コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

TestDeviceOptions

public class TestDeviceOptions
extends Object

java.lang.Object
com.android.tradefed.device.TestDeviceOptions


ITestDevice Optionのコンテナ

概要

ネストされたクラス

enum TestDeviceOptions.InstanceType

定数

int DEFAULT_ADB_PORT

田畑

public static final String INSTANCE_TYPE_OPTION

public static final String REMOTE_TF_VERSION_OPTION

パブリック コンストラクター

TestDeviceOptions ()

公開メソッド

void addGceDriverParams (String param)

パラメータを gce ドライバ パラメータに追加します。

boolean allowGceCmdTimeoutOverride ()

存在する場合、acloud からの boot-timeout 引数に依存する必要があるかどうかを返します。

long getAdbCommandTimeout ()
int getAdbRecoveryTimeout ()
long getAvailableTimeout ()
File getAvdConfigFile ()

Gce Avd 構成ファイルを返し、インスタンスを開始します。

File getAvdDriverBinary ()

バイナリへのパスを返し、Gce Avd インスタンスを開始します。

String getBaseImage ()

現在のインスタンスに使用される基本イメージ名を返します

long getBugreportzTimeout ()

bugreportz キャプチャに適用されるタイムアウト値を返します。

String getConnCheckUrl ()
static String getCreateCommandByInstanceType ( TestDeviceOptions.InstanceType type)
String getCrosPassword ()

Chrome OS にログインするためのパスワードを返します。

String getCrosUser ()

ログインする Chrome OS ユーザーを返します。

Integer getCutoffBattery ()
MultiMap <File, String> getExtraFiles ()

クラウドの作成中に GCE にアップロードする必要がある追加のファイルを返します。

getExtraOxygenArgs ()

Oxygen デバイスをリースするための追加の引数を返します。

static getExtraParamsByInstanceType ( TestDeviceOptions.InstanceType type, String baseImage)
File getFastbootBinary ()

使用する指定された fastboot バイナリを返します。

int getFastbootTimeout ()
String getGceAccount ()

ドライバーで使用する gce メール アカウントを返す

long getGceCmdTimeout ()

インスタンスがオンラインになるための Gce Avd タイムアウトを返します。

String getGceDriverBuildIdParam ()

ビルド情報からビルド ID とペアにする必要がある GCE ドライバー パラメーターを返します。

MultiMap <String, File> getGceDriverFileParams ()

オプションを介して提供される GCE ドライバー パラメーターとして、追加のファイル パスを返します。

Log.LogLevel getGceDriverLogLevel ()

Gce Avd ドライバーのログ レベルを返します。

getGceDriverParams ()

オプションを介して提供される追加の GCE ドライバー パラメーターを返します

int getGceMaxAttempt ()

gce デバイスの起動の最大試行回数を返します

TestDeviceOptions.InstanceType getInstanceType ()

作成する必要がある仮想デバイスのインスタンス タイプを返します

String getInstanceUser ()

作成する GCE 仮想デバイスのインスタンス ユーザーを返します

getInvocationAttributeToMetadata ()

続行する前に GCE の破棄の完了をブロックする必要がある場合は true を返します。

String getLogcatOptions ()
long getMaxLogcatDataSize ()

保持する tmp logcat データのおおよその最大サイズをバイト単位で取得します。

long getMaxWifiConnectTime ()
long getOnlineTimeout ()
String getOxygenAccountingUser ()

Oxygen デバイスのアカウンティング ユーザーを返します。

com.android.tradefed.device.TestDeviceOptions.DeviceSize getOxygenDeviceSize ()

戻り値 Oxygen 仮想デバイスが実行されるホストのサイズ。

long getOxygenLeaseLength ()

Oxygen デバイスのリースの長さをミリ秒単位で返します。

String getOxygenServiceAddress ()

Oxygen デバイスのサービス アドレスを返します。

String getOxygenTargetRegion ()

