Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

タイムソースの優先順位

Androidフレームワークは、時刻の同期にさまざまなタイムソースを使用します。このページでは、ネットワークタイムプロトコル(NTP)とネットワークIDおよびタイムゾーン(NITZ)の自動タイムソースに焦点を当てています。 Android 12以降のデフォルトでは、NTPはNITZよりも正確で信頼性が高いため、フレームワークはNITZよりもタイムソースとしてNTPを優先します。 NTPが利用できない状況では、フレームワークはNITZにフォールバックします。これは、以前のバージョンのプラットフォームからのデフォルトの優先度の逆転です。 Android 11以下のデフォルトでは、フレームワークはNTPよりもNITZを優先します。

この変更の詳細については、次のAOSPパッチを参照してください:1563678、1513323

タイムソースの優先順位の構成

特定のAndroidバージョンでデフォルトで優先されるタイムソースを構成するには、ビルド時にframeworks/base/core/res/res/values/config.xml /config.xmlでconfig_autoTimeSourcesPriorityキーを構成します。リストの上位にあるタイムソースからの時間提案は、リストの下位にあるソースよりも優先されます。

構成可能なAndroidタイムソースは、 TimeDetectorStrategy.javaにあります。次のソースは、デフォルトで使用するように構成されています。

  • テレフォニー(NITZ)
  • ネットワーク(NTP)

テスト

NTPが利用できない場合(モバイルデータとWi-Fiが無効になっている場合)にデバイスがNITZを使用することを確認するには、次の手順を実行します。

  1. DUTに動作するSIMがあることを確認します
  2. モバイルデータとWi-Fiをオフにする
  3. デバイスを機内モードにして、セル無線がオフになっていることを確認します
  4. 自動時刻検出をオフにする
  5. 将来、時計を手動で誤った時刻値に設定する
  6. デバイスを再起動します
  7. 自動時刻検出をオンにする
  8. デバイスを機内モードから解除します

これらのステップは、NITZ信号が受信されるとすぐにシステムクロックの変更をトリガーします。デバイス時間がどのように設定されているかを確認するには、次のコマンドを実行します。

adb shell dumpsys time_detector

システムクロックがNITZを使用していることを確認するには、コマンド出力で次のことを確認します。

  • mEnvironment.isAutoTimeDetectionEnabled()trueです。
  • mEnvironment.autoOriginPriorities()には、リストの上位にあるソースがリストの下位にあるソースよりも優先されるタイムソースのリストが含まれています。
  • Time change logセクションは、システムクロックがテレフォニー提案を使用して設定されていることを示しています。
  • Telephony suggestion historyセクションには、時間提案が含まれています。
  • Network suggestion historyセクションは空です。

Telephony suggestion historyおよびNetwork suggestion historyセクションの時間提案は、時間の信頼できる情報源と見なされます。デバイスがインターネットに接続されていてSIMカードを持っている場合、提案はNTP(ネットワーク)とNITZ(テレフォニー)の両方を使用して生成されます。このテストケースでは、NTPが無効になっているため、 Telephony suggestion historyセクションにのみ提案が含まれています。

Time change logセクションには、デバイスのシステムクロックに加えられた変更と使用された提案が記録されます。システムクロックは、 config_autoTimeSourcesPriorityキーの優先度リストにあるタイムソースの順序に基づいて設定されます。ただし、提案が古すぎるか無効である場合、優先度の高いソースからの提案は無視される可能性があります。また、最も優先度の高い有効な提案がデバイスの現在のシステム時刻と数秒以内に一致する場合、時刻は変更されません。このテストケースでは、提案が古くなっていない限り、システムクロックは、 Telephony suggestion historyからの提案の1つを使用して設定されます。

