Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

FlpCallbacks構造体リファレンス

FlpCallbacks構造体リファレンス

#include < fused_location.h >

データフィールド

size_tサイズ
flp_location_callback location_cb
flp_acquire_wakelock取得_wakelock_cb
flp_release_wakelock release_wakelock_cb
flp_set_thread_event set_thread_event_cb
flp_capabilities_callback flp_capabilities_cb
flp_status_callback flp_status_cb

詳細な説明

FLPコールバック構造。

ファイルfused_location.hの245行で定義されています。

フィールドドキュメント

ファイルfused_location.hの249行で定義されています。

flp_capabilities_callback flp_capabilities_cb

ファイルfused_location.hの252行で定義されています。

flp_status_callback flp_status_cb

ファイルfused_location.hの253行で定義されています。

ファイルfused_location.hの248行で定義されています。

flp_release_wakelock release_wakelock_cb

ファイルfused_location.hの250行で定義されています。

flp_set_thread_event set_thread_event_cb

ファイルfused_location.hの251行で定義されています。

size_tサイズ

sizeof(FlpCallbacks)に設定

ファイルfused_location.hの247行で定義されています。


この構造体のドキュメントは、次のファイルから生成されました。