このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

Android2.1の互換性の定義

Copyright©2010、Google Inc.無断複写・転載を禁じます。
互換性@ android.com

1.はじめに

このドキュメントでは、携帯電話がAndroid2.1と互換性を持つために満たす必要のある要件を列挙しています。

「must」、「must not」、「required」、「shall」、「shall not」、「should」、「should not」、「recommended」、「may」、「optional」の使用は、IETF標準に準拠しています。 RFC2119 [リソース、1 ]で定義されています。

このドキュメントで使用されているように、「デバイス実装者」または「実装者」は、Android2.1を実行するハードウェア/ソフトウェアソリューションを開発している個人または組織です。 「デバイスの実装」または「実装」は、そのように開発されたハードウェア/ソフトウェアソリューションです。

Android 2.1との互換性があると見なされるには、デバイスの実装は次のとおりです。

  • 参照を介して組み込まれたドキュメントを含め、この互換性定義に示されている要件を満たしている必要があります。
  • デバイス実装のソフトウェアが完了した時点で利用可能なAndroid互換性テストスイート(CTS)の最新バージョンに合格する必要があります。 (CTSは、Androidオープンソースプロジェクト[リソース、2 ]の一部として利用できます。)CTSは、このドキュメントで概説されているコンポーネントのすべてではありませんが、多くをテストします。

この定義またはCTSがサイレント、あいまい、または不完全な場合、既存の実装との互換性を確保するのはデバイス実装者の責任です。このため、Androidオープンソースプロジェクト[リソース、3 ]は、Androidのリファレンスであり推奨される実装でもあります。デバイスの実装者は、Androidオープンソースプロジェクトから入手できる「アップストリーム」ソースコードに基づいて実装することを強くお勧めします。一部のコンポーネントは仮想的に代替実装に置き換えることができますが、CTSテストに合格することが大幅に困難になるため、この方法は強くお勧めしません。互換性テストスイートを含め、標準のAndroid実装との完全な動作互換性を確保するのは、実装者の責任です。最後に、特定のコンポーネントの置換および変更は、このドキュメントでは明示的に禁止されていることに注意してください。

2.リソース

  1. IETF RFC2119要件レベル: http//www.ietf.org/rfc/rfc2119.txt
  2. Android互換性プログラムの概要: http//source.android.com/compatibility/index.html
  3. Androidオープンソースプロジェクト: http//source.android.com/
  4. APIの定義とドキュメント: http//developer.android.com/reference/packages.html
  5. Androidパーミッションリファレンス: http//developer.android.com/reference/android/Manifest.permission.html
  6. android.os.Buildリファレンス: http//developer.android.com/reference/android/os/Build.html
  7. Android 2.1で許可されているバージョン文字列: http//source.android.com/compatibility/2.1/versions.html
  8. android.webkit.WebViewクラス: http//developer.android.com/reference/android/webkit/WebView.html
  9. HTML5: http//www.whatwg.org/specs/web-apps/current-work/multipage/
  10. Dalvik仮想マシンの仕様:Androidソースコードのdalvik / docsで入手可能
  11. AppWidgets: http ://developer.android.com/guide/practices/ui_guidelines/widget_design.html
  12. 通知: http//developer.android.com/guide/topics/ui/notifiers/notifications.html
  13. アプリケーションリソース: http//code.google.com/android/reference/available-resources.html
  14. ステータスバーアイコンスタイルガイド: http://developer.android.com/guide/practices/ui_guideline /icon_design.html#statusbarstructure
  15. 検索マネージャー: http//developer.android.com/reference/android/app/SearchManager.html
  16. トースト: http//developer.android.com/reference/android/widget/Toast.html
  17. ライブ壁紙: http//developer.android.com/resources/articles/live-wallpapers.html
  18. Android用アプリ: http//code.google.com/p/apps-for-android
  19. 参照ツールのドキュメント(adb、aapt、ddms用): http ://developer.android.com/guide/developing/tools/index.html
  20. Android APKファイルの説明: http//developer.android.com/guide/topics/fundamentals.html
  21. マニフェストファイル: http//developer.android.com/guide/topics/manifest/manifest-intro.html
  22. モンキーテストツール: http//developer.android.com/guide/developing/tools/monkey.html
  23. 複数の画面のサポート: http//developer.android.com/guide/practices/screens_support.html
  24. android.content.res.Configuration: http//developer.android.com/reference/android/content/res/Configuration.html
  25. android.util.DisplayMetrics: http//developer.android.com/reference/android/util/DisplayMetrics.html
  26. android.hardware.Camera: http://developer.android.com/reference/android/hardware/Camera.html
  27. センサー座標空間: http//developer.android.com/reference/android/hardware/SensorEvent.html
  28. Androidのセキュリティと権限のリファレンス: http//developer.android.com/guide/topics/security/security.html
  29. Bluetooth API: http//developer.android.com/reference/android/bluetooth/package-summary.html

これらのリソースの多くは、Android 2.1 SDKから直接または間接的に派生しており、そのSDKのドキュメントの情報と機能的に同じです。この互換性定義または互換性テストスイートがSDKドキュメントと一致しない場合は、SDKドキュメントが信頼できるものと見なされます。上記の参考資料に記載されている技術的な詳細は、この互換性の定義の一部であると見なされます。

3.ソフトウェア

Androidプラットフォームには、マネージAPIのセット、ネイティブAPIのセット、およびIntentシステムやWebアプリケーションAPIなどのいわゆる「ソフト」APIの本体が含まれています。このセクションでは、互換性に不可欠なハードAPIとソフトAPI、およびその他の関連する技術的およびユーザーインターフェイスの動作について詳しく説明します。デバイスの実装は、このセクションのすべての要件に準拠する必要があります。

