Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

audio_stream構造体リファレンス

audio_stream構造体リファレンス

#include < audio.h >

データフィールド

uint32_t(* get_sample_rate )(const struct audio_stream * stream)
int(* set_sample_rate )(struct audio_stream * stream、uint32_t rate)
size_t(* get_buffer_size )(const struct audio_stream * stream)
audio_channel_mask_t(* get_channels )(const struct audio_stream * stream)
audio_format_t(* get_format )(const struct audio_stream * stream)
int(* set_format )(struct audio_stream * stream、audio_format_t format)
int(*スタンバイ)(struct audio_stream * stream)
int(*ダンプ)(const struct audio_stream * stream、int fd)
audio_devices_t(* get_device )(const struct audio_stream * stream)
int(* set_device )(struct audio_stream * stream、audio_devices_t device)
int(* set_parameters )(struct audio_stream * stream、const char * kv_pairs)
char *(* get_parameters )(const struct audio_stream * stream、const char * keys)
int(* add_audio_effect )(const struct audio_stream * stream、 effect_handle_t effect)
int(* remove_audio_effect )(const struct audio_stream * stream、 effect_handle_t effect)

詳細な説明

ファイルaudio.h170行で定義されています。

フィールドドキュメント

int(* add_audio_effect)(const struct audio_stream * stream、 effect_handle_t effect)

ファイルaudio.h246行で定義されています。

int(* dump)(const struct audio_stream * stream、int fd)

オーディオ入力/出力デバイスの状態をダンプします

ファイルaudio.h212行で定義されています。

size_t(* get_buffer_size)(const struct audio_stream * stream)

このストリームの入力/出力バッファのサイズをバイト単位で返します-例: 4800。フレームサイズの倍数である必要があります。 get_input_buffer_sizeも参照してください。

ファイルaudio.h186行で定義されています。

audio_channel_mask_t(* get_channels)(const struct audio_stream * stream)

チャネルマスクを返します-例:AUDIO_CHANNEL_OUT_STEREOまたはAUDIO_CHANNEL_IN_STEREO

ファイルaudio.h192行で定義されています。

audio_devices_t(* get_device)(const struct audio_stream * stream)

このストリームが接続されているデバイスのセットを返します

ファイルaudio.h215行で定義されています。

audio_format_t(* get_format)(const struct audio_stream * stream)

オーディオ形式を返します-例:AUDIO_FORMAT_PCM_16_BIT

ファイルaudio.h197行で定義されています。

char *(* get_parameters)(const struct audio_stream * stream、const char * keys)

ファイルaudio.h244行で定義されています。

uint32_t(* get_sample_rate)(const struct audio_stream * stream)

サンプリングレートをHzで返します-例: 44100。

ファイルaudio.h175行で定義されています。

int(* remove_audio_effect)(const struct audio_stream * stream、 effect_handle_t effect)

ファイルaudio.h248行で定義されています。

int(* set_device)(struct audio_stream * stream、audio_devices_t device)

現在未使用-set_device()は、入力と出力の両方にキーAUDIO_PARAMETER_STREAM_ROUTINGを持つset_parameters ()に対応します。 AUDIO_PARAMETER_STREAM_INPUT_SOURCEは、入力ストリームでのみ使用される追加情報です。

ファイルaudio.h223行で定義されています。

int(* set_format)(struct audio_stream * stream、audio_format_t format)

ファイルaudio.h202行で定義されています。

int(* set_parameters)(struct audio_stream * stream、const char * kv_pairs)

オーディオストリームパラメータを設定/取得します。この関数は、次の形式のパラメーターキーと値のペアのリストを受け入れます。key1= value1; key2 = value2; .. ..

一部のキーは標準パラメーター用に予約されています(AudioParameterクラスを参照)。

出力がアクティブなときに実装がパラメーターの変更を受け入れないが、パラメーターが受け入れられる場合は、-ENOSYSを返す必要があります。

オーディオフリンガーはストリームをスタンバイ状態にしてから、パラメーター値を変更します。

ファイルaudio.h238行で定義されています。

int(* set_sample_rate)(struct audio_stream * stream、uint32_t rate)

ファイルaudio.h180行で定義されています。

int(*スタンバイ)( structaudio_stream * stream)

オーディオハードウェアの入出力をスタンバイモードにします。ドライバーは、次のI/O操作でスタンバイモードを終了する必要があります。成功した場合は0を返し、失敗した場合は<0を返します。

ファイルaudio.h209行で定義されています。


この構造体のドキュメントは、次のファイルから生成されました。
  • ハードウェア/libhardware/ include / hardware / audio.h