Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

activity_recognition_device構造体リファレンス

activity_recognition_device構造体リファレンス

#include < activity_recognition.h >

データフィールド

hw_device_t一般
空所(* register_activity_callback )(const struct activity_recognition_device * dev、const activity_recognition_callback_procs_t * callback)
int(* enable_activity_event )(const struct activity_recognition_device * dev、uint32_t activity_handle、uint32_t event_type、int64_t max_batch_report_latency_ns)
int(* disable_activity_event )(const struct activity_recognition_device * dev、uint32_t activity_handle、uint32_t event_type)
int(*フラッシュ)(const struct activity_recognition_device * dev)
空所(* reserved_procs [16-4])(void)

詳細な説明

ファイルactivity_recognition.h154行で定義されています。

フィールドドキュメント

活動認識装置の一般的な方法。この構造のユーザーは、 hw_device_tactivity_recognition_deviceを参照していることがわかっているコンテキストで、 hw_device_tactivity_recognition_deviceポインターにキャストするため、これはactivity_recognition_deviceの最初のメンバーである必要があります。

ファイルactivity_recognition.h161行で定義されています。

int(* disable_activity_event)(const struct activity_recognition_device * dev、uint32_t activity_handle、uint32_t event_type)

ファイルactivity_recognition.h214行で定義されています。

int(* enable_activity_event)(const struct activity_recognition_device * dev、uint32_t activity_handle、uint32_t event_type、int64_t max_batch_report_latency_ns)

ファイルactivity_recognition.h207行で定義されています。

int(* flush)(const struct activity_recognition_device * dev)

ファイルactivity_recognition.h225行で定義されています。

void(* register_activity_callback)(const struct activity_recognition_device * dev、const activity_recognition_callback_procs_t * callback)

ファイルactivity_recognition.h167行で定義されています。

void(* reserved_procs [16-4])(void)

ファイルactivity_recognition.h228行で定義されています。


この構造体のドキュメントは、次のファイルから生成されました。