3.1。マネージドAPIの互換性

マネージド(Dalvikベース)実行環境は、Androidアプリケーションの主要な手段です。 Androidアプリケーションプログラミングインターフェイス(API)は、マネージドVM環境で実行されているアプリケーションに公開されるAndroidプラットフォームインターフェイスのセットです。デバイスの実装は、Android 2.1 SDKによって公開された文書化されたAPIのすべての文書化された動作を含む、完全な実装を提供する必要があります[リソース、4 ]。

デバイスの実装では、この互換性定義で特に許可されている場合を除き、マネージAPIを省略したり、APIインターフェイスや署名を変更したり、文書化された動作から逸脱したり、no-opsを含めたりしてはなりません。

3.2。ソフトAPIの互換性

セクション3.1のマネージAPIに加えて、Androidには、アプリケーションのコンパイル時に適用できないAndroidアプリケーションのインテント、権限、および同様の側面などの形式で、ランタイムのみの重要な「ソフト」APIも含まれています。このセクションでは、Android2.1との互換性に必要な「ソフト」APIとシステム動作について詳しく説明します。デバイスの実装は、このセクションに示されているすべての要件を満たしている必要があります。

3.2.1。権限

デバイスの実装者は、パーミッションリファレンスページ[リソース、5 ]に記載されているように、すべてのパーミッション定数をサポートおよび適用する必要があります。セクション10には、Androidセキュリティモデルに関連する追加要件が記載されていることに注意してください。

3.2.2。ビルドパラメータ

Android APIには、現在のデバイスを説明することを目的としたandroid.os.Buildクラス[リソース、6 ]にいくつかの定数が含まれています。以下の表には、デバイス実装間で一貫した意味のある値を提供するために、デバイス実装が準拠しなければならないこれらの値の形式に関する追加の制限が含まれています。

パラメータコメント
android.os.Build.VERSION.RELEASE現在実行中のAndroidシステムのバージョン(人間が読める形式)。このフィールドには、[ Resources、7 ]で定義されている文字列値の1つが含まれている必要があります。
android.os.Build.VERSION.SDK現在実行中のAndroidシステムのバージョンで、サードパーティのアプリケーションコードにアクセスできる形式。 Android 2.1の場合、このフィールドには整数値7が必要です。
android.os.Build.VERSION.INCREMENTAL現在実行中のAndroidシステムの特定のビルドを人間が読める形式で指定するデバイス実装者によって選択された値。この値は、エンドユーザーに出荷されるさまざまなビルドに再利用してはなりません。このフィールドの一般的な使用法は、ビルドの生成に使用されたビルド番号またはソース管理変更識別子を示すことです。このフィールドの特定の形式に関する要件はありませんが、nullまたは空の文字列( "")であってはなりません。
android.os.Build.BOARDデバイスで使用される特定の内部ハードウェアを識別する、デバイスの実装者が選択した値。人間が読める形式で表示されます。このフィールドの可能な使用法は、デバイスに電力を供給するボードの特定のリビジョンを示すことです。このフィールドの特定の形式に関する要件はありませんが、nullまたは空の文字列( "")であってはなりません。
android.os.Build.BRANDデバイスを製造した会社、組織、個人などの名前を人間が読める形式で識別する、デバイスの実装者によって選択された値。このフィールドの可能な使用法は、デバイスを販売したOEMおよび/またはキャリアを示すことです。このフィールドの特定の形式に関する要件はありませんが、nullまたは空の文字列( "")であってはなりません。
android.os.Build.DEVICEデバイスの本体の特定の構成またはリビジョン(「工業デザイン」と呼ばれることもあります)を識別する、デバイスの実装者によって選択された値。このフィールドの特定の形式に関する要件はありませんが、nullまたは空の文字列( "")であってはなりません。
android.os.Build.FINGERPRINTこのビルドを一意に識別する文字列。人間が読める形式である必要があります。このテンプレートに従う必要があります:
$(BRAND)/$(PRODUCT)/$(DEVICE)/$(BOARD):$(VERSION.RELEASE)/$(ID)/$(VERSION.INCREMENTAL):$(TYPE)/$(TAGS)
例えば:
acme/mydevice/generic/generic:2.1-update1/ERC77/3359:userdebug/test-keys
指紋にスペースを含めてはなりません。上記のテンプレートに含まれている他のフィールドにスペースが含まれている場合は、フィンガープリントのASCIIアンダースコア( "_")文字に置き換える必要があります。
android.os.Build.HOSTビルドが構築されたホストを一意に識別する文字列(人間が読める形式)。このフィールドの特定の形式に関する要件はありませんが、nullまたは空の文字列( "")であってはなりません。
android.os.Build.ID人間が読める形式で、特定のリリースを参照するためにデバイスの実装者が選択した識別子。このフィールドはandroid.os.Build.VERSION.INCREMENTALと同じにすることができますが、エンドユーザーがソフトウェアビルドを区別するのに十分な意味を持つ値である必要があります。このフィールドの特定の形式に関する要件はありませんが、nullまたは空の文字列( "")であってはなりません。
android.os.Build.MODELエンドユーザーに知られているデバイスの名前を含む、デバイス実装者によって選択された値。これは、デバイスがエンドユーザーに販売および販売されるのと同じ名前である必要があります。このフィールドの特定の形式に関する要件はありませんが、nullまたは空の文字列( "")であってはなりません。
android.os.Build.PRODUCTデバイスの開発名またはコード名を含む、デバイス実装者によって選択された値。人間が読める形式である必要がありますが、必ずしもエンドユーザーによる表示を目的としているわけではありません。このフィールドの特定の形式に関する要件はありませんが、nullまたは空の文字列( "")であってはなりません。
android.os.Build.TAGSビルドをさらに区別する、デバイス実装者によって選択されたタグのコンマ区切りのリスト。たとえば、「unsigned、debug」です。このフィールドはnullまたは空の文字列( "")であってはなりませんが、単一のタグ( "release"など)で問題ありません。
android.os.Build.TIMEビルドが発生したときのタイムスタンプを表す値。
android.os.Build.TYPEビルドのランタイム構成を指定するデバイス実装者によって選択された値。このフィールドには、「user」、「userdebug」、または「eng」の3つの一般的なAndroidランタイム構成に対応する値の1つが含まれている必要があります。
android.os.Build.USERビルドを生成したユーザー(または自動化されたユーザー)の名前またはユーザーID。このフィールドの特定の形式に関する要件はありませんが、nullまたは空の文字列( "")であってはなりません。

