Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

TimeSetterTargetPreparer

public class TimeSetterTargetPreparer
extends BaseTargetPreparer implements ITargetCleaner

java.lang.Object上位
com.android.tradefed.targetprep.BaseTargetPreparer
com.android.tradefed.targetprep.TimeSetterTargetPreparer


ターゲット作成者は、クリーンアップのデバイスに正しい時刻を復元します。これは、テストが元の時間は必ず、デバイスの状態が最後に変更されていない作り、復元されますので、彼らが好きしかし、時間を変更することができます。

また、必要に応じて、セットアップに時間を設定することができます。クリーンアップに復元された時間は、この目的の作成者を実行する前に設定した時間になります。

概要

publicコンストラクタ

TimeSetterTargetPreparer ()

パブリック・メソッド

void setUp ( ITestDevice device, IBuildInfo buildInfo)

テストのための目標設定を行います。

void tearDown ( ITestDevice device, IBuildInfo buildInfo, Throwable e)

テストした後、ターゲットのクリーンアップ/ティアダウンを実行します。

publicコンストラクタ

TimeSetterTargetPreparer

public TimeSetterTargetPreparer ()

パブリック・メソッド

セットアップ

public void setUp ( ITestDevice device, 
                IBuildInfo buildInfo)

テストのための目標設定を行います。

パラメーター
device ITestDeviceITestDevice準備します。

buildInfo IBuildInfo :テスト対象のビルドに関するデータ。

スロー
BuildError
DeviceNotAvailableException
TargetSetupError

取り壊す

public void tearDown ( ITestDevice device, 
                IBuildInfo buildInfo, 
                Throwable e)

テストした後、ターゲットのクリーンアップ/ティアダウンを実行します。

パラメーター
device ITestDeviceITestDevice準備します。

buildInfo IBuildInfo :テスト対象のビルドに関するデータ。

e Throwable :呼び出しが例外で終了した場合、これは、呼び出しレベルでキャッチされた例外となります。そうでなければ、なりnull

スロー
DeviceNotAvailableException