Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

InvocationScope

public class InvocationScope
extends Object implements Scope

java.lang.Object
com.android.tradefed.guice.InvocationScope


単一のTradefed呼び出しをスコープします。

インジェクターがこのキーを提供するように要求される前に、 seed(key, value)呼び出すことにより、スコープを1つ以上のシード値で初期化できます。一般的な使用法は、呼び出しスコープを表すスコープに出入りするテスト呼び出しと、構成オブジェクトのシードです。 seed()で挿入されたキーごとに、対応するバインディングを含める必要があります。


   bind(key)
       .toProvider(SimpleScope.seededKeyProvider())
       .in(InvocationScoped.class);
 
FIXME:おそらく複数のオブジェクト(リストなど)を処理します。

概要

パブリックコンストラクター

InvocationScope ()

パブリックメソッド

void enter ()

TradefedInvocationのスコープのマーク付けを開始します。

void exit ()

TradefedInvocationのスコープの終わりをマークします。

static InvocationScope getDefault ()
<T> Provider<T> scope (Key<T> key, Provider<T> unscoped)
<T> void seed (Key<T> key, T value)

使用されるTF呼び出しスコープ中に使用可能になるキー/値をシードします。

<T> void seed (Class<T> clazz, T value)

使用されるTF呼び出しスコープ中に使用可能になるキー/値をシードします。

void seedConfiguration ( IConfiguration config)

TradefedとGuice間のインターフェースinit:これは、TFオブジェクトが使用される呼び出しスコープにシードされる場所です。

static <T> Provider<T> seededKeyProvider ()

問題のオブジェクトを注入する前にシードする必要があることを訴える例外を常にスローするプロバイダーを返します。

パブリックコンストラクター

InvocationScope

public InvocationScope ()

パブリックメソッド

入る

public void enter ()

TradefedInvocationのスコープのマーク付けを開始します。

出口

public void exit ()

TradefedInvocationのスコープの終わりをマークします。

getDefault

public static InvocationScope getDefault ()

戻り値
InvocationScope

範囲

public Provider<T> scope (Key<T> key, 
                Provider<T> unscoped)

パラメーター
key Key

unscoped Provider

戻り値
Provider<T>

シード

public void seed (Key<T> key, 
                T value)

使用されるTF呼び出しスコープ中に使用可能になるキー/値をシードします。

パラメーター
key Key :オブジェクトを表すために使用されるキー。

value T :呼び出し中に使用できる実際のオブジェクト。

シード

public void seed (Class<T> clazz, 
                T value)

使用されるTF呼び出しスコープ中に使用可能になるキー/値をシードします。

パラメーター
clazz Class :オブジェクトを表すために使用されるクラス。

value T :呼び出し中に使用できる実際のオブジェクト。

seedConfiguration

public void seedConfiguration (IConfiguration config)

TradefedとGuice間のインターフェースinit:これは、TFオブジェクトが使用される呼び出しスコープにシードされる場所です。

パラメーター
config IConfiguration :Tradefed構成。

seededKeyProvider

public static Provider<T> seededKeyProvider ()

問題のオブジェクトを注入する前にシードする必要があることを訴える例外を常にスローするプロバイダーを返します。

戻り値
Provider<T>型付きプロバイダー