3.2.3。インテントの互換性

Androidはインテントを使用して、アプリケーション間の疎結合統合を実現します。このセクションでは、デバイスの実装が尊重しなければならないインテントパターンに関連する要件について説明します。 「名誉ある」とは、デバイスの実装者が、一致するインテントフィルタを指定し、指定された各インテントパターンにバインドして正しい動作を実装するAndroidアクティビティまたはサービスを提供する必要があることを意味します。

3.2.3.1。コアアプリケーションの意図

Androidアップストリームプロジェクトは、ダイヤラ、カレンダー、連絡先帳、音楽プレーヤーなど、いくつかのコアアプリケーションを定義します。デバイスの実装者は、これらのアプリケーションを代替バージョンに置き換えることができます(MAY)。

ただし、そのような代替バージョンは、アップストリームプロジェクトによって提供されるものと同じインテントパターンを尊重する必要があります。たとえば、デバイスに代替の音楽プレーヤーが含まれている場合でも、曲を選択するためにサードパーティアプリケーションによって発行されたインテントパターンを尊重する必要があります。

次のアプリケーションは、コアAndroidシステムアプリケーションと見なされます。

コアAndroidシステムアプリケーションには、「パブリック」と見なされるさまざまなアクティビティまたはサービスコンポーネントが含まれています。つまり、属性「android:exported」が存在しないか、値が「true」である可能性があります。

値が「false」のandroid:exported属性を介して非公開としてマークされていないコアAndroidシステムアプリの1つで定義されたすべてのアクティビティまたはサービスについて、デバイスの実装には、同じインテントフィルターを実装する同じタイプのコンポーネントを含める必要がありますコアAndroidシステムアプリとしてのパターン。

言い換えると、デバイスの実装がコアAndroidシステムアプリに取って代わる可能性があります。ただし、サポートしている場合、デバイスの実装は、置き換えられる各コアAndroidシステムアプリによって定義されたすべてのインテントパターンをサポートする必要があります。

3.2.3.2。インテントオーバーライド

Androidは拡張可能なプラットフォームであるため、デバイスの実装者は、コアシステムアプリで定義された各インテントパターンがサードパーティアプリケーションによってオーバーライドされることを許可する必要があります。アップストリームのAndroidオープンソースプロジェクトでは、これがデフォルトで許可されています。デバイスの実装者は、システムアプリケーションによるこれらのインテントパターンの使用に特別な特権を付与したり、サードパーティアプリケーションがこれらのパターンにバインドして制御を引き継いだりすることを妨げてはなりません。この禁止事項には、ユーザーがすべて同じインテントパターンを処理する複数のアプリケーションから選択できる「Chooser」ユーザーインターフェイスの無効化が含まれますが、これに限定されません。

3.2.3.3。インテント名前空間

デバイスの実装者は、android。*名前空間でACTION、CATEGORY、またはその他のキー文字列を使用して、新しいインテントまたはブロードキャストインテントパターンを尊重するAndroidコンポーネントを含めてはなりません(MUSTNOT)。デバイスの実装者は、ACTION、CATEGORY、または他の組織に属するパッケージスペース内の他のキー文字列を使用して、新しいインテントまたはブロードキャストインテントパターンを尊重するAndroidコンポーネントを含めてはなりません(MUSTNOT)。デバイスの実装者は、セクション3.2.3.1にリストされているコアアプリで使用されるインテントパターンを変更または拡張してはなりません。

この禁止事項は、セクション3.6でJava言語クラスに指定されている禁止事項に類似しています。

3.2.3.4。ブロードキャストインテント

サードパーティのアプリケーションは、プラットフォームに依存して特定のインテントをブロードキャストし、ハードウェアまたはソフトウェア環境の変更を通知します。 Android互換デバイスは、適切なシステムイベントに応答して、パブリックブロードキャストインテントをブロードキャストする必要があります。ブロードキャストインテントは、SDKドキュメントで説明されています。

3.3。ネイティブAPIの互換性

Dalvikで実行されているマネージコードは、適切なデバイスハードウェアアーキテクチャ用にコンパイルされたELF.soファイルとしてアプリケーション.apkファイルで提供されるネイティブコードを呼び出すことができます。デバイスの実装には、標準のJava Native Interface(JNI)セマンティクスを使用して、ネイティブコードを呼び出すために管理環境で実行されるコードのサポートを含める必要があります。次のAPIは、ネイティブコードで使用できる必要があります。

デバイスの実装は、OpenGL ES1.0をサポートする必要があります。ハードウェアアクセラレーションがないデバイスは、ソフトウェアレンダラーを使用してOpenGL ES1.0を実装する必要があります。デバイスの実装は、デバイスのハードウェアがサポートする限り多くのOpenGL ES1.1を実装する必要があります。ハードウェアがそれらのAPIで妥当なパフォーマンスを発揮できる場合、デバイスの実装はOpenGL ES2.0の実装を提供する必要があります。