Oxygen デバイスのターゲット領域を返します。

getPostBootCommands ()
int getRebootTimeout ()
int getRemoteAdbPort ()

adb サーバーがリッスンするインスタンスのリモート ポートを返します

getRemoteFetchFilePattern ()

scp 経由で取得を試みるパターンのリストを返します。

File getRemoteTf ()

リモートにプッシュされる Tradefed バージョンのディレクトリを指すファイル。

File getServiceAccountJsonKeyFile ()
File getSshPrivateKeyPath ()

Gce Avd インスタンスでの操作に使用する ssh キーのパスを返します。

int getUnencryptRebootTimeout ()
boolean getUseFastbootErase ()
int getWifiAttempts ()
int getWifiRetryWaitTime ()
String getWifiUtilAPKPath ()
boolean isDisableKeyguard ()

起動が完了したら、キーガードを無効にする必要があるかどうかを確認します

boolean isEnableAdbRoot ()

このデバイスの起動時に adb root を有効にする必要があるかどうかを確認します

boolean isLogcatCaptureEnabled ()
boolean isWifiExpoRetryEnabled ()
void setAdbCommandTimeout (long adbCommandTimeout)
void setAdbRecoveryTimeout (int adbRecoveryTimeout)
void setAvdConfigFile (File avdConfigFile)

Gce Avd 構成ファイルを設定して、インスタンスを開始します。

void setAvdDriverBinary (File avdDriverBinary)

バイナリへのパスを設定して、Gce Avd インスタンスを開始します。

void setConnCheckUrl (String url)
void setCutoffBattery (int cutoffBattery)

呼び出しを続行するための最小バッテリーレベルを設定します。

void setDisableKeyguard (boolean disableKeyguard)

起動が完了したら、キーガードを無効にするかどうかを設定します

void setExtraFiles ( MultiMap <File, String> extraFiles)

クラウドの作成中に GCE にアップロードする必要がある追加のファイルを設定します。

void setFastbootTimeout (int fastbootTimeout)
void setGceCmdTimeout (long gceCmdTimeout)

インスタンスがオンラインになるように Gce Avd タイムアウトを設定します。

void setGceDriverBuildIdParam (String gceDriverBuildIdParam)

ビルド情報からのビルド ID とペアにする必要がある GCE ドライバー パラメーターを設定します。

void setGceDriverLogLevel (Log.LogLevel mGceDriverLogLevel)

Gce Avd ドライバーのログ レベルを設定します。

void setGceMaxAttempt (int gceMaxAttempt)

gce デバイスの起動の最大試行回数を設定する

void setInstanceUser (String instanceUser)

作成するGCE仮想デバイスのインスタンスユーザーを設定します。

void setLogcatOptions (String logcatOptions)

logcat に渡されるオプションを設定します

void setMaxLogcatDataSize (long maxLogcatDataSize)

保持する tmp logcat のおおよその最大サイズをバイト単位で設定します

void setOnlineTimeout (long onlineTimeout)
void setRebootTimeout (int rebootTimeout)
void setRemoteAdbPort (int remoteAdbPort)

adbサーバーがリッスンするインスタンスにリモートポートを設定します

void setServiceAccountJsonKeyFile (File jsonKeyFile)

サービス アカウントの json キー ファイルを設定します。

void setSkipTearDown (boolean shouldSkipTearDown)

GCE ティアダウンをスキップする必要がある場合は true を返します。

void setSshPrivateKeyPath (File sshPrivateKeyPath)

Gce Avd インスタンスでの操作に使用する ssh キーのパスを設定します。

void setUnencryptRebootTimeout (int unencryptRebootTimeout)
void setUseFastbootErase (boolean useFastbootErase)
void setWifiAttempts (int wifiAttempts)
boolean shouldDisableReboot ()
boolean shouldSkipTearDown ()

GCE ティアダウンをスキップする必要がある場合は true を返します。

boolean shouldUseContentProvider ()

ファイルのプッシュ/プルに Tradefed コンテンツ プロバイダーを使用できるかどうかを返します。

boolean useExitStatusWorkaround ()

