Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

CircularAtraceUtil

public class CircularAtraceUtil
extends Object

java.lang.Object
com.android.tradefed.util.CircularAtraceUtil


モンキーテスト中にANRの根本原因を特定するために主に開発されたatraceユーティリティ。 startコマンドを呼び出すと、循環バッファ内のタグ付きトレースの監視が非同期的に開始されます。 stopを呼び出すと、バッファの内容が、返されるInputStreamSourceにダンプされます。上記の場合(ANRの識別)にこれを使用するには、最初にテストの開始時に開始メソッドを実装し、テストの終了直後に終了メソッドを実装する必要があります。ここから、データの保存方法と処理方法を選択できます。ほとんどの場合、HTMLビューアを生成するために--from-fileオプションを指定したsystraceを使用する必要があります。

概要

パブリックコンストラクター

CircularAtraceUtil ()

パブリックメソッド

static FileInputStreamSource endTrace (ITestDevice device)

atraceを停止し、非同期でファイルにダンプします。ファイルはInputStreamSourceで返されます。

static void startTrace (ITestDevice device, tags, int bufferSizeMB) startTrace (ITestDevice device, tags, int bufferSizeMB)

指定されたタグを使用して非同期でトレースを開始します。

パブリックコンストラクター

CircularAtraceUtil

public CircularAtraceUtil ()

パブリックメソッド

endTrace

public static FileInputStreamSource endTrace (ITestDevice device)

atraceを停止し、非同期でファイルにダンプします。ファイルはInputStreamSourceで返されます。

パラメーター
device ITestDevice

戻り値
FileInputStreamSource atraceコマンドの結果を含むFileInputStreamSource

投げる
DeviceNotAvailableException

startTrace

public static void startTrace (ITestDevice device, 
                 tags, 
                int bufferSizeMB)

指定されたタグを使用して非同期でトレースを開始します。

パラメーター
device ITestDevice :アクションが監視されるデバイス

tags :atraceが監視する必要のあるタグ。デフォルトは「amgfxschedview」です。

bufferSizeMB int :MB単位の循環バッファサイズ

投げる
DeviceNotAvailableException