これらのライブラリは、AndroidオープンソースプロジェクトによってBionicで提供されているバージョンと、ソース互換(つまり、ヘッダー互換)およびバイナリ互換(特定のプロセッサアーキテクチャ用)である必要があります。 Bionicの実装はGNUCライブラリなどの他の実装と完全には互換性がないため、デバイスの実装者はAndroidの実装を使用する必要があります。デバイス実装者がこれらのライブラリの異なる実装を使用する場合、ヘッダー、バイナリ、および動作の互換性を確保する必要があります。

デバイスの実装では、 android.os.Build.CPU_ABI APIを介して、デバイスでサポートされているネイティブのアプリケーションバイナリインターフェイス(ABI)を正確に報告する必要があります。 ABIは、最新バージョンのdocs/CPU-ARCH-ABIS.txtファイルdocs/CPU-ARCH-ABIS.txt記載されているエントリの1つである必要があります。 Android NDKの追加リリースでは、追加のABIのサポートが導入される場合があることに注意してください。

ネイティブコードの互換性は困難です。このため、互換性を確保するために、デバイスの実装者は上記のライブラリのアップストリーム実装を使用することを強くお勧めします。

3.4。 WebAPIの互換性

多くの開発者とアプリケーションは、ユーザーインターフェイスをandroid.webkit.WebViewクラス[リソース、8 ]の動作に依存しているため、WebView実装はAndroid実装間で互換性がなければなりません。 Androidオープンソースの実装では、WebKitレンダリングエンジンを使用してWebViewを実装します。

Webブラウザー用の包括的なテストスイートを開発することは現実的ではないため、デバイス実装者はWebView実装でWebKitの特定のアップストリームビルドを使用する必要があります。具体的には:

実装は、スタンドアロンのブラウザアプリケーションでカスタムユーザーエージェント文字列を出荷してもよい[MAY]。さらに、スタンドアロンブラウザは代替ブラウザテクノロジ(Firefox、Operaなど)に基づいている場合があります。ただし、代替ブラウザアプリケーションが出荷されている場合でも、サードパーティアプリケーションに提供されるWebViewコンポーネントはWebKitに基づいている必要があります。上記のように。

WebView構成には、HTML5データベース、アプリケーションキャッシュ、およびジオロケーションAPIのサポートが含まれている必要があります[リソース、9 ]。 WebViewには、何らかの形式でHTML5 <video>タグのサポートを含める必要があります。スタンドアロンのブラウザーアプリケーション(アップストリームのWebKitブラウザーアプリケーションまたはサードパーティの代替アプリケーションに基づくかどうかに関係なく)には、WebView用にリストされたものと同じHTML5機能のサポートが含まれている必要があります。

3.5。 APIの動作の互換性

各APIタイプ(マネージド、ソフト、ネイティブ、およびWeb)の動作は、アップストリームのAndroidオープンソースプロジェクトの推奨される実装と一致している必要があります[リソース、3 ]。互換性のいくつかの特定の領域は次のとおりです。

上記のリストは包括的ではなく、動作の互換性を確保する責任はデバイスの実装者にあります。このため、デバイスの実装者は、システムの重要な部分を再実装するのではなく、可能な場合はAndroidオープンソースプロジェクトから入手できるソースコードを使用する必要があります。

互換性テストスイート(CTS)は、動作の互換性についてプラットフォームの重要な部分をテストしますが、すべてではありません。 Androidオープンソースプロジェクトとの動作の互換性を確保するのは、実装者の責任です。

3.6。 API名前空間

Androidは、Javaプログラミング言語で定義されているパッケージとクラスの名前空間の規則に従います。サードパーティアプリケーションとの互換性を確保するために、デバイスの実装者は、これらのパッケージ名前空間に禁止されている変更(以下を参照)を行ってはなりません。

禁止されている変更は次のとおりです。

「公開されている要素」とは、アップストリームのAndroidソースコードで「@hide」マーカーで装飾されていない構成要素です。言い換えると、デバイスの実装者は、上記の名前空間で新しいAPIを公開したり、既存のAPIを変更したりしてはなりません(MUSTNOT)。デバイスの実装者は内部のみの変更を行うことができますが、それらの変更を宣伝したり、開発者に公開したりしてはなりません。

デバイスの実装者はカスタムAPIを追加できますが、そのようなAPIは、別の組織が所有または参照している名前空間に含めてはなりません。たとえば、デバイスの実装者は、com.google。*または同様の名前空間にAPIを追加してはなりません。 Googleだけがそうすることができます。同様に、Googleは他社の名前空間にAPIを追加してはなりません。

デバイスの実装者が上記のパッケージ名前空間の1つを改善することを提案した場合(既存のAPIに有用な新しい機能を追加したり、新しいAPIを追加したりするなど)、実装者はsource.android.comにアクセスして、変更を提供するプロセスを開始する必要があります。そのサイトの情報によると、コード。

上記の制限は、Javaプログラミング言語でAPIに名前を付けるための標準的な規則に対応していることに注意してください。このセクションは、これらの規則を強化し、この互換性の定義に含めることでそれらを拘束することを目的としています。

