Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

接続ユーザーインターフェイス

Android 12以降では、デバイスメーカーは、ユーザーがネットワーク接続をよりよく理解し、インターネットプロバイダーを切り替え、ネットワーク接続の問題をトラブルシューティングするのに役立つ、簡素化された接続エクスペリエンスをオプションで採用できます。 Android 11以下と比較したユーザーエクスペリエンスのこれらの変更は、ユーザーインターフェース、図像、およびクイック設定と設定のAPIの変更に反映されます。これらの変更はすべてAOSPで利用可能であり、デバイスメーカーはそのまま有効にするか、カスタマイズすることができます。

簡略化された接続エクスペリエンスの概要

このセクションでは、Android12以降のAOSPでの簡略化された接続エクスペリエンスの主なユーザーインターフェイスの変更について説明します。

クイック設定のインターネットタイル

クイック設定メニューには、ユーザーがWi-Fi接続とセルラー接続を切り替えることができるインターネットパネルを開くインターネットタイルが含まれています。インターネットタイルは、Android11以下で使用されているWi-Fiタイルとモバイルデータタイルを組み合わせたものです。

クイック設定メニューのインターネットタイル

図1.クイック設定のインターネットタイル

[設定]の[通話とSMS]セクション

設定アプリには、[ネットワークとインターネット]の下に[通話とSMS ]セクションがあり、空き状況とWi-Fi通話オプションが表示されます。

[設定]の[通話とSMS]セクション

図2. [設定]の[通話とSMS]セクション

設定のリセットボタン

設定アプリの[ネットワークとインターネット]>[インターネット]には、ユーザーがデバイスのテレフォニーとWi-Fiモデムをリセットできるリセットボタンが含まれています。これは、ネットワーク接続の問題のトラブルシューティングに役立つ場合があります。

接続の問題をトラブルシューティングするには、[設定]の[リセット]ボタン

図3.接続の問題をトラブルシューティングするためのリセットボタン

実装

デバイスで簡略化された接続エクスペリエンスを有効にするには、次のグローバル設定フラグを使用します。

  • 名前: persist.sys.fflag.override.settings_provider_model
  • タイプ:ブール
  • 値:接続の簡略化動作を有効にするにはtrueに設定し、無効にして従来の動作を使用するにはfalseに設定します。 Android 12以降、 falseのコードパスはアクティブに維持されなくなりました。

さらに、キャリア構成を使用して、個々のキャリアのユーザーインターフェイスの次のモードを構成できます。構成キーは次のとおりです。

  • CarrierConfigManager#KEY_CARRIER_PROVISIONS_WIFI_MERGED_NETWORKS_BOOL :キャリアがコアネットワークの一部であり、セルラーネットワークの一部として表示されるWi-Fiネットワークを構成するかどうかを示すブール値。これは、 WifiNetworkSuggestion.Builder#setCarrierMerged(booleanisCarrierMerged)メソッドと連携して機能します。
  • CarrierConfigManager#KEY_USE_IP_FOR_CALLING_INDICATOR_BOOL :データネットワーク(IP)接続が、呼び出しなしアイコンの表示をゲートするための補足条件として使用されているかどうかを示すブール値。
  • CarrierConfigManager#KEY_DISPLAY_CALL_STRENGTH_INDICATOR_BOOLコール強度アイコンがシステムUIに表示されているかどうかを示すブール値。

フレームワークAPI

近くのWi-Fiネットワークを一時的に無効にするには、次のAPIを使用します。

  • WifiManager#startRestrictingAutoJoinToSubscriptionId(int subscriptionId) :ユーザーがWi-Fiを無効にせずにキャリアネットワークを選択できるようにします。現在表示されているすべてのWi-Fiネットワークを最小30分( config_wifiAllNonCarrierMergedWifiMinDisableDurationMinutesオーバーレイで制御)、最大6時間( config_wifiAllNonCarrierMergedWifiMaxDisableDurationMinutesオーバーレイで制御)無効にします。 Wi-Fiが切り替えられるか、デバイスが再起動されるか、ユーザーがWi-Fiネットワークを選択した場合(この場合、 stopRestrictingAutoJoinToSubscriptionId() APIは設定によって実行されます)、またはネットワークが表示されない場合は、Wi-Fiネットワークが再度有効になります。 60分間。
  • WifiManager#stopRestrictingAutoJoinToSubscriptionId() :通常の操作を復元します。

com.android.settingslib.connectivity.ConnectivitySubsystemsRecoveryManagerクラスに実装されているリセットボタンとトラブルシューティングユーザーインターフェイスをサポートするには、次のAPIを使用します。

  • WifiManager#restartWifiSubsystem(String reason) :Wi-Fiサブシステムを再起動します。
  • TelephonyManager#rebootRadio() :無線モデムをリセットします。

複数のキャリアとの連携

特定の携帯通信会社に簡略化された接続エクスペリエンスを採用し、他の携帯通信会社には採用しない場合は、ユーザーが2つのSIMを使用するシナリオに注意してください。一方はUIの変更を選択したキャリアパートナーからのもので、もう一方は選択していません。このシナリオでは、ユーザーに表示するUIを決定し、デバイスでの動作を徹底的にテストしてください。