Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

alloc_device_t構造体リファレンス

alloc_device_t構造体リファレンス

#include < gralloc.h >

データフィールド

struct hw_device_t一般
int(* alloc )(struct alloc_device_t * dev、int w、int h、int format、int Usage、buffer_handle_t * handle、int * stride)
int(*無料)(struct alloc_device_t * dev、buffer_handle_t handle)
void(*ダンプ)(struct alloc_device_t * dev、char * buff、int buff_len)
ボイド* reserved_proc [7]

詳細な説明

すべてのデバイスデータ構造は、 hw_device_tで始まり、その後にモジュール固有のパブリックメソッドと属性が続く必要があります。

gralloc.hファイルの326行で定義されています。

フィールドドキュメント

int(* alloc)(struct alloc_device_t * dev、int w、int h、int format、int Usage、buffer_handle_t * handle、int * stride)

ファイルgralloc.hの343行で定義されています。

struct hw_device_t common

gralloc.hファイルの327行で定義されています。

void(* dump)(struct alloc_device_t * dev、char * buff、int buff_len)

gralloc.hファイルの364行で定義されています。

int(* free)(struct alloc_device_t * dev、buffer_handle_t handle)

gralloc.hファイルの357行で定義されています。

void * reserved_proc [7]

ファイルgralloc.hの366行で定義されています。


この構造体のドキュメントは、次のファイルから生成されました。