シェル v2 を使用しない古いデバイスで、回避策を使用してシェルの終了ステータスを取得するかどうかを返します。

boolean useOxygen ()

Oxygen を使用して仮想デバイスを作成する場合は true を返します。

boolean useOxygenProxy ()

TradeFed が Oxygen を直接呼び出してデバイスをリースする場合は true を返します。

boolean useUpdatedBootloaderStatus ()

新しいブートローダー状態ステータスを使用するかどうかを返します。

boolean waitForGceTearDown ()

続行する前に GCE の破棄の完了をブロックする必要がある場合は true を返します。

定数

DEFAULT_ADB_PORT

public static final int DEFAULT_ADB_PORT

定数値: 5555 (0x000015b3)

田畑

INSTANCE_TYPE_OPTION

public static final String INSTANCE_TYPE_OPTION

REMOTE_TF_VERSION_OPTION

public static final String REMOTE_TF_VERSION_OPTION

パブリック コンストラクター

TestDeviceOptions

public TestDeviceOptions ()

公開メソッド

addGceDriverParams

public void addGceDriverParams (String param)

パラメータを gce ドライバ パラメータに追加します。

パラメーター
param String

allowGceCmdTimeoutOverride

public boolean allowGceCmdTimeoutOverride ()

存在する場合、acloud からの boot-timeout 引数に依存する必要があるかどうかを返します。

戻り値
boolean

getAdbCommandTimeout

public long getAdbCommandTimeout ()

戻り値
longコマンド送信のタイムアウト (ミリ秒)。

getAdbRecoveryTimeout

public int getAdbRecoveryTimeout ()

戻り値
int回復モードで起動するためのミリ秒単位のタイムアウト。

getAvailableTimeout

public long getAvailableTimeout ()

戻り値
longデバイスが使用可能になるまで待機するデフォルトの時間 (ミリ秒)。

getAvdConfigFile

public File getAvdConfigFile ()

Gce Avd 構成ファイルを返し、インスタンスを開始します。

戻り値
File

getAvdDriverBinary

public File getAvdDriverBinary ()

バイナリへのパスを返し、Gce Avd インスタンスを開始します。

戻り値
File

getBaseImage

public String getBaseImage ()

現在のインスタンスに使用される基本イメージ名を返します

戻り値
String

getBugreportzTimeout

public long getBugreportzTimeout ()

bugreportz キャプチャに適用されるタイムアウト値を返します。

戻り値
long

getConnCheckUrl

public String getConnCheckUrl ()

戻り値
String接続テストに使用されるデフォルトの URL。

getCreateCommandByInstanceType

public static String getCreateCommandByInstanceType (TestDeviceOptions.InstanceType type)

パラメーター
type TestDeviceOptions.InstanceType

戻り値
String

getCrosPassword

public String getCrosPassword ()

Chrome OS にログインするためのパスワードを返します。

戻り値
String

getCrosUser

public String getCrosUser ()

ログインする Chrome OS ユーザーを返します。

戻り値
String

getCutoffBattery

public Integer getCutoffBattery ()

戻り値
Integer呼び出しを続行するための最小バッテリー レベル。

getExtraFiles

public MultiMap<File, String> getExtraFiles ()

クラウドの作成中に GCE にアップロードする必要がある追加のファイルを返します。

戻り値
MultiMap <File, String>

getExtraOxygenArgs

public  getExtraOxygenArgs ()

Oxygen デバイスをリースするための追加の引数を返します。

戻り値

getExtraParamsByInstanceType

public static  getExtraParamsByInstanceType (TestDeviceOptions.InstanceType type, 
                String baseImage)

パラメーター
type TestDeviceOptions.InstanceType

baseImage String

戻り値

getFastbootBinary

public File getFastbootBinary ()

使用する指定された fastboot バイナリを返します。 null の場合、DeviceManager を使用します。

戻り値
File

getFastbootTimeout

public int getFastbootTimeout ()

戻り値
int fastboot モードで起動するためのミリ秒単位のタイムアウト。

getGceAccount

public String getGceAccount ()

