Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

FlpDiagnosticInterface構造体リファレンス

FlpDiagnosticInterface構造体リファレンス

#include < fused_location.h >

データフィールド

size_t サイズ
void(* init )( FlpDiagnosticCallbacks * callbacks)
int(* inject_data )(char * data、int length)

詳細な説明

診断サポートのための拡張インターフェース。

ファイルfused_location.hの468行で定義されています。

フィールドドキュメント

void(* init)( FlpDiagnosticCallbacks * callbacks)

診断インターフェイスを開き、このインターフェイスの実装にコールバックルーチンを提供します。

ファイルfused_location.hの476行で定義されています。

int(* inject_data)(char * data、int length)

診断データをFLPサブシステムに挿入します。成功した場合は0を返し、エラーの場合は-1を返します。

ファイルfused_location.hの482行で定義されています。

size_tサイズ

sizeof(FlpDiagnosticInterface)に設定

ファイルfused_location.hの470行で定義されています。


この構造体のドキュメントは、次のファイルから生成されました。