Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

自動車ディスプレイ プロキシ サービス

この新しいシンプルなフレームワーク サービスは、libgui をリンクせずに、ベンダー プロセスが HAL 実装で SurfaceFlinger / EGL を使用できるようにします。AOSP はこのサービスをデフォルトで実装しており、完全に機能します。ただし、ベンダーが自社のプラットフォームでこのサービスを提供するには、API も実装する必要があります。

package android.frameworks.automotive.display@1.0;

import android.hardware.graphics.bufferqueue@2.0::IGraphicBufferProducer;

interface IAutomotiveDisplayProxyService {
    /**
     * Gets an IGraphicBufferProducer instance from the service.
     *
     * @param  id   Target's stable display identifier
     *
     * @return igbp Returns an IGraphicBufferProducer object, that can be
     *              converted to an ANativeWindow object.
     */
    getIGraphicBufferProducer(uint64_t id) generates (IGraphicBufferProducer igbp);

    /**
     * Sets the ANativeWindow, which is associated with the
     * IGraphicBufferProducer, to be visible and to take over the display.
     *
     * @param  id      Target display ID
     *
     * @return success Returns true on success.
     */
    showWindow(uint64_t id) generates (bool success);

    /**
     * Sets the ANativeWindow, which is associated with the
     * IGraphicBufferProducer, to be invisible and to release the control
     * over display.
     *
     * @param  id      Target display ID
     *
     * @return success Returns true on success.
     */
    hideWindow(uint64_t id) generates (bool success);

    /**
     * Returns the stable identifiers of all available displays.
     *
     * @return ids A list of stable display identifiers.
     */
    getDisplayIdList() generates (vec<uint64_t> ids);

    /**
     * Returns the descriptor of the target display.
     *
     * @param  id    Stable ID of a target display.
     * @return cfg   DisplayConfig of the active display.
     * @return state Current state of the active display.
     */
    getDisplayInfo(uint64_t id) generates (HwDisplayConfig cfg, HwDisplayState state);
}

このサービスを使用する手順は次のとおりです。

  1. IAutomotiveDisplayProxyService を入手します。
    android::sp<IAutomotiveDisplayProxyService> windowProxyService =
        IAutomotiveDisplayProxyService::getService("default");
    if (windowProxyService == nullptr) {
        LOG(ERROR) << "Cannot use AutomotiveDisplayProxyService. Exiting.";
        return 1;
    }
    
  2. 解像度を決定するために、サービスからアクティブなディスプレイ情報を取得します。
    // We will use the first display in the list as the primary.
    pWindowProxy->getDisplayInfo(displayId, [this](auto dpyConfig, auto dpyState) {
        DisplayConfig *pConfig = (DisplayConfig*)dpyConfig.data();
        mWidth = pConfig->resolution.getWidth();
        mHeight = pConfig->resolution.getHeight();
    
        ui::DisplayState* pState = (ui::DisplayState*)dpyState.data();
        if (pState->orientation != ui::ROTATION_0 &&
            pState->orientation != ui::ROTATION_180) {
            // rotate
            std::swap(mWidth, mHeight);
        }
    
        LOG(DEBUG) << "Display resolution is " << mWidth << " x " << mHeight;
    });
    
  3. IAutomotiveDisplayProxyService からハードウェア IGraphicBufferProducer、または HIDL GraphicBufferProducer(HGBP)を取得します。
    mGfxBufferProducer = pWindowProxy->getIGraphicBufferProducer(displayId);
    if (mGfxBufferProducer == nullptr) {
        LOG(ERROR) << "Failed to get IGraphicBufferProducer from "
                   << "IAutomotiveDisplayProxyService.";
        return false;
    }
    
  4. API libbufferqueueconverter を使用して、取得した HGBP から SurfaceHolder を取得します。
    mSurfaceHolder = getSurfaceFromHGBP(mGfxBufferProducer);
    if (mSurfaceHolder == nullptr) {
        LOG(ERROR) << "Failed to get a Surface from HGBP.";
        return false;
    }
    
  5. API libbufferqueueconverter を使用して、SurfaceHolder をネイティブ ウィンドウに変換します。
    mWindow = getNativeWindow(mSurfaceHolder.get());
    if (mWindow == nullptr) {
        LOG(ERROR) << "Failed to get a native window from Surface.";
        return false;
    }
    
  6. ネイティブ ウィンドウで EGL ウィンドウ サーフェスを作成し、レンダリングします。
    // Set up our OpenGL ES context associated with the default display
    mDisplay = eglGetDisplay(EGL_DEFAULT_DISPLAY);
    if (mDisplay == EGL_NO_DISPLAY) {
        LOG(ERROR) << "Failed to get egl display";
        return false;
    }
    ...
    
    // Create the EGL render target surface
    mSurface = eglCreateWindowSurface(mDisplay, egl_config, mWindow, nullptr);
    if (mSurface == EGL_NO_SURFACE) {
        LOG(ERROR) << "eglCreateWindowSurface failed.";
        return false;
    }
    ...
    
  7. IAutomotiveDisplayProxyService::showWindow() を呼び出して、画面にレンダリングされたビューを表示します。このサービスは、優先度が最も高く、常に現在のオーナーから画面を制御します。
    mAutomotiveDisplayProxyService->showWindow();
    

実装の詳細については、$ANDROID_BUILD_TOP/packages/services/Car/evs/sampleDriver/service.cppGlWrapper.cpp をご覧ください。

EVS HAL の実装には、以下の太字で示されている追加ライブラリが必要です。

cc_binary {
    name: "android.hardware.automotive.evs@1.1-sample",

    vendor: true,

    srcs: [
        ...
    ],

    shared_libs: [
        ...
        "libbufferqueueconverter",
        "android.hidl.token@1.0-utils",
        "android.frameworks.automotive.display@1.0",
        "android.hardware.graphics.bufferqueue@1.0",
        "android.hardware.graphics.bufferqueue@2.0",
    ],

マルチディスプレイのサポート

ディスプレイ デバイスの列挙とディスプレイ情報の取得

カメラデバイスの列挙と同様に、EVS フレームワークには、使用可能なディスプレイを列挙するメソッドが用意されています。静的ディスプレイ ID は long 型の ID、下位バイトのディスプレイ ポート情報、上位ビットの Extended Display IDentification Data をエンコードします。IAutomotiveDisplayProxyService::getDisplayIdList() は、EVS サービスで利用可能な物理ローカル ディスプレイの表示 ID のリストを返し、IEvsEnumerator::getDisplayIdList() は、検出されたディスプレイが接続されているディスプレイ ポートのリストを返します。リスト内の最初の ID は、常にプライマリ ディスプレイの ID です。

interface IEvsEnumerator extends @1.0::IEvsEnumerator {
    ...
    /**
     * Returns a list of all EVS displays available to the system
     *
     * @return displayIds Identifiers of available displays.
     */
    getDisplayIdList() generates (vec<uint8_t> displayIds);
};

ターゲット ディスプレイ デバイスを開く

EVS アプリケーションは、ターゲット ディスプレイ ポート番号を指定して IEvsEnumerator::openDisplay_1_1() を呼び出します。

android::sp<IEvsDisplay> pDisplay = pEvs->openDisplay_1_1(displayId);
if (pDisplay.get() == nullptr) {
    LOG(ERROR) << "EVS Display unavailable. Exiting.";
    return 1;
}

注: 一度に使用できるディスプレイは 1 つのみです。すなわち、別の EVS クライアントがディスプレイを開くようリクエストした場合、それらのディスプレイが異なるディスプレイであったとしても、現在の EVS クライアントはディスプレイを失います。