Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

GnssSvInfo構造体リファレンス

GnssSvInfo構造体リファレンス

#include < gps.h >

データフィールド

size_tサイズ
int16_t svid
GnssConstellationType星座
浮くc_n0_dbhz
浮く標高
浮く方位角
GnssSvFlagsフラグ

詳細な説明

ファイルgps.hの575行で定義されています。

フィールドドキュメント

フロート方位角

度単位のSVの方位角。

ファイルgps.hの613行で定義されています。

float c_n0_dbhz

dB-Hz単位の搬送波対雑音密度。通常は[0、63]の範囲です。これには、アンテナポートでの信号の測定されたC / N0値が含まれています。

これは必須の値です。

ファイルgps.hの607行で定義されています。

指定されたSVのコンスタレーションを定義します。値は、それらのGNSS_CONSTELLATION_ *定数の1つである必要があります

ファイルgps.hの599行で定義されています。

フロート標高

度単位のSVの標高。

ファイルgps.hの610行で定義されています。

GnssSvFlagsフラグ

指定されたSVに関する追加データが含まれています。値は、それらのGNSS_SV_FLAGS_ *定数の1つである必要があります

ファイルgps.hの619行で定義されています。

size_tサイズ

sizeof(GnssSvInfo)に設定

ファイルgps.hの577行で定義されています。

int16_t svid

SVの場合は疑似乱数、Glonassの場合はFCN / OSN番号。区別は、コンステレーションフィールドを見ることによって行われます。値は次の範囲内である必要があります。

  • GPS:1-32
  • SBAS:120-151、183-192
  • GLONASS:1-24、既知の場合は軌道スロット番号(OSN)。または、そうでない場合:93-106、周波数チャネル番号(FCN)(-7から+6)は+ 100オフセットされます。つまり、FCN -7を93、FCN 0を100、FCN + 6を106として報告します。 。
  • QZSS:193-200
  • ガリレオ:1-36
  • 北斗:1-37

ファイルgps.hの593行で定義されています。


この構造体のドキュメントは、次のファイルから生成されました。