Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

FLOW_SPEC構造体リファレンス

FLOW_SPEC構造体リファレンス

#include < bt_types.h >

データフィールド

UINT8 qos_flags
UINT8サービスの種類
UINT32 token_rate
UINT32 token_bucket_size
UINT32ピーク帯域幅
UINT32レイテンシー
UINT32 delay_variation

詳細な説明

ファイルbt_types.hの342行で定義されています。

フィールドドキュメント

UINT32 delay_variation

ファイルbt_types.hの349行で定義されています。

UINT32レイテンシ

ファイルbt_types.hの348行で定義されています。

UINT32のpeak_bandwidth

ファイルbt_types.hの347行で定義されています。

UINT8 qos_flags

ファイルbt_types.hの343行で定義されています。

UINT8 service_type

ファイルbt_types.hの344行で定義されています。

UINT32 token_bucket_size

ファイルbt_types.hの346行で定義されています。

UINT32 token_rate

ファイルbt_types.hの345行で定義されています。


この構造体のドキュメントは、次のファイルから生成されました。
  • external / libnfc-nci / src / include / bt_types.h