Android 4.4 で強化されたセキュリティ機能

Android のすべてのリリースで、ユーザーを保護するためにさまざまなセキュリティの機能強化が行われています。Android 4.4 では、次のようなセキュリティ機能が強化されました。

  • SELinux による Android サンドボックスの強化。Android で、enforcing モードの SELinux が使用されるようになりました。SELinux は、既存の任意アクセス制御(DAC)ベースのセキュリティ モデルを強化するために使用される、Linux カーネルの強制アクセス制御(MAC)システムです。これにより、潜在的なセキュリティの脆弱性に対する保護が強化されます。
  • ユーザー別 VPN。マルチユーザー デバイスで、VPN がユーザーごとに適用されるようになりました。これにより、デバイスの他のユーザーに影響を与えることなく、VPN 経由ですべてのネットワーク トラフィックをルーティングできます。
  • AndroidKeyStore の ECDSA プロバイダ サポート。ECDSA アルゴリズムと DSA アルゴリズムを使用できるキーストア プロバイダが Android に追加されました。
  • デバイス モニタリングに関する警告。Android で、暗号化されたネットワークト ラフィックのモニタリングが可能なデバイス証明書ストアに証明書が追加された場合に警告が表示されます。
  • FORTIFY_SOURCE。Android で FORTIFY_SOURCE レベル 2 がサポートされるようになったため、すべてのコードはこれらの保護機能でコンパイルされます。FORTIFY_SOURCE は clang で動作するように拡張されました。
  • 証明書の固定。Android 4.4 は、セキュア SSL/TLS 通信での不正な Google 証明書の使用を検出して阻止します。
  • セキュリティに関する修正。Android 4.4 では、Android 固有の脆弱性に対する修正も行われています。これらの脆弱性に関する情報は、オープン ハンドセット アライアンスのメンバーに提供されています。修正プログラムは Android オープンソース プロジェクトで入手できます。また、Android の以前のバージョンがインストールされている一部のデバイスでも、セキュリティ強化のために修正プログラムが適用されている場合があります。