Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

GnssConfigurationInterface構造体リファレンス

GnssConfigurationInterface構造体リファレンス

#include < gps.h >

データフィールド

size_t サイズ
void(* configuration_update )(const char * config_data、int32_t length)

詳細な説明

プラットフォームからHALにGNSS構成コンテンツを渡すためのインターフェース。

ファイルgps.hの2188行で定義されています。

フィールドドキュメント

void(* configuration_update)(const char * config_data、int32_t length)

GNSS構成コンテンツをHALに配信します。パラメータ:config_data-file(/etc/gps.conf)から通常期待されるもの、つまり 'で区切られたUTF8文字列のシーケンスを保持するchar配列へのポインタ
'。 length-構成データ内のUTF8文字の総数。

重要:GPS HALは、この関数が複数回呼び出されることを期待する必要があります。また、GpsLocationProviderがすでに構築されて有効になっている場合でも、呼び出されることがあります。 GPS HALは、構成データの変更に関係なく、さまざまなコールバックに対する既存の要求を維持する必要があります。

ファイルgps.hの2205行で定義されています。

size_tサイズ

sizeof(GnssConfigurationInterface)に設定

ファイルgps.hの2190行で定義されています。


この構造体のドキュメントは、次のファイルから生成されました。