コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

GoogleApiClientUtil

public class GoogleApiClientUtil
extends Object

java.lang.Object
com.android.tradefed.util.GoogleApiClientUtil


Google API クライアントを作成するためのユーティリティ。

概要

田畑

public static final String APP_NAME

パブリック コンストラクター

GoogleApiClientUtil ()

公開メソッド

static HttpRequestInitializer configureRetryStrategy (HttpRequestInitializer initializer)

提供された HttpRequestInitializer の再試行戦略をセットアップします。

static HttpRequestInitializer configureRetryStrategyAndTimeout (HttpRequestInitializer initializer, int connectTimeout, int readTimeout)

提供された HttpRequestInitializer の再試行戦略をセットアップします。

static Credential createCredential ( scopes, File primaryKeyFile, String hostOptionKeyFileName, File... backupKeyFiles) createCredential ( scopes, File primaryKeyFile, String hostOptionKeyFileName, File... backupKeyFiles)

別のキー ファイルを使用して、またはローカル ホストから資格情報を作成してみてください。

static Credential createCredential ( scopes, boolean useCredentialFactory, File primaryKeyFile, String hostOptionKeyFileName, File... backupKeyFiles) createCredential ( scopes, boolean useCredentialFactory, File primaryKeyFile, String hostOptionKeyFileName, File... backupKeyFiles)

別のキー ファイルを使用して、またはローカル ホストから資格情報を作成してみてください。

static Credential createCredentialFromJsonKeyFile (File file, scopes) createCredentialFromJsonKeyFile (File file, scopes)

json キー ファイルから資格情報を作成します。

static Credential createCredentialFromP12File (String serviceAccount, File keyFile, scopes) createCredentialFromP12File (String serviceAccount, File keyFile, scopes)

このメソッドは非推奨です。 p12 は Google App Engine で非推奨になっているため、json キー ファイルを使用することをお勧めします。そしてjsonキーファイルにはより多くの情報があります。

static HttpRequestInitializer setHttpTimeout (HttpRequestInitializer requestInitializer, int connectTimeout, int readTimeout)

田畑

APP_NAME

public static final String APP_NAME

パブリック コンストラクター

GoogleApiClientUtil

public GoogleApiClientUtil ()

公開メソッド

configureRetryStrategy

public static HttpRequestInitializer configureRetryStrategy (HttpRequestInitializer initializer)

提供された HttpRequestInitializer の再試行戦略をセットアップします。サーバー エラーが発生した場合、リクエストは指数バックオフで自動的に再試行されます。

パラメーター
initializer HttpRequestInitializer : - 再試行戦略を設定する初期化子。

戻り値
HttpRequestInitializer失敗したリクエストを自動的に再試行するイニシャライザ。

configureRetryStrategyAndTimeout

public static HttpRequestInitializer configureRetryStrategyAndTimeout (HttpRequestInitializer initializer, 
                int connectTimeout, 
                int readTimeout)

提供された HttpRequestInitializer の再試行戦略をセットアップします。サーバー エラーが発生した場合、リクエストは指数バックオフで自動的に再試行されます。

パラメーター
initializer HttpRequestInitializer : - 再試行戦略を設定する初期化子。

connectTimeout int

readTimeout int

戻り値
HttpRequestInitializer失敗したリクエストを自動的に再試行するイニシャライザ。

createCredential

public static Credential createCredential ( scopes, 
                File primaryKeyFile, 
                String hostOptionKeyFileName, 
                File... backupKeyFiles)

別のキー ファイルを使用して、またはローカル ホストから資格情報を作成してみてください。

1. primaryKeyFile が設定されている場合は、それを使用して資格証明を作成してみてください。 2. HostOptionsから対応するキー ファイルを取得しようとします。 3. バックアップ キー ファイルの使用を試みます。 4. ローカルのデフォルト資格情報を使用します。

パラメーター
scopes : 資格情報のスコープ。

primaryKeyFile File : プライマリ json キー ファイル。 null にすることができます。

hostOptionKeyFileName String : HostOptions 'service-account-json-key-file オプションのキー。 null にすることができます。

backupKeyFiles File : キー ファイルのバックアップ。

戻り値
Credential Credential

スロー
IO例外

createCredential

public static Credential createCredential ( scopes, 
                boolean useCredentialFactory, 
                File primaryKeyFile, 
                String hostOptionKeyFileName, 
                File... backupKeyFiles)

別のキー ファイルを使用して、またはローカル ホストから資格情報を作成してみてください。

1. ICredentialFactoryが true で、 ICredentialFactoryが構成されている場合は、ICredentialFactory を使用します。 primaryKeyFile が設定されている場合は、それを使用して資格情報を作成してみてください。 2. HostOptionsから対応するキー ファイルを取得しようとします。 3. バックアップ キー ファイルの使用を試みます。 4. ローカルのデフォルト資格情報を使用します。

パラメーター
scopes : 資格情報のスコープ。

useCredentialFactory boolean : 構成されている場合は資格情報ファクトリを使用します。

primaryKeyFile File : プライマリ json キー ファイル。 null にすることができます。

hostOptionKeyFileName String : HostOptions 'service-account-json-key-file オプションのキー。 null にすることができます。

backupKeyFiles File : キー ファイルのバックアップ。

戻り値
Credential Credential

スロー
IO例外

createCredentialFromJsonKeyFile

public static Credential createCredentialFromJsonKeyFile (File file, 
                 scopes)

json キー ファイルから資格情報を作成します。

パラメーター
file File : p12キーファイルです

scopes : API のスコープです。

戻り値
Credential Credential

スロー
FileNotFoundException
IO例外

createCredentialFromP12File

public static Credential createCredentialFromP12File (String serviceAccount, 
                File keyFile, 
                 scopes)

このメソッドは非推奨です。
p12 は Google App Engine で非推奨になっているため、json キー ファイルを使用することをお勧めします。そしてjsonキーファイルにはより多くの情報があります。

サービス アカウントの p12 ファイルから認証情報を作成します。

パラメーター
serviceAccount String : サービス アカウントです

keyFile File : p12キーファイルです

scopes : API のスコープです。

戻り値
Credential Credential

スロー
GeneralSecurityException

setHttpTimeout

public static HttpRequestInitializer setHttpTimeout (HttpRequestInitializer requestInitializer, 
                int connectTimeout, 
                int readTimeout)

パラメーター
requestInitializer HttpRequestInitializer : HttpRequestInitializer 、通常はCredentialです。

connectTimeout int : ミリ秒単位の接続タイムアウト。

readTimeout int : 読み取りタイムアウト (ミリ秒)。

戻り値
HttpRequestInitializerタイムアウト付きのHttpRequestInitializer