IncidentReportCollector


デバイス側で報告されたインシデントレポートをプルして処理し、構成されている場合は、テスト実行の最後にホスト側でインシデントレポートを収集します。

概要

パブリックコンストラクター

IncidentReportCollector ()

パブリックメソッド

void onTestRunEnd ( DeviceMetricData runData, currentRunMetrics) onTestRunEnd ( DeviceMetricData runData, currentRunMetrics)

テスト実行が終了したときのコールバック。

保護されたメソッド

void postProcessMetricFile (String key, File metricFile, DeviceMetricData runData)

いくつかのメトリックを抽出するためにプルされたファイルの可能な処理。

パブリックコンストラクター

IncidentReportCollector

public IncidentReportCollector ()

パブリックメソッド

onTestRunEnd

public void onTestRunEnd (DeviceMetricData runData, 
                 currentRunMetrics)

テスト実行が終了したときのコールバック。これはクリーンアップの時間です。

パラメーター
runData DeviceMetricData :実行のデータを保持するDeviceMetricDataBaseDeviceMetricCollector.onTestRunStart(com.android.tradefed.device.metric.DeviceMetricData)ときと同じオブジェクトになります。

currentRunMetrics ITestLifeCycleReceiver.testRunEnded(long, Map)渡されるメトリックの現在のマップ。

保護されたメソッド

postProcessMetricFile

protected void postProcessMetricFile (String key, 
                File metricFile, 
                DeviceMetricData runData)

いくつかのメトリックを抽出するためにプルされたファイルの可能な処理。

パラメーター
key String :プルされたファイルのキー

metricFile File :プルされたERROR(/File)

runData DeviceMetricData :メトリックストレージは、抽出されたメトリックを置くことでした。