3.7。仮想マシンの互換性

デバイスの実装は、完全なDalvik実行可能(DEX)バイトコード仕様とDalvik仮想マシンセマンティクスをサポートする必要があります[リソース、10 ]。

デバイスの実装では、画面が中密度または低密度に分類されているデバイスの各アプリケーションに少なくとも16MBのメモリを割り当てるようにDalvikを構成する必要があります。デバイスの実装では、画面が高密度に分類されているデバイスの各アプリケーションに少なくとも24MBのメモリを割り当てるようにDalvikを構成する必要があります。デバイスの実装では、これらの数値よりも多くのメモリを割り当てることができますが、必須ではないことに注意してください。

3.8。ユーザーインターフェイスの互換性

Androidプラットフォームには、開発者がシステムのユーザーインターフェイスに接続できるようにする開発者APIがいくつか含まれています。以下で説明するように、デバイスの実装では、これらの標準UIAPIを開発するカスタムユーザーインターフェイスに組み込む必要があります。

3.8.1。ウィジェット

Androidは、アプリケーションが「AppWidget」をエンドユーザーに公開できるようにするコンポーネントタイプと対応するAPIおよびライフサイクルを定義します[リソース、11 ]。 Androidオープンソースリファレンスリリースには、ユーザーがホーム画面からAppWidgetsを追加、表示、および削除できるようにするユーザーインターフェイス要素を含むLauncherアプリケーションが含まれています。

デバイスの実装者は、参照ランチャー(つまりホーム画面)の代わりに使用できます。代替ランチャーは、AppWidgetsの組み込みサポートを含み、ランチャー内で直接AppWidgetsを追加、構成、表示、および削除するためのユーザーインターフェイス要素を公開する必要があります。代替ランチャーは、これらのユーザーインターフェイス要素を省略してもよい[MAY]。ただし、それらが省略されている場合、デバイス実装者は、ユーザーがAppWidgetsを追加、構成、表示、および削除できるようにする、ランチャーからアクセス可能な別個のアプリケーションを提供する必要があります。

3.8.2。通知

Androidには、開発者が注目すべきイベントをユーザーに通知できるようにするAPIが含まれています[リソース、12 ]。デバイスの実装者は、そのように定義された通知の各クラスのサポートを提供する必要があります。具体的には、音、振動、光、ステータスバー。

さらに、実装は、API [リソース、13 ]またはステータスバーアイコンスタイルガイド[リソース、14 ]で提供されるすべてのリソース(アイコン、サウンドファイルなど)を正しくレンダリングする必要があります。デバイスの実装者は、リファレンスのAndroidオープンソース実装によって提供されるものとは別のユーザーエクスペリエンスを通知に提供する場合があります。ただし、このような代替通知システムは、上記のように既存の通知リソースをサポートする必要があります。

Androidには、開発者が検索をアプリケーションに組み込み、アプリケーションのデータをグローバルシステム検索に公開できるようにするAPI [リソース、15 ]が含まれています。一般的に、この機能は、ユーザーがクエリを入力したり、ユーザーが入力したときに提案を表示したり、結果を表示したりできる、単一のシステム全体のユーザーインターフェイスで構成されています。 Android APIを使用すると、開発者はこのインターフェースを再利用して独自のアプリ内で検索を提供でき、開発者は共通のグローバル検索ユーザーインターフェースに結果を提供できます。

デバイスの実装には、ユーザー入力に応じてリアルタイムで提案できる単一の共有システム全体の検索ユーザーインターフェイスを含める必要があります。デバイスの実装では、開発者がこのユーザーインターフェイスを再利用して、独自のアプリケーション内で検索を提供できるようにするAPIを実装する必要があります。デバイスの実装では、グローバル検索モードで実行されたときにサードパーティアプリケーションが検索ボックスに候補を追加できるようにするAPIを実装する必要があります。この機能を利用するサードパーティのアプリケーションがインストールされていない場合、デフォルトの動作はWeb検索エンジンの結果と提案を表示することである必要があります。

デバイスの実装には代替の検索ユーザーインターフェイスが含まれている場合がありますが、APIドキュメントに記載されている動作で、アプリ内でいつでも使用して検索フレームワークを呼び出すことができるハードまたはソフトの専用検索ボタンを含める必要があります。

3.8.4。乾杯

アプリケーションは、「Toast」API([ Resources、16 ]で定義)を使用して、短い非モーダル文字列をエンドユーザーに表示できます。この文字列は、短時間で消えます。デバイスの実装では、アプリケーションからエンドユーザーへのトーストを視認性の高い方法で表示する必要があります。

3.8.5。ライブ壁紙

Androidは、アプリケーションが1つ以上の「ライブ壁紙」をエンドユーザーに公開できるようにするコンポーネントタイプと対応するAPIおよびライフサイクルを定義します[リソース、17 ]。ライブ壁紙は、他のアプリケーションの背後にある壁紙として表示される、入力機能が制限されたアニメーション、パターン、または同様の画像です。

ハードウェアは、機能に制限がなく、他のアプリケーションに悪影響を与えることなく妥当なフレームレートですべてのライブ壁紙を実行できる場合、ライブ壁紙を確実に実行できると見なされます。ハードウェアの制限により、壁紙やアプリケーションがクラッシュ、誤動作、過剰なCPUまたはバッテリー電力を消費したり、許容できないほど低いフレームレートで実行されたりした場合、ハードウェアはライブ壁紙を実行できないと見なされます。例として、一部のライブ壁紙は、Open GL1.0または2.0コンテキストを使用してコンテンツをレンダリングする場合があります。 OpenGLコンテキストのライブ壁紙の使用は、OpenGLコンテキストを使用する他のアプリケーションと競合する可能性があるため、ライブ壁紙は複数のOpenGLコンテキストをサポートしないハードウェアでは確実に実行されません。

