Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

フレーム メタデータ

フレーム メタデータは、Android 11 で BufferDesc データ構造体のメンバーとして導入されました。この新しいフィールドは、顧客定義のデータ形式に対応する vec<uint8_t> として宣言され、EVS Manager からは不透明です。

struct BufferDesc {
    /**
     * HIDL counterpart of AHardwareBuffer_Desc. Please see
     * hardware/interfaces/graphics/common/1.2/types.hal for more details.
     */
    HardwareBuffer buffer;
    ...

    /**
     * Time that this buffer is being filled.
     */
    int64_t timestamp;

    /**
     * Frame metadata field. This is opaque to EVS manager.
     */
    vec<uint8_t> metadata;
};

HIDL vec<T> は、別のバッファに格納されたデータによって動的にサイズ変更される配列を表します。このようなインスタンスは、構造体vec<T> インスタンスで表されます。つまり、EVS Camera HAL ドライバの実装はこのメタデータを所有し、メタデータを適切にクリーンアップする必要があります。メタデータには次の 2 つの入力方法があります。

  • コンテナのサイズを変更し、operator[] を使用してデータを入力する
        struct BufferDesc desc = {};
        ...
        desc.metadata.resize(10);
        for (auto i = 0; i < 10; ++i) {
            desc.metadata[i] = frameInfo[i];
        }
        ...
        
  • setToExternal() を使用して、vec<T> がカスタムデータ構造を指すようにする
    struct BufferDesc desc = {};
    struct FrameMetadata metadata = {
       ...
    }; // this is in vendor-defined format.
    
    desc.metadata.setToExternal(&metadata, sizeof(metadata)); ...