Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

bt_os_callouts_t構造体リファレンス

bt_os_callouts_t構造体リファレンス

#include < bluetooth.h >

データフィールド

size_tサイズ
set_wake_alarm_callout set_wake_alarm
取得_wake_lock_callout Acquisition_wake_lock
release_wake_lock_callout release_wake_lock

詳細な説明

ウェイクアラームを設定し、ウェイクロックを取得するためにbluedroidが必要とする一連の機能。この構造体は、| set_os_callouts |を介してスタックに渡されます。 | bt_interface_t |の関数。

bluetooth.hファイルの427行で定義されています。

フィールドドキュメント

取得_wake_lock_calloutacquire_wake_lock

bluetooth.hファイルの432行で定義されています。

release_wake_lock_callout release_wake_lock

bluetooth.hファイルの433行で定義されています。

set_wake_alarm_callout set_wake_alarm

bluetooth.hファイルの431行で定義されています。

size_tサイズ

bluetooth.hファイルの429行で定義されています。


この構造体のドキュメントは、次のファイルから生成されました。
  • ハードウェア/ libhardware /含める/ハードウェア/ bluetooth.h