上記のようにライブ壁紙を確実に実行できるデバイスの実装では、ライブ壁紙を実装する必要があります。上記のようにライブ壁紙を確実に実行しないと判断されたデバイスの実装は、ライブ壁紙を実装してはなりません。

4.リファレンスソフトウェアの互換性

デバイス実装者は、次のオープンソースアプリケーションを使用して実装の互換性をテストする必要があります。

上記の各アプリは、実装が互換性があると見なされるために、実装上で起動して正しく動作する必要があります。

さらに、デバイスの実装では、これらの各スモークテストアプリケーションの各メニュー項目(すべてのサブメニューを含む)をテストする必要があります。

上記のアプリケーションの各テストケースは、デバイスの実装で正しく実行する必要があります。

5.アプリケーションパッケージの互換性

デバイスの実装では、公式のAndroid SDKに含まれている「aapt」ツールによって生成されたAndroid「.apk」ファイルをインストールして実行する必要があります[リソース、19 ]。

デバイスの実装では、.apk [ Resources、20 ]、Android Manifest [ Resources、21 ]、またはDalvikバイトコード[ Resources、10 ]形式のいずれかを、これらのファイルが他の互換性のあるデバイスに正しくインストールおよび実行されないように拡張してはなりません。 。デバイス実装者は、Dalvikのリファレンスアップストリーム実装とリファレンス実装のパッケージ管理システムを使用する必要があります。

6.マルチメディアの互換性

デバイスの実装は、次のマルチメディアコーデックをサポートする必要があります。これらのコーデックはすべて、Androidオープンソースプロジェクトの推奨Android実装のソフトウェア実装として提供されます。

GoogleもOpenHandset Allianceも、これらのコーデックがサードパーティの特許によって妨げられていないことを表明していないことに注意してください。このソースコードをハードウェアまたはソフトウェア製品で使用する場合は、オープンソースソフトウェアまたはシェアウェアを含むこのコードの実装には、関連する特許権者からの特許ライセンスが必要になる場合があることをお勧めします。

オーディオ
名前エンコーダーデコーダ詳細ファイル/コンテナ形式
AAC LC / LTPバツ最大160kbpsの標準ビットレートと8〜48kHzのサンプリングレートの任意の組み合わせのモノラル/ステレオコンテンツ3GPP(.3gp)およびMPEG-4(.mp4、.m4a)。生のAAC(.aac)はサポートされていません
HE-AACv1(AAC +)バツ
HE-AACv2(拡張AAC +)バツ
AMR-NBバツバツ8kHzでサンプリングされた4.75〜12.2kbps 3GPP(.3gp)
AMR-WBバツ16kHzでサンプリングされた6.60kbit / sから23.85kbit / sまでの9つのレート3GPP(.3gp)
MP3バツモノラル/ステレオ8-320Kbps固定(CBR)または可変ビットレート(VBR) MP3(.mp3)
ミディバツMIDIタイプ0および1。DLSバージョン1および2。XMFおよびモバイルXMF。着信音フォーマットRTTTL / RTX、OTA、およびiMelodyのサポート0と1(.mid、.xmf、.mxmf)を入力します。また、RTTTL / RTX(.rtttl、.rtx)、OTA(.ota)、およびiMelody(.imy)
Ogg VorbisバツOgg(.ogg)
PCMバツ8- and 16-bit linear PCM (rates up to limit of hardware) WAVE (.wav)
Image
JPEG X X base+progressive
GIF X
PNG X X
BMP X
Video
H.263 X X 3GPP (.3gp) files
H.264 X 3GPP (.3gp) and MPEG-4 (.mp4) files
MPEG4 Simple Profile X 3GPP (.3gp) file

Note that the table above does not list specific bitrate requirements for most video codecs. The reason for this is that in practice, current device hardware does not necessarily support bitrates that map exactly to the required bitrates specified by the relevant standards. Instead, device implementations SHOULD support the highest bitrate practical on the hardware, up to the limits defined by the specifications.

7. Developer Tool Compatibility

Device implemenations MUST support the Android Developer Tools provided in the Android SDK. Specifically, Android-compatible devices MUST be compatible with:

  • Android Debug Bridge (known as adb) [ Resources, 19 ]
    Device implementations MUST support all adb functions as documented in the Android SDK. The device-side adb daemon SHOULD be inactive by default, but there MUST be a user-accessible mechanism to turn on the Android Debug Bridge.
  • Dalvik Debug Monitor Service (known as ddms) [ Resources, 19 ]
    Device implementations MUST support all ddms features as documented in the Android SDK. As ddms uses adb , support for ddms SHOULD be inactive by default, but MUST be supported whenever the user has activated the Android Debug Bridge, as above.
  • Monkey [ Resources, 22 ]
    Device implementations MUST include the Monkey framework, and make it available for applications to use.

8. Hardware Compatibility

Android is intended to support device implementers creating innovative form factors and configurations. At the same time Android developers expect certain hardware, sensors and APIs across all Android device. This section lists the hardware features that all Android 2.1 compatible devices must support.

If a device includes a particular hardware component that has a corresponding API for third-party developers, the device implementation MUST implement that API as defined in the Android SDK documentation. If an API in the SDK interacts with a hardware component that is stated to be optional and the device implementation does not possess that component:

A typical example of a scenario where these requirements apply is the telephony API: even on non-phone devices, these APIs must be implemented as reasonable no-ops.

Device implementations MUST accurate report accurate hardware configuration information via the getSystemAvailableFeatures() and hasSystemFeature(String) methods on the android.content.pm.PackageManager class.

8.1. Display

Android 2.1 includes facilities that perform certain automatic scaling and transformation operations under some circumstances, to ensure that third-party applications run reasonably well on a variety of hardware configurations [ Resources, 23 ]. Devices MUST properly implement these behaviors, as detailed in this section.

