Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

GpsClock構造体リファレンス

GpsClock構造体リファレンス

#include < gps.h >

データフィールド

size_tサイズ
GpsClockFlagsフラグ
int16_t leap_second
GpsClockTypeタイプ
int64_t time_ns
ダブルtime_uncertainty_ns
int64_t full_bias_ns
ダブルバイアス_ns
ダブルバイアス_uncertainty_ns
ダブルドリフト_nsps
ダブルドリフト_uncertainty_nsps

詳細な説明

GPSクロック時間の推定値を表すレガシー構造体。非推奨。次のAndroidリリースで削除される予定です。代わりにGnssClockを使用してください。

ファイルgps.hの1437行で定義されています。

フィールドドキュメント

ダブルbias_ns

ファイルgps.hの1446行で定義されています。

ダブルbias_uncertainty_ns

ファイルgps.hの1447行で定義されています。

ダブルdrift_nsps

ファイルgps.hの1448行で定義されています。

ダブルdrift_uncertainty_nsps

ファイルgps.hの1449行で定義されています。

GpsClockFlagsフラグ

ファイルgps.hの1440行で定義されています。

int64_t full_bias_ns

ファイルgps.hの1445行で定義されています。

int16_t leap_second

ファイルgps.hの1441行で定義されています。

size_tサイズ

sizeof(GpsClock)に設定

ファイルgps.hの1439行で定義されています。

int64_t time_ns

ファイルgps.hの1443行で定義されています。

double time_uncertainty_ns

ファイルgps.hの1444行で定義されています。

GpsClockTypeタイプ

ファイルgps.hの1442行で定義されています。


この構造体のドキュメントは、次のファイルから生成されました。