以下は、NTPが使用できないときにデバイスがNITZの使用にフォールバックする出力の例です。

TimeDetectorStrategy:
  mLastAutoSystemClockTimeSet=TimestampedValue{mReferenceTimeMillis=66240, mValue=1614186761000}
  mEnvironment.isAutoTimeDetectionEnabled()=true
  mEnvironment.elapsedRealtimeMillis()=73059
  mEnvironment.systemClockMillis()=1614186767818
  mEnvironment.systemClockUpdateThresholdMillis()=2000
  mEnvironment.autoTimeLowerBound()=2021-02-24T15:44:15Z(1614181455000)
  mEnvironment.autoOriginPriorities()=[network,telephony]
  Time change log:
    66261 / 2021-02-24T17:12:41.020Z - Set system clock using time=TimestampedValue{mReferenceTimeMillis=66240, mValue=1614186761000} cause=Found good telephony suggestion., bestTelephonySuggestion=TelephonyTimeSuggestion{mSlotIndex='0', mUtcTime=TimestampedValue{mReferenceTimeMillis=66240, mValue=1614186761000}, mDebugInfo=[Sending new time suggestion nitzSignal=TimestampedValue{mReferenceTimeMillis=66240, mValue=NitzData{mOriginalString=21/02/24,17:12:41+00,00, mZoneOffset=0, mDstOffset=0, mCurrentTimeMillis=1614186761000, mEmulatorHostTimeZone=null}}, reason=handleNitzReceived(TimestampedValue{mReferenceTimeMillis=66240, mValue=NitzData{mOriginalString=21/02/24,17:12:41+00,00, mZoneOffset=0, mDstOffset=0, mCurrentTimeMillis=1614186761000, mEmulatorHostTimeZone=null}})]}, detectionReason=New telephony time suggested. timeSuggestion=TelephonyTimeSuggestion{mSlotIndex='0', mUtcTime=TimestampedValue{mReferenceTimeMillis=66240, mValue=1614186761000}, mDebugInfo=[Sending new time suggestion nitzSignal=TimestampedValue{mReferenceTimeMillis=66240, mValue=NitzData{mOriginalString=21/02/24,17:12:41+00,00, mZoneOffset=0, mDstOffset=0, mCurrentTimeMillis=1614186761000, mEmulatorHostTimeZone=null}}, reason=handleNitzReceived(TimestampedValue{mReferenceTimeMillis=66240, mValue=NitzData{mOriginalString=21/02/24,17:12:41+00,00, mZoneOffset=0, mDstOffset=0, mCurrentTimeMillis=1614186761000, mEmulatorHostTimeZone=null}})]} elapsedRealtimeMillis=66259 newSystemClockMillis=1614186761019
  Telephony suggestion history:
    key idx: 0=0
    val idx: 0=TelephonyTimeSuggestion{mSlotIndex='0', mUtcTime=TimestampedValue{mReferenceTimeMillis=66240, mValue=1614186761000}, mDebugInfo=[Sending new time suggestion nitzSignal=TimestampedValue{mReferenceTimeMillis=66240, mValue=NitzData{mOriginalString=21/02/24,17:12:41+00,00, mZoneOffset=0, mDstOffset=0, mCurrentTimeMillis=1614186761000, mEmulatorHostTimeZone=null}}, reason=handleNitzReceived(TimestampedValue{mReferenceTimeMillis=66240, mValue=NitzData{mOriginalString=21/02/24,17:12:41+00,00, mZoneOffset=0, mDstOffset=0, mCurrentTimeMillis=1614186761000, mEmulatorHostTimeZone=null}})]}
      Historic values=[
        0@PT1M6.258S: TelephonyTimeSuggestion{mSlotIndex='0', mUtcTime=TimestampedValue{mReferenceTimeMillis=66240, mValue=1614186761000}, mDebugInfo=[Sending new time suggestion nitzSignal=TimestampedValue{mReferenceTimeMillis=66240, mValue=NitzData{mOriginalString=21/02/24,17:12:41+00,00, mZoneOffset=0, mDstOffset=0, mCurrentTimeMillis=1614186761000, mEmulatorHostTimeZone=null}}, reason=handleNitzReceived(TimestampedValue{mReferenceTimeMillis=66240, mValue=NitzData{mOriginalString=21/02/24,17:12:41+00,00, mZoneOffset=0, mDstOffset=0, mCurrentTimeMillis=1614186761000, mEmulatorHostTimeZone=null}})]}
      ]
  Network suggestion history:
    {Empty}
  Gnss suggestion history:
    {Empty}
  External suggestion history:
    {Empty}