For Android 2.1, this are the most common display configurations:

Screen Type Width (Pixels) Height (Pixels) Diagonal Length Range (inches) Screen Size Group Screen Density Group
QVGA 240 320 2.6 - 3.0 Small Low
WQVGA 240 400 3.2 - 3.5 Normal Low
FWQVGA 240 432 3.5 - 3.8 Normal Low
HVGA 320 480 3.0 - 3.5 Normal Medium
WVGA 480 800 3.3 - 4.0 Normal High
FWVGA 480 854 3.5 - 4.0 Normal High
WVGA 480 800 4.8 - 5.5 Large Medium
FWVGA 480 854 5.0 - 5.8 Large Medium

Device implementations corresponding to one of the standard configurations above MUST be configured to report the indicated screen size to applications via the android.content.res.Configuration [ Resources, 24 ] class.

Some .apk packages have manifests that do not identify them as supporting a specific density range. When running such applications, the following constraints apply:

8.1.2. Non-Standard Display Configurations

Display configurations that do not match one of the standard configurations listed in Section 8.1.1 require additional consideration and work to be compatible. Device implementers MUST contact Android Compatibility Team as provided for in Section 12 to obtain classifications for screen-size bucket, density, and scaling factor. When provided with this information, device implementations MUST implement them as specified.

Note that some display configurations (such as very large or very small screens, and some aspect ratios) are fundamentally incompatible with Android 2.1; therefore device implementers are encouraged to contact Android Compatibility Team as early as possible in the development process.

8.1.3. Display Metrics

Device implementations MUST report correct valuesfor all display metrics defined in android.util.DisplayMetrics [ Resources, 25 ].

8.2. Keyboard

Device implementations:

8.3. Non-touch Navigation

Device implementations:

8.4. Screen Orientation

Compatible devices MUST support dynamic orientation by applications to either portrait or landscape screen orientation. That is, the device must respect the application's request for a specific screen orientation. Device implementations MAY select either portrait or landscape orientation as the default.

Devices MUST report the correct value for the device's current orientation, whenever queried via the android.content.res.Configuration.orientation, android.view.Display.getOrientation(), or other APIs.

8.5. Touchscreen input

Device implementations:

8.6. USB

Device implementations:

8.7. Navigation keys

The Home, Menu and Back functions are essential to the Android navigation paradigm. Device implementations MUST make these functions available to the user at all times, regardless of application state. These functions SHOULD be implemented via dedicated buttons. They MAY be implemented using software, gestures, touch panel, etc., but if so they MUST be always accessible and not obscure or interfere with the available application display area.

Device implementers SHOULD also provide a dedicated search key. Device implementers MAY also provide send and end keys for phone calls.

8.8. Wireless Data Networking

Device implementations MUST include support for wireless high-speed data networking. Specifically, device implementations MUST include support for at least one wireless data standard capable of 200Kbit/sec or greater. Examples of technologies that satisfy this requirement include EDGE, HSPA, EV-DO, 802.11g, etc.

If a device implementation includes a particular modality for which the Android SDK includes an API (that is, WiFi, GSM, or CDMA), the implementation MUST support the API.

Devices MAY implement more than one form of wireless data connectivity. Devices MAY implement wired data connectivity (such as Ethernet), but MUST nonetheless include at least one form of wireless connectivity, as above.

8.9. Camera

Device implementations MUST include a camera. The included camera:

Device implementations MUST implement the following behaviors for the camera-related APIs:

  1. If an application has never called android.hardware.Camera.Parameters.setPreviewFormat(int), then the device MUST use android.hardware.PixelFormat.YCbCr_420_SP for preview data provided to application callbacks.
  2. If an application registers an android.hardware.Camera.PreviewCallback instance and the system calls the onPreviewFrame() method when the preview format is YCbCr_420_SP, the data in the byte[] passed into onPreviewFrame() must further be in the NV21 encoding format. (This is the format used natively by the 7k hardware family.) That is, NV21 MUST be the default.

Device implementations MUST implement the full Camera API included in the Android 2.1 SDK documentation [ Resources, 26 ]), regardless of whether the device includes hardware autofocus or other capabilities. For instance, cameras that lack autofocus MUST still call any registered android.hardware.Camera.AutoFocusCallback instances (even though this has no relevance to a non-autofocus camera.)

Device implementations MUST recognize and honor each parameter name defined as a constant on the android.hardware.Camera.Parameters class, if the underlying hardware supports the feature. If the device hardware does not support a feature, the API must behave as documented. Conversely, Device implementations MUST NOT honor or recognize string constants passed to the android.hardware.Camera.setParameters() method other than those documented as constants on the android.hardware.Camera.Parameters , unless the constants are prefixed with a string indicating the name of the device implementer. That is, device implementations MUST support all standard Camera parameters if the hardware allows, and MUST NOT support custom Camera parameter types unless the parameter names are clearly indicated via a string prefix to be non-standard.

8.10. Accelerometer

Device implementations MUST include a 3-axis accelerometer and MUST be able to deliver events at 50 Hz or greater. The coordinate system used by the accelerometer MUST comply with the Android sensor coordinate system as detailed in the Android APIs (see [ Resources, 27 ]).

8.11. Compass

Device implementations MUST include a 3-axis compass and MUST be able to deliver events 10 Hz or greater. The coordinate system used by the compass MUST comply with the Android sensor coordinate system as defined in the Android API (see [ Resources, 27 ]).

8.12. GPS

Device implementations MUST include a GPS, and SHOULD include some form of "assisted GPS" technique to minimize GPS lock-on time.

