Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

プレーヤーの作成に代わる方法

この記事では、プレーヤーの作成に代わる方法について説明します。

HwAudioSource プレーヤー

HwAudioSource はオーディオ ソース デバイスを Android ミキサーに直接接続します。

Android でデバイス間パッチまたはハードウェア オーディオ パッチを使用すると、いくつかの制限が生じる場合があります。再生、一時停止、停止などのメディア キーイベントを受信できません。また、Android のオーディオ スタックを迂回するため、Android から他のオーディオにパッチをミックスするハードウェアが必要になります。

HwAudioSource を使用する

HwAudioSource はソフトウェア パッチとして設計された新しいタイプのプレーヤーです。このプレーヤーを使用することで、アプリはメディア キーイベントを受信できるようになり、Android は出力ストリームをミックスしてルーティングできるようになります。

mHwAudioSource = new HwAudioSource.Builder()
                .setAudioDeviceInfo(AudioDeviceInfo: info)
                .setAudioAttributes(new AudioAttributes.Builder()
                        .setUsage(AudioAttributes.USAGE_MEDIA)
                        .build())
                .build();
mHwAudioSource.play();
mHwAudioSource.stop();

オーディオ HAL に関する変更

この新しいプレーヤーでは、オーディオ HAL(device/generic/car/emulator/audio/driver/audio_hw.c など)に関していくつかの要件があります。

  • adev_create_audio_patch では、リクエストによってデバイスからミキサーへのオーディオ パッチが確立されることが期待されます。これには特別なものは必要ありません。
  • Adev_open_input_stream では、audio_source が AUDIO_SOURCE_FM_TUNER であることが期待されます。
  • In_read が実際のブロードキャスト ラジオ オーディオ データでオーディオ バッファを満たすことが期待されます。

audio_policy_configuration.xmlAUDIO_DEVICE_IN_FM_TUNER タイプのチューナー デバイスを設定することをおすすめします。

<devicePort
    tagName="Tuner_source"
    type="AUDIO_DEVICE_IN_FM_TUNER"
    role="source"
    address="tuner0">
    <profile
        name=""
        format="AUDIO_FORMAT_PCM_16_BIT"
        samplingRates="48000"
        channelMasks="AUDIO_CHANNEL_IN_STEREO"/>
</devicePort>

このデバイス設定では、AudioManager.getDevices(AudioManager.GET_DEVICES_INPUTS)を AudioDeviceInfo.TYPE_FM_TUNER と組み合わせて使用することで、FM ラジオ入力デバイスを検出しやすくなります。

オーディオ パッチの作成

ミックスポートまたはデバイスポートの 2 つのオーディオ ポート間にオーディオ パッチを作成できます。通常、ミックスポートからデバイスポートへのオーディオ パッチは再生用で、逆方向はキャプチャ用です。

たとえば、FM_TUNER ソースからメディアシンクにオーディオ サンプルを直接ルーティングするオーディオ パッチは、ソフトウェア ミキサーをバイパスします。その後、ハードウェア ミキサーを使用して、Android のオーディオ サンプルとシンク用の FM_TUNER をミックスする必要があります。FM_TUNER ソースからメディアシンクにオーディオ パッチを直接作成する場合は次の点にご注意ください。

  • 音量調節はメディアシンクに適用され、Android と FM_TUNER 両方のオーディオに影響します。
  • ユーザーはシンプルなアプリの切り替え機能で Android と FM_TUNER のオーディオを切り替えることができる必要があります(明示的なメディアソースの選択は不要でなければなりません)。

Automotive の実装では、2 つのデバイスポート間にオーディオ パッチを作成する必要が生じる場合もあります。その場合はまず、audio_policy_configuration.xml でデバイスポートと可能なルートを宣言し、ミックスポートをこれらのデバイスポートに関連付けます。

構成の例

device/generic/car/emulator/audio/audio_policy_configuration.xml もご覧ください。

<audioPolicyConfiguration>
    <modules>
        <module name="primary" halVersion="3.0">
            <attachedDevices>
                <item>bus0_media_out</item>
                <item>bus1_audio_patch_test_in</item>
            </attachedDevices>
            <mixPorts>
                <mixPort name="mixport_bus0_media_out" role="source"
                        flags="AUDIO_OUTPUT_FLAG_PRIMARY">
                    <profile name="" format="AUDIO_FORMAT_PCM_16_BIT"
                            samplingRates="48000"
                            channelMasks="AUDIO_CHANNEL_OUT_STEREO"/>
                </mixPort>
                <mixPort name="mixport_audio_patch_in" role="sink">
                    <profile name="" format="AUDIO_FORMAT_PCM_16_BIT"
                           samplingRates="48000"
                           channelMasks="AUDIO_CHANNEL_IN_STEREO"/>
                </mixPort>
            </mixPorts>
            <devicePorts>
                <devicePort tagName="bus0_media_out" role="sink" type="AUDIO_DEVICE_OUT_BUS"
                        address="bus0_media_out">
                    <profile balance="" format="AUDIO_FORMAT_PCM_16_BIT"
                            samplingRates="48000" channelMasks="AUDIO_CHANNEL_OUT_STEREO"/>
                    <gains>
                        <gain name="" mode="AUDIO_GAIN_MODE_JOINT"
                                minValueMB="-8400" maxValueMB="4000" defaultValueMB="0" stepValueMB="100"/>
                    </gains>
                </devicePort>
                <devicePort tagName="bus1_audio_patch_test_in" type="AUDIO_DEVICE_IN_BUS" role="source"
                        address="bus1_audio_patch_test_in">
                    <profile name="" format="AUDIO_FORMAT_PCM_16_BIT"
                            samplingRates="48000" channelMasks="AUDIO_CHANNEL_IN_STEREO"/>
                    <gains>
                        <gain name="" mode="AUDIO_GAIN_MODE_JOINT"
                                minValueMB="-8400" maxValueMB="4000" defaultValueMB="0" stepValueMB="100"/>
                    </gains>
                </devicePort>
            </devicePorts>
            <routes>
                <route type="mix" sink="bus0_media_out" sources="mixport_bus0_media_out,bus1_audio_patch_test_in"/>
                <route type="mix" sink="mixport_audio_patch_in" sources="bus1_audio_patch_test_in"/>
            </routes>
        </module>
    </modules>
</audioPolicyConfiguration>

オーディオ ドライバ用 API

getExternalSources() を使用して使用可能なソースのリスト(アドレスで識別)を取得すると、オーディオの用途ごとにこうしたソースとシンクポートの間にオーディオ パッチを作成できます。Audio HAL の対応するエントリ ポイントは IDevice.hal に表示されます。

Interface IDevice {
...
/
* Creates an audio patch between several source and sink ports.  The handle
* is allocated by the HAL and must be unique for this audio HAL module.
*
* @param sources patch sources.
* @param sinks patch sinks.
* @return retval operation completion status.
* @return patch created patch handle.
*/
createAudioPatch(vec<AudioPortConfig> sources, vec<AudioPortConfig> sinks)
       generates (Result retval, AudioPatchHandle patch);

* Release an audio patch.
*
* @param patch patch handle.
* @return retval operation completion status.
*/
releaseAudioPatch(AudioPatchHandle patch) generates (Result retval);
...
}

注: これらの API フックは、AUDIO_DEVICE_API_VERSION_3_0 以降で利用可能です。詳細については、device/generic/car/emulator/audio/driver/audio_hw.c をご覧ください。