Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

SuplCertificateInterface構造体リファレンス

SuplCertificateInterface構造体リファレンス

#include < gps.h >

データフィールド

size_t サイズ
int(* install_certificates )(const DerEncodedCertificate * certificates、size_t length)
int(* revoke_certificates )(const Sha1CertificateFingerprint * fingerprints、size_t length)

詳細な説明

SUPL証明書操作を処理するためのAGPSインターフェース

ファイルgps.hの978行で定義されています。

フィールドドキュメント

int(* install_certificates)(const DerEncodedCertificate * certificates、size_t length)

AGPSサーバーへのSUPL接続に使用される証明書のセットをインストールします。必要に応じて、HALは、インストールする証明書に対応するために削除する必要のある証明書を内部で検出する必要があります。インストールされた証明書は、AGPSSUPLサーバーに接続するために必要な有効な証明書のフルセットを表しています。 AGPSサーバーとの接続を確立しようとするときは、証明書のリストが必要であり、すべてが同時に利用可能である必要があります。

パラメーター:certificates-HALにインストールする必要があるDERエンコードされた証明書の配列へのポインター。 length-インストールする証明書の数。戻り値:操作が正常に完了した場合はAGPS_CERTIFICATE_OPERATION_SUCCESS AGPS_CERTIFICATE_ERROR_TOO_MANY_CERTIFICATESインストールしようとした証明書の数をHALが保存できない場合、保存された証明書の状態はこのエラーの場合は以前と同じままです。

重要:必要に応じて、HALは、インストールする証明書に対応するために削除する必要のある証明書のセットを内部で検出する必要があります。

ファイルgps.hの1005行で定義されています。

int(* revoke_certificates)(const Sha1CertificateFingerprint * fingerprints、size_t length)

SUPL接続に使用される証明書のリストが取り消されたことをHALに通知します。指定された証明書のセットがHALの内部ストアから削除されることが期待されます。

パラメータ:フィンガープリント-取り消す証明書のセットを識別するためのSHA1フィンガープリントの配列へのポインタ。長さ-提供されたフィンガープリントの数。戻り値:操作が正常に完了した場合、AGPS_CERTIFICATE_OPERATION_SUCCESS。

重要:(フィンガープリントを介して)提供された証明書のいずれかがHALに認識されていない場合は、無視して、残りの証明書を取り消し/削除し続ける必要があります。

ファイルgps.hの1022行で定義されています。

size_tサイズ

sizeof(SuplCertificateInterface)に設定

ファイルgps.hの980行で定義されています。


この構造体のドキュメントは、次のファイルから生成されました。