Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

_bluetooth_sdp_hdr_overlay構造体リファレンス

_bluetooth_sdp_hdr_overlay構造体リファレンス

#include < bt_sdp.h >

データフィールド

bluetooth_sdp_typesタイプ
bt_uuid_t uuid
uint32_t service_name_length
char *サービス名
int32_t rfcomm_channel_number
int32_t l2cap_psm
int32_t profile_version
int user1_ptr_len
uint8_t * user1_ptr
int user2_ptr_len
uint8_t * user2_ptr

詳細な説明

一部の信号には追加のポインターが必要なため、これらのポインターを処理する一般的な方法を紹介します。

ファイルbt_sdp.h52行で定義されています。

フィールドドキュメント

int32_t l2cap_psm

ファイルbt_sdp.h58行で定義されています。

int32_t profile_version

ファイルbt_sdp.h59行で定義されています。

int32_t rfcomm_channel_number

ファイルbt_sdp.h57行で定義されています。

char * service_name

ファイルbt_sdp.h56行で定義されています。

uint32_t service_name_length

ファイルbt_sdp.h55行で定義されています。

ファイルbt_sdp.h53行で定義されています。

uint8_t * user1_ptr

ファイルbt_sdp.h63行で定義されています。

int user1_ptr_len

ファイルbt_sdp.h62行で定義されています。

uint8_t * user2_ptr

ファイルbt_sdp.h65行で定義されています。

int user2_ptr_len

ファイルbt_sdp.h64行で定義されています。

ファイルbt_sdp.h54行で定義されています。


この構造体のドキュメントは、次のファイルから生成されました。