Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

ネイティブ テスト

通常、プラットフォームのネイティブ テストは、低レベル HAL にアクセスするか、さまざまなシステム サービスに対して raw IPC を実行します。したがって、テスト方法は通常、テスト対象のサービスと密接に関連しています。

gtest フレームワークを使用してネイティブ テストを構築します。これは、継続的なテスト インフラストラクチャと統合するための前提条件です。

プラットフォーム ソースのネイティブ テストの例を次に示します。

ステップの概要

  1. ネイティブ テスト モジュールの設定例については、frameworks/base/libs/hwui/tests/unit/ をご覧ください。
  2. テスト モジュール構成で BUILD_NATIVE_TEST ビルドルールを使用して、gtest 依存関係が自動的に含まれるようにします。
  3. テスト構成を作成します。シンプルおよび複雑なオプションをご覧ください。
  4. mmm または mma でテスト モジュールをビルドします(増分ビルドかフルビルドかによって異なります)。例:

    make hwui_unit_tests -j
        
  5. Atest を使用して、テストをローカルで実行します。

    atest hwui_unit_tests
        
  6. Trade Federation テストハーネスでテストを実行します。

    make tradefed-all -j
        tradefed.sh run template/local_min --template:map test=hwui_unit_tests
        
  7. 手動でインストールして実行するには:

    1. 生成されたテストバイナリをデバイスにプッシュします。

      adb push ${OUT}/data/nativetest/hwui_unit_tests/hwui_unit_tests \
            /data/nativetest/hwui_unit_tests/hwui_unit_tests
          
    2. デバイスでテストバイナリを起動してテストを実行します。

      adb shell /data/nativetest/hwui_unit_tests/hwui_unit_tests
          

    これにより、ネイティブ テストが起動します。テストバイナリに --help パラメータを追加して、テスト実行をカスタマイズするさまざまな方法について詳しく調べることもできます。その他のパラメータと使用方法については、gtest の詳細ガイドをご覧ください。