Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

Starlarkを使用した製品とボードの構成

製品とボードの構成は、ビルドに影響を与えるMake変数を定義します。これは、Makeルールを定義するAndroid.mkファイルとは対照的です。トップレベルの製品構成makefileは、 AndroidProducts.mkファイルのPRODUCT_MAKEFILESに追加することで定義されます。トップレベルのボード構成makefileはBoardConfig.mkと呼ばれ、 TARGET_DEVICEの値が名前であるフォルダーに含まれています。

RBC_PRODUCT_CONFIGおよび/またはRBC_BOARD_CONFIGを設定してビルドを実行すると、これらのファイルはMakeで実行されるのではなく、Starlarkに変換され、Starlarkインタープリターによって実行されます。

回帰テストスクリプト

回帰スクリプトrbc_regression_test.shは、Starlark自動コンバーターを使用した場合と使用しない場合でビルドを実行し、結果のninjaファイルを比較します。これらは同一である必要があります。

Makefilesの問題

一部のパターンはMakeからStarlarkに変換できないため、手動で削除またはリファクタリングする必要があります。 Starlark変換がデフォルトで有効になっている場合に備えて、このプロセスを今すぐ実行できます。いくつかの一般的なパターンと代替案については、サイドバーの「問題」セクションの下のページを参照してください。