Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

GpsGeofencingInterface構造体リファレンス

GpsGeofencingInterface構造体リファレンス

#include < gps.h >

データフィールド

size_t サイズ
void(* init )( GpsGeofenceCallbacks * callbacks)
void(* add_geofence_area )(int32_t geofence_id、double緯度、double経度、double radius_meters、int last_transition、int monitor_transitions、int notify_responseness_ms、int unknown_timer_ms)
void(* pause_geofence )(int32_t geofence_id)
void(* resume_geofence )(int32_t geofence_id、int monitor_transitions)
void(* remove_geofence_area )(int32_t geofence_id)

詳細な説明

GPS_Geofencingサポート用の拡張インターフェース

ファイルgps.hの1361行で定義されています。

フィールドドキュメント

void(* add_geofence_area)(int32_t geofence_id、double緯度、double経度、double radius_meters、int last_transition、int monitor_transitions、int notify_responseness_ms、int unknown_timer_ms)

ジオフェンスエリアを追加します。このAPIは現在、円形のジオフェンスをサポートしています。パラメータ:geofence_id-ジオフェンスのID。このIDのジオフェンスがすでに存在する場合は、エラー値(GPS_GEOFENCE_ERROR_ID_EXISTS)を返す必要があります。緯度、経度、radius_meters-ジオフェンスの緯度、経度、半径(メートル単位)last_transition-ジオフェンスの現在の状態。たとえば、ユーザーがジオフェンス内にいることをシステムがすでに認識している場合、これはGPS_GEOFENCE_ENTEREDに設定されます。ほとんどの場合、GPS_GEOFENCE_UNCERTAINにな​​ります。 monitor_transition-監視する遷移。 GPS_GEOFENCE_ENTERED、GPS_GEOFENCE_EXITED、GPS_GEOFENCE_UNCERTAINのビットごとのOR。 notify_responseness_ms-ジオフェンスに関連付けられた遷移がトリガーされたときに、コールバックが呼び出されるまでのベストエフォートの説明を定義します。たとえば、GPS_GEOFENCE_ENTEREDで1000ミリ秒に設定されている場合、ジオフェンスに入るときにコールバックを1000ミリ秒で呼び出す必要があります。このパラメーターはミリ秒単位で定義されます。注:これは、GPSがポーリングされるレートと混同しないでください。省電力の理由から、GPSのサンプリングレートを動的に変更することは許容されます。したがって、サンプリングの速度はこれよりも速い場合と遅い場合があります。 unknown_timer_ms-UNCERTAIN遷移がトリガーされるまでの時間制限。このパラメーターはミリ秒単位で定義されます。詳細な説明については、上記を参照してください。

ファイルgps.hの1400行で定義されています。

void(* init)( GpsGeofenceCallbacks * callbacks)

ジオフェンスインターフェイスを開き、このインターフェイスの実装にコールバックルーチンを提供します。

ファイルgps.hの1369行で定義されています。

void(* pause_geofence)(int32_t geofence_id)

特定のジオフェンスの監視を一時停止します。パラメータ:geofence_id-ジオフェンスのID。

ファイルgps.hの1409行で定義されています。

void(* remove_geofence_area)(int32_t geofence_id)

ジオフェンスエリアを削除します。関数が戻った後は、通知を送信しないでください。パラメータ:geofence_id-ジオフェンスのID。

ファイルgps.hの1429行で定義されています。

void(* resume_geofence)(int32_t geofence_id、int monitor_transitions)

特定のジオフェンスの監視を再開します。パラメータ:geofence_id-ジオフェンスのID。 monitor_transitions-どの遷移を監視するか。 GPS_GEOFENCE_ENTERED、GPS_GEOFENCE_EXITED、GPS_GEOFENCE_UNCERTAINのビットごとのOR。これは、add_geofence_area呼び出しで提供された関連する値に優先します。

ファイルgps.hの1421行で定義されています。

size_tサイズ

sizeof(GpsGeofencingInterface)に設定

ファイルgps.hの1363行で定義されています。


この構造体のドキュメントは、次のファイルから生成されました。