8.13. Telephony

Android 2.1 MAY be used on devices that do not include telephony hardware. That is, Android 2.1 is compatible with devices that are not phones. However, if a device implementation does include GSM or CDMA telephony, it MUST implement the full support for the API for that technology. Device implementations that do not include telephony hardware MUST implement the full APIs as no-ops.

See also Section 8.8, Wireless Data Networking.

8.14. Memory and Storage

Device implementations MUST have at least 92MB of memory available to the kernel and userspace. The 92MB MUST be in addition to any memory dedicated to hardware components such as radio, memory, and so on that is not under the kernel's control.

Device implementations MUST have at least 150MB of non-volatile storage available for user data. That is, the /data partition must be at least 150MB.

8.15. Application Shared Storage

Device implementations MUST offer shared storage for applications. The shared storage provided MUST be at least 2GB in size.

Device implementations MUST be configured with shared storage mounted by default, "out of the box". If the shared storage is not mounted on the Linux path /sdcard , then the device MUST include a Linux symbolic link from /sdcard to the actual mount point.

Device implementations MUST enforce as documented the android.permission.WRITE_EXTERNAL_STORAGE permission on this shared storage. Shared storage MUST otherwise be writable by any application that obtains that permission.

Device implementations MAY have hardware for user-accessible removable storage, such as a Secure Digital card. Alternatively, device implementations MAY allocate internal (non-removable) storage as shared storage for apps.

Regardless of the form of shared storage used, the shared storage MUST implement USB mass storage, as described in Section 8.6. As shipped out of the box, the shared storage MUST be mounted with the FAT filesystem.

It is illustrative to consider two common examples. If a device implementation includes an SD card slot to satisfy the shared storage requirement, a FAT-formatted SD card 2GB in size or larger MUST be included with the device as sold to users, and MUST be mounted by default. Alternatively, if a device implementation uses internal fixed storage to satisfy this requirement, that storage MUST be 2GB in size or larger and mounted on /sdcard (or /sdcard MUST be a symbolic link to the physical location if it is mounted elsewhere.)

8.16. Bluetooth

Device implementations MUST include a Bluetooth transceiver. Device implementations MUST enable the RFCOMM-based Bluetooth API as described in the SDK documentation [ Resources, 29 ]. Device implementations SHOULD implement relevant Bluetooth profiles, such as A2DP, AVRCP, OBEX, etc. as appropriate for the device.

9. Performance Compatibility

One of the goals of the Android Compatibility Program is to enable consistent application experience to consumers. Compatible implementations must ensure not only that applications simply run correctly on the device, but that they do so with reasonable performance and overall good user experience. Device implementations MUST meet the key performance metrics of an Android 2.1 compatible device defined in the table below:

Metric Performance Threshold Comments
Application Launch Time The following applications should launch within the specified time. The launch time is measured as the total time to complete loading the default activity for the application, including the time it takes to start the Linux process, load the Android package into the Dalvik VM, and call onCreate.
Simultaneous Applications When multiple applications have been launched, re-launching an already-running application after it has been launched must take less than the original launch time.

10. Security Model Compatibility

Device implementations MUST implement a security model consistent with the Android platform security model as defined in Security and Permissions reference document in the APIs [ Resources, 28 ] in the Android developer documentation. Device implementations MUST support installation of self-signed applications without requiring any additional permissions/certificates from any third parties/authorities. Specifically, compatible devices MUST support the security mechanisms described in the follow sub-sections.

10.1. Permissions

Device implementations MUST support the Android permissions model as defined in the Android developer documentation [ Resources, 28 ]. Specifically, implementations MUST enforce each permission defined as described in the SDK documentation; no permissions may be omitted, altered, or ignored. Implementations MAY add additional permissions, provided the new permission ID strings are not in the android.* namespace.

10.2. UID and Process Isolation

Device implementations MUST support the Android application sandbox model, in which each application runs as a unique Unix-style UID and in a separate process. Device implementations MUST support running multiple applications as the same Linux user ID, provided that the applications are properly signed and constructed, as defined in the Security and Permissions reference [ Resources, 28 ].

10.3. Filesystem Permissions

Device implementations MUST support the Android file access permissions model as defined in as defined in the Security and Permissions reference [ Resources, 28 ].

11. Compatibility Test Suite

Device implementations MUST pass the Android Compatibility Test Suite (CTS) [ Resources, 2 ] available from the Android Open Source Project, using the final shipping software on the device. Additionally, device implementers SHOULD use the reference implementation in the Android Open Source tree as much as possible, and MUST ensure compatibility in cases of ambiguity in CTS and for any reimplementations of parts of the reference source code.

The CTS is designed to be run on an actual device. Like any software, the CTS may itself contain bugs. The CTS will be versioned independently of this Compatibility Definition, and multiple revisions of the CTS may be released for Android 2.1. Device implementations MUST pass the latest CTS version available at the time the device software is completed.

12. Updatable Software

Device implementations MUST include a mechanism to replace the entirety of the system software. The mechanism need not perform "live" upgrades -- that is, a device restart MAY be required.

Any method can be used, provided that it can replace the entirety of the software preinstalled on the device. For instance, any of the following approaches will satisfy this requirement:

The update mechanism used MUST support updates without wiping user data. Note that the upstream Android software includes an update mechanism that satisfies this requirement.

If an error is found in a device implementation after it has been released but within its reasonable product lifetime that is determined in consultation with the Android Compatibility Team to affect the compatibility of thid-party applications, the device implementer MUST correct the error via a software update available that can be applied per the mechanism just described.

13. Contact Us

You can contact the document authors at compatibility@android.com for clarifications and to bring up any issues that you think the document does not cover.