Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

EmailResultReporter

public class EmailResultReporter
extends CollectingTestListener implements ITestSummaryListener

java.lang.Object
com.android.tradefed.result.CollectingTestListener
com.android.tradefed.result.EmailResultReporter


テスト結果のメールを送信する単純な結果レポーター基本クラス。
サブクラスは、電子メールを送信する必要があるかどうかを決定する必要があり、他の動作をオーバーライドできます。

概要

パブリックコンストラクター

EmailResultReporter ()

EmailResultReporter作成する

保護されたコンストラクタ

EmailResultReporter ( IEmail mailer)

使用するカスタムIEmailインスタンスをIEmail EmailResultReporterを作成します。

パブリックメソッド

void addDestination (String dest)

メールの宛先アドレスを追加します。

void invocationEnded (long elapsedTime)

正常に、または何らかのエラー条件が原因で、呼び出しが終了したことを報告します。

void invocationFailed (Throwable t)

何らかのエラー条件が原因で、不完全な呼び出しを報告します。

void putSummary ( summaries) putSummary ( summaries)

構成の一部としてインスタンス化されたITestInvocationListenerから返された可能性があるnull TestSummaryTestSummaryERROR(/List)TestSummaryます。

保護されたメソッド

fetchSummaries ()

サブクラスが受け取った要約を取得できるようにする

String generateEmailBody ()

電子メールレポートの本文を生成する方法。

String generateEmailSubject ()

電子メールレポートの件名を生成する方法。

Throwable getInvocationException ()

invocationFailed(Throwable)を介して渡されたThrowableを返します。

String getInvocationOrTestStatus ()
InvocationStatus getInvocationStatus ()

InvocationStatus返します

boolean isHtml ()
void setHtml (boolean html)

電子メールの本文がプレーンテキストではなくHTMLであることを示すフラグを設定するメソッドこのメソッドは、電子メールの本文が生成される前に呼び出す必要があります

boolean shouldSendMessage ()

オーバーライドすることを意図したメソッド。決定されたフィルタリングを実行し、テスト結果の通知メールを送信するかどうかを決定します。

パブリックコンストラクター

EmailResultReporter

public EmailResultReporter ()

EmailResultReporter作成する

保護されたコンストラクタ

EmailResultReporter

protected EmailResultReporter ( IEmail mailer)

使用するカスタムIEmailインスタンスをIEmail EmailResultReporterを作成します。

単体テストのために公開されています。

パラメーター
mailer IEmail :使用するIEmailインスタンス。

パブリックメソッド

addDestination

public void addDestination (String dest)

メールの宛先アドレスを追加します。

invocationEnded

public void invocationEnded (long elapsedTime)

正常に、または何らかのエラー条件が原因で、呼び出しが終了したことを報告します。

TradeFederationフレームワークによって自動的に呼び出されます。

パラメーター
elapsedTime long :呼び出しの経過時間(ミリ秒)

invocationFailed

public void invocationFailed (Throwable t)

何らかのエラー条件が原因で、不完全な呼び出しを報告します。

TradeFederationフレームワークによって自動的に呼び出されます。

パラメーター
t Throwable :失敗のThrowable可能な原因

putSummary

public void putSummary ( summaries)

構成の一部としてインスタンス化されたITestInvocationListenerから返された可能性があるnull TestSummaryTestSummaryERROR(/List)TestSummaryます。

パラメーター
summaries :現在の構成の一部であるITestInvocationListenerからのnull TestSummaryTestSummaryERROR(/List)

保護されたメソッド

fetchSummaries

protected  fetchSummaries ()

サブクラスが受け取った要約を取得できるようにする

戻り値

generateEmailBody

protected String generateEmailBody ()

電子メールレポートの本文を生成する方法。 shouldSendMessage()false返した場合はshouldSendMessage()れません。

戻り値
String 電子メールレポートに使用する本文を含むString

generateEmailSubject

protected String generateEmailSubject ()

電子メールレポートの件名を生成する方法。 shouldSendMessage()false返した場合はshouldSendMessage()れません。

メールの件名の例:

  • 「mantaray-user git_jb-mr1.1-release JDQ39でのpowerChromeFullSitesLocalのTradefed結果:失敗しました」
  • 「ビルド25のMonkeyのTradefed結果:失敗」

戻り値
String 電子メールレポートに使用する件名を含むString

getInvocationException

protected Throwable getInvocationException ()

invocationFailed(Throwable)を介して渡されたThrowableを返します。

戻り値
Throwable

getInvocationOrTestStatus

protected String getInvocationOrTestStatus ()

戻り値
String

getInvocationStatus

protected InvocationStatus getInvocationStatus ()

InvocationStatus返します

戻り値
InvocationStatus

isHtml

protected boolean isHtml ()

戻り値
boolean

setHtml

protected void setHtml (boolean html)

電子メールの本文がプレーンテキストではなくHTMLであることを示すフラグを設定するメソッドこのメソッドは、電子メールの本文が生成される前に呼び出す必要があります

パラメーター
html boolean :本文がHTMLの場合はtrue

shouldSendMessage

protected boolean shouldSendMessage ()

オーバーライドすることを意図したメソッド。決定されたフィルタリングを実行し、テスト結果の通知メールを送信するかどうかを決定します。おそらく、失敗したテスト(ある場合)の数、同じテストの以前の失敗などを考慮します。

戻り値
boolean 通知メールを送信する必要がtrue場合はtrue 、そうでない場合はfalse