ドライバーで使用する gce メール アカウントを返す

戻り値
String

getGceCmdTimeout

public long getGceCmdTimeout ()

インスタンスがオンラインになるための Gce Avd タイムアウトを返します。

戻り値
long

getGceDriverBuildIdParam

public String getGceDriverBuildIdParam ()

ビルド情報からビルド ID とペアにする必要がある GCE ドライバー パラメーターを返します。

戻り値
String

getGceDriverFileParams

public MultiMap<String, File> getGceDriverFileParams ()

オプションを介して提供される GCE ドライバー パラメーターとして、追加のファイル パスを返します。

戻り値
MultiMap <String, File>

getGceDriverLogLevel

public Log.LogLevel getGceDriverLogLevel ()

Gce Avd ドライバーのログ レベルを返します。

戻り値
Log.LogLevel

getGceDriverParams

public  getGceDriverParams ()

オプションを介して提供される追加の GCE ドライバー パラメーターを返します

戻り値

getGceMaxAttempt

public int getGceMaxAttempt ()

gce デバイスの起動の最大試行回数を返します

戻り値
int

getInstanceType

public TestDeviceOptions.InstanceType getInstanceType ()

作成する必要がある仮想デバイスのインスタンス タイプを返します

戻り値
TestDeviceOptions.InstanceType

getInstanceUser

public String getInstanceUser ()

作成する GCE 仮想デバイスのインスタンス ユーザーを返します

戻り値
String

getInvocationAttributeToMetadata

public  getInvocationAttributeToMetadata ()

続行する前に GCE の破棄の完了をブロックする必要がある場合は true を返します。

戻り値

getLogcatOptions

public String getLogcatOptions ()

戻り値
String構成された logcat オプション

getMaxLogcatDataSize

public long getMaxLogcatDataSize ()

保持する tmp logcat データのおおよその最大サイズをバイト単位で取得します。

戻り値
long

getMaxWifiConnectTime

public long getMaxWifiConnectTime ()

戻り値
long Wi-Fi への接続を試行する最大時間。

getOnlineTimeout

public long getOnlineTimeout ()

戻り値
longデバイスがオンラインになるまで待機するデフォルトの時間 (ミリ秒)。

getOxygenAccountingUser

public String getOxygenAccountingUser ()

Oxygen デバイスのアカウンティング ユーザーを返します。

戻り値
String

getOxygenDeviceSize

public com.android.tradefed.device.TestDeviceOptions.DeviceSize getOxygenDeviceSize ()

戻り値 Oxygen 仮想デバイスが実行されるホストのサイズ。

戻り値
com.android.tradefed.device.TestDeviceOptions.DeviceSize

getOxygenLeaseLength

public long getOxygenLeaseLength ()

Oxygen デバイスのリースの長さをミリ秒単位で返します。

戻り値
long

getOxygenServiceAddress

public String getOxygenServiceAddress ()

Oxygen デバイスのサービス アドレスを返します。

戻り値
String

getOxygenTargetRegion

public String getOxygenTargetRegion ()

Oxygen デバイスのターゲット領域を返します。

戻り値
String

getPostBootCommands

public  getPostBootCommands ()

戻り値
再起動後に実行するシェル コマンドのリスト。

getRebootTimeout

public int getRebootTimeout ()

戻り値
intフル システム ブートのミリ秒単位のタイムアウト。

getRemoteAdbPort

public int getRemoteAdbPort ()

adb サーバーがリッスンするインスタンスのリモート ポートを返します

戻り値
int

getRemoteFetchFilePattern

public  getRemoteFetchFilePattern ()

scp 経由で取得を試みるパターンのリストを返します。

戻り値

getRemoteTf

public File getRemoteTf ()

リモートにプッシュされる Tradefed バージョンのディレクトリを指すファイル。

戻り値
File

getServiceAccountJsonKeyFile

public File getServiceAccountJsonKeyFile ()

戻り値
Fileサービス アカウントの json キー ファイル。

getSshPrivateKeyPath

public File getSshPrivateKeyPath ()

