Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

TimeSetterTargetPreparer

public class TimeSetterTargetPreparer
extends BaseTargetPreparer implements ITargetCleaner

java.lang.Object
com.android.tradefed.targetprep.BaseTargetPreparer
com.android.tradefed.targetprep.TimeSetterTargetPreparer


クリーンアップ時にデバイスに正しい時刻を復元するためにターゲットの準備者。これにより、元の時刻が復元されるため、テストで好きなように時刻を変更でき、デバイスの状態が最後に変更されないようにします。

オプションでセットアップ時間を設定することもできます。クリーンアップで復元される時刻は、このターゲット準備が実行される前に設定された時刻になります。

概要

パブリックコンストラクター

TimeSetterTargetPreparer ()

パブリックメソッド

void setUp ( ITestDevice device, IBuildInfo buildInfo)

テスト用のターゲットセットアップを実行します。

void tearDown ( ITestDevice device, IBuildInfo buildInfo, Throwable e)

テスト後にターゲットのクリーンアップ/ティアダウンを実行します。

パブリックコンストラクター

TimeSetterTargetPreparer

public TimeSetterTargetPreparer ()

パブリックメソッド

セットアップ

public void setUp ( ITestDevice device, 
                IBuildInfo buildInfo)

テスト用のターゲットセットアップを実行します。

パラメーター
device ITestDevice :準備するITestDevice

buildInfo IBuildInfo :テスト中のビルドに関するデータ。

投げる
BuildError
DeviceNotAvailableException
TargetSetupError

取り壊す

public void tearDown ( ITestDevice device, 
                IBuildInfo buildInfo, 
                Throwable e)

テスト後にターゲットのクリーンアップ/ティアダウンを実行します。

パラメーター
device ITestDevice :準備するITestDevice

buildInfo IBuildInfo :テスト中のビルドに関するデータ。

e Throwable :呼び出しが例外で終了した場合、これは呼び出しレベルでキャッチされた例外になります。それ以外の場合はnullになりnull

投げる
DeviceNotAvailableException