Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

DeviceUnavailEmailResultReporter

public class DeviceUnavailEmailResultReporter
extends EmailResultReporter

java.lang.Object
com.android.tradefed.result.CollectingTestListener
com.android.tradefed.result.EmailResultReporter
com.android.tradefed.result.DeviceUnavailEmailResultReporter


デバイスが利用できないという例外が原因で呼び出しが失敗したときに電子メールを送信するEmailResultReporter

概要

パブリックコンストラクター

DeviceUnavailEmailResultReporter ()

保護されたメソッド

String generateEmailSubject ()

電子メールレポートの件名を生成する方法。

boolean shouldSendMessage ()

オーバーライドすることを意図したメソッド。決定されたフィルタリングを実行し、テスト結果の通知メールを送信するかどうかを決定します。

パブリックコンストラクター

DeviceUnavailEmailResultReporter

public DeviceUnavailEmailResultReporter ()

保護されたメソッド

generateEmailSubject

protected String generateEmailSubject ()

電子メールレポートの件名を生成する方法。 shouldSendMessage()false返した場合はshouldSendMessage()れません。

メールの件名の例:

  • 「mantaray-user git_jb-mr1.1-release JDQ39でのpowerChromeFullSitesLocalのTradefed結果:失敗しました」
  • 「ビルド25でのMonkeyのTradefed結果:失敗」

戻り値
String 電子メールレポートに使用する件名を含むString

shouldSendMessage

protected boolean shouldSendMessage ()

オーバーライドすることを意図したメソッド。決定されたフィルタリングを実行し、テスト結果の通知メールを送信するかどうかを決定します。おそらく、失敗したテスト(ある場合)の数、同じテストの以前の失敗などを考慮します。

戻り値
boolean 通知メールを送信する必要がtrue場合はtrue 、そうでない場合はfalse