Gce Avd インスタンスでの操作に使用する ssh キーのパスを返します。

戻り値
File

getUnencryptRebootTimeout

public int getUnencryptRebootTimeout ()

戻り値
intファイルシステムがフォーマットされ、暗号化解除後にデバイスが再起動するまでのミリ秒単位のタイムアウト。

getUseFastbootErase

public boolean getUseFastbootErase ()

戻り値
booleanパーティションをワイプするために fastboot フォーマットの代わりに fastboot erase を使用するかどうか。

getWifiAttempts

public int getWifiAttempts ()

戻り値
int Wi-Fi ネットワークへの接続を試行するデフォルトの回数。

getWifiRetryWaitTime

public int getWifiRetryWaitTime ()

戻り値
int Wi-Fi 接続の再試行間の基本待機時間。

getWifiUtilAPKPath

public String getWifiUtilAPKPath ()

戻り値
String wifiutil apk パス

isDisableKeyguard

public boolean isDisableKeyguard ()

起動が完了したら、キーガードを無効にする必要があるかどうかを確認します

戻り値
boolean

isEnableAdbRoot

public boolean isEnableAdbRoot ()

このデバイスの起動時に adb root を有効にする必要があるかどうかを確認します

戻り値
boolean

isLogcatCaptureEnabled

public boolean isLogcatCaptureEnabled ()

戻り値
booleanバックグラウンドでの logcat キャプチャが有効な場合は true

isWifiExpoRetryEnabled

public boolean isWifiExpoRetryEnabled ()

戻り値
boolean指数再試行戦略を使用する必要がある場合。

setAdbCommandTimeout

public void setAdbCommandTimeout (long adbCommandTimeout)

パラメーター
adbCommandTimeout long

戻り値
voidコマンド送信のタイムアウト (ミリ秒)。

setAdbRecoveryTimeout

public void setAdbRecoveryTimeout (int adbRecoveryTimeout)

パラメーター
adbRecoveryTimeout int : リカバリ モードで起動するためのミリ秒単位のタイムアウト。

setAvdConfigFile

public void setAvdConfigFile (File avdConfigFile)

Gce Avd 構成ファイルを設定して、インスタンスを開始します。

パラメーター
avdConfigFile File

setAvdDriverBinary

public void setAvdDriverBinary (File avdDriverBinary)

バイナリへのパスを設定して、Gce Avd インスタンスを開始します。

パラメーター
avdDriverBinary File

setConnCheckUrl

public void setConnCheckUrl (String url)

パラメーター
url String

setCutoffBattery

public void setCutoffBattery (int cutoffBattery)

呼び出しを続行するための最小バッテリーレベルを設定します。

パラメーター
cutoffBattery int

setDisableKeyguard

public void setDisableKeyguard (boolean disableKeyguard)

起動が完了したら、キーガードを無効にするかどうかを設定します

パラメーター
disableKeyguard boolean

setExtraFiles

public void setExtraFiles (MultiMap<File, String> extraFiles)

クラウドの作成中に GCE にアップロードする必要がある追加のファイルを設定します。

パラメーター
extraFiles MultiMap

setFastbootTimeout

public void setFastbootTimeout (int fastbootTimeout)

パラメーター
fastbootTimeout int : fastboot モードで起動するためのミリ秒単位のタイムアウト。

setGceCmdTimeout

public void setGceCmdTimeout (long gceCmdTimeout)

インスタンスがオンラインになるように Gce Avd タイムアウトを設定します。

パラメーター
gceCmdTimeout long

setGceDriverBuildIdParam

public void setGceDriverBuildIdParam (String gceDriverBuildIdParam)

ビルド情報からのビルド ID とペアにする必要がある GCE ドライバー パラメーターを設定します。

パラメーター
gceDriverBuildIdParam String

setGceDriverLogLevel

public void setGceDriverLogLevel (Log.LogLevel mGceDriverLogLevel)

