Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

DeviceFileReporter

public class DeviceFileReporter
extends Object

java.lang.Object
com.android.tradefed.result.DeviceFileReporter


デバイスのファイルをチェックし、見つかった場合はITestInvocationListener#testLog(String, LogDataType, InputStreamSource)送信するユーティリティクラス。

概要

パブリックコンストラクター

DeviceFileReporter (ITestDevice device, ITestInvocationListener listener)

提供されたITestDevice新しいDeviceFileReporterを初期化しITestDevice

パブリックメソッド

void addPatterns ( patterns) addPatterns ( patterns)

それぞれのログデータタイプでパターンを追加する

void addPatterns (String... patterns)

ログデータタイプをデフォルトに設定してパターンを追加します。

run ()

実際にファイルシステムで指定されたパターンを検索し、見つかった場合はITestInvocationListener#testLog送信します。

void setDefaultLogDataType (LogDataType type)

タイプが関連付けられていないパターンのデフォルトのログデータタイプセットを設定します。

void setInferUnknownDataTypes (boolean infer)

かどうか試みるファイル拡張子をリストと照合して、 UNKNOWNファイルのデータ型を推測します。

void setSkipRepeatFiles (boolean skip)

すでに報告されているファイルをスキップするかどうか。

パブリックコンストラクター

DeviceFileReporter

public DeviceFileReporter (ITestDevice device, 
                ITestInvocationListener listener)

提供されたITestDevice新しいDeviceFileReporterを初期化しITestDevice

パラメーター
device ITestDevice

listener ITestInvocationListener

パブリックメソッド

addPatterns

public void addPatterns ( patterns)

それぞれのログデータタイプでパターンを追加する

パラメーター
patterns :それぞれのLogDataTypeへのStringファイル名グロブパターンのERROR(/Map) 。グロブは絶対でなければなりません。

以下も参照してください。

addPatterns

public void addPatterns (String... patterns)

ログデータタイプをデフォルトに設定してパターンを追加します。

パラメーター
patterns StringStringファイル名グロブパターンの可変長配列。絶対でなければなりません。

以下も参照してください。

走る

public  run ()

実際にファイルシステムで指定されたパターンを検索し、見つかった場合はITestInvocationListener#testLog送信します。

戻り値

投げる
DeviceNotAvailableException

setDefaultLogDataType

public void setDefaultLogDataType (LogDataType type)

タイプが関連付けられていないパターンのデフォルトのログデータタイプセットを設定します。

パラメーター
type LogDataTypeLogDataType

以下も参照してください。

setInferUnknownDataTypes

public void setInferUnknownDataTypes (boolean infer)

かどうか試みるファイル拡張子をリストと照合して、 UNKNOWNファイルのデータ型を推測します。

有効にすると、これらの推論はファイルタイプUNKNOWN (特定のタイプなしで追加されたパターンを含み、デフォルトタイプが手動で設定されていないパターンが含まれる)のパターンに対してのみ行われることに注意してください。推論が失敗した場合、データ型はUNKNOWNままになります。

パラメーター
infer boolean

setSkipRepeatFiles

public void setSkipRepeatFiles (boolean skip)

すでに報告されているファイルをスキップするかどうか。これは、複数のパターンが使用されており、それらのパターンの2つ以上が同じファイルに一致する場合にのみ関係します。

これはのみ run()を呼び出す前に呼び出す必要がありrun() 。そうしないと、未定義の動作が発生します。

パラメーター
skip boolean