テストシナリオの出力との比較として参照するために、以下は、デバイスがNTPとNITZの両方のタイムソースから時間の提案を受信する典型的な出力の例です。

TimeDetectorStrategy:
  mLastAutoSystemClockTimeSet=TimestampedValue{mReferenceTimeMillis=66240, mValue=1614186761000}
  mEnvironment.isAutoTimeDetectionEnabled()=true
  mEnvironment.elapsedRealtimeMillis()=302926
  mEnvironment.systemClockMillis()=1614186997685
  mEnvironment.systemClockUpdateThresholdMillis()=2000
  mEnvironment.autoTimeLowerBound()=2021-02-24T15:44:15Z(1614181455000)
  mEnvironment.autoOriginPriorities()=[network,telephony]
  Time change log:
    66261 / 2021-02-24T17:12:41.020Z - Set system clock using time=TimestampedValue{mReferenceTimeMillis=66240, mValue=1614186761000} cause=Found good telephony suggestion., bestTelephonySuggestion=TelephonyTimeSuggestion{mSlotIndex='0', mUtcTime=TimestampedValue{mReferenceTimeMillis=66240, mValue=1614186761000}, mDebugInfo=[Sending new time suggestion nitzSignal=TimestampedValue{mReferenceTimeMillis=66240, mValue=NitzData{mOriginalString=21/02/24,17:12:41+00,00, mZoneOffset=0, mDstOffset=0, mCurrentTimeMillis=1614186761000, mEmulatorHostTimeZone=null}}, reason=handleNitzReceived(TimestampedValue{mReferenceTimeMillis=66240, mValue=NitzData{mOriginalString=21/02/24,17:12:41+00,00, mZoneOffset=0, mDstOffset=0, mCurrentTimeMillis=1614186761000, mEmulatorHostTimeZone=null}})]}, detectionReason=New telephony time suggested. timeSuggestion=TelephonyTimeSuggestion{mSlotIndex='0', mUtcTime=TimestampedValue{mReferenceTimeMillis=66240, mValue=1614186761000}, mDebugInfo=[Sending new time suggestion nitzSignal=TimestampedValue{mReferenceTimeMillis=66240, mValue=NitzData{mOriginalString=21/02/24,17:12:41+00,00, mZoneOffset=0, mDstOffset=0, mCurrentTimeMillis=1614186761000, mEmulatorHostTimeZone=null}}, reason=handleNitzReceived(TimestampedValue{mReferenceTimeMillis=66240, mValue=NitzData{mOriginalString=21/02/24,17:12:41+00,00, mZoneOffset=0, mDstOffset=0, mCurrentTimeMillis=1614186761000, mEmulatorHostTimeZone=null}})]} elapsedRealtimeMillis=66259 newSystemClockMillis=1614186761019
  Telephony suggestion history:
    key idx: 0=0
    val idx: 0=TelephonyTimeSuggestion{mSlotIndex='0', mUtcTime=TimestampedValue{mReferenceTimeMillis=66240, mValue=1614186761000}, mDebugInfo=[Sending new time suggestion nitzSignal=TimestampedValue{mReferenceTimeMillis=66240, mValue=NitzData{mOriginalString=21/02/24,17:12:41+00,00, mZoneOffset=0, mDstOffset=0, mCurrentTimeMillis=1614186761000, mEmulatorHostTimeZone=null}}, reason=handleNitzReceived(TimestampedValue{mReferenceTimeMillis=66240, mValue=NitzData{mOriginalString=21/02/24,17:12:41+00,00, mZoneOffset=0, mDstOffset=0, mCurrentTimeMillis=1614186761000, mEmulatorHostTimeZone=null}})]}
      Historic values=[
        0@PT1M6.258S: TelephonyTimeSuggestion{mSlotIndex='0', mUtcTime=TimestampedValue{mReferenceTimeMillis=66240, mValue=1614186761000}, mDebugInfo=[Sending new time suggestion nitzSignal=TimestampedValue{mReferenceTimeMillis=66240, mValue=NitzData{mOriginalString=21/02/24,17:12:41+00,00, mZoneOffset=0, mDstOffset=0, mCurrentTimeMillis=1614186761000, mEmulatorHostTimeZone=null}}, reason=handleNitzReceived(TimestampedValue{mReferenceTimeMillis=66240, mValue=NitzData{mOriginalString=21/02/24,17:12:41+00,00, mZoneOffset=0, mDstOffset=0, mCurrentTimeMillis=1614186761000, mEmulatorHostTimeZone=null}})]}
      ]
  Network suggestion history:
    0@PT4M4.04S: NetworkTimeSuggestion{mUtcTime=TimestampedValue{mReferenceTimeMillis=244038, mValue=1614186939242}, mDebugInfo=[Origin: NetworkTimeUpdateService. event=3]}
  Gnss suggestion history:
    {Empty}
  External suggestion history:
    {Empty}