Gce Avd ドライバーのログ レベルを設定します。

パラメーター
mGceDriverLogLevel Log.LogLevel

setGceMaxAttempt

public void setGceMaxAttempt (int gceMaxAttempt)

gce デバイスの起動の最大試行回数を設定する

パラメーター
gceMaxAttempt int

setInstanceUser

public void setInstanceUser (String instanceUser)

作成するGCE仮想デバイスのインスタンスユーザーを設定します。

パラメーター
instanceUser String

setLogcatOptions

public void setLogcatOptions (String logcatOptions)

logcat に渡されるオプションを設定します

パラメーター
logcatOptions String

setMaxLogcatDataSize

public void setMaxLogcatDataSize (long maxLogcatDataSize)

保持する tmp logcat のおおよその最大サイズをバイト単位で設定します

パラメーター
maxLogcatDataSize long

setOnlineTimeout

public void setOnlineTimeout (long onlineTimeout)

パラメーター
onlineTimeout long

setRebootTimeout

public void setRebootTimeout (int rebootTimeout)

パラメーター
rebootTimeout int : システムが完全に起動するまでのミリ秒単位のタイムアウト。

setRemoteAdbPort

public void setRemoteAdbPort (int remoteAdbPort)

adbサーバーがリッスンするインスタンスにリモートポートを設定します

パラメーター
remoteAdbPort int

setServiceAccountJsonKeyFile

public void setServiceAccountJsonKeyFile (File jsonKeyFile)

サービス アカウントの json キー ファイルを設定します。

パラメーター
jsonKeyFile File : キーファイル。

setSkipTearDown

public void setSkipTearDown (boolean shouldSkipTearDown)

GCE ティアダウンをスキップする必要がある場合は true を返します。それ以外の場合は偽。

パラメーター
shouldSkipTearDown boolean

setSshPrivateKeyPath

public void setSshPrivateKeyPath (File sshPrivateKeyPath)

Gce Avd インスタンスでの操作に使用する ssh キーのパスを設定します。

パラメーター
sshPrivateKeyPath File

setUnencryptRebootTimeout

public void setUnencryptRebootTimeout (int unencryptRebootTimeout)

パラメーター
unencryptRebootTimeout int : ファイルシステムがフォーマットされ、暗号化解除後にデバイスが再起動されるまでのミリ秒単位のタイムアウト。

setUseFastbootErase

public void setUseFastbootErase (boolean useFastbootErase)

パラメーター
useFastbootErase boolean : fastboot フォーマットの代わりに fastboot erase を使用してパーティションを消去するかどうか。

setWifiAttempts

public void setWifiAttempts (int wifiAttempts)

パラメーター
wifiAttempts int

shouldDisableReboot

public boolean shouldDisableReboot ()

戻り値
booleanデバイスの再起動を無効にする必要がある場合

shouldSkipTearDown

public boolean shouldSkipTearDown ()

GCE ティアダウンをスキップする必要がある場合は true を返します。それ以外の場合は偽。

戻り値
boolean

shouldUseContentProvider

public boolean shouldUseContentProvider ()

ファイルのプッシュ/プルに Tradefed コンテンツ プロバイダーを使用できるかどうかを返します。

戻り値
boolean

useExitStatus回避策

public boolean useExitStatusWorkaround ()

シェル v2 を使用しない古いデバイスで、回避策を使用してシェルの終了ステータスを取得するかどうかを返します。

戻り値
boolean

使用酸素

public boolean useOxygen ()

Oxygen を使用して仮想デバイスを作成する場合は true を返します。それ以外の場合は偽。

戻り値
boolean

useOxygenProxy

public boolean useOxygenProxy ()

TradeFed が Oxygen を直接呼び出してデバイスをリースする場合は true を返します。

戻り値
boolean

useUpdatedBootloaderStatus

public boolean useUpdatedBootloaderStatus ()

新しいブートローダー状態ステータスを使用するかどうかを返します。

戻り値
boolean

waitForGceTearDown

public boolean waitForGceTearDown ()

続行する前に GCE の破棄の完了をブロックする必要がある場合は true を返します。

戻り値
boolean