Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

btgatt_filt_param_setup_t構造体リファレンス

btgatt_filt_param_setup_t構造体リファレンス

#include < bt_gatt_client.h >

データフィールド

uint8_t client_if
uint8_tアクション
uint8_t filt_index
uint16_t feat_seln
uint16_t list_logic_type
uint8_t filt_logic_type
uint8_t rssi_high_thres
uint8_t rssi_low_thres
uint8_t dely_mode
uint16_t found_timeout
uint16_t lost_timeout
uint8_t found_timeout_cnt
uint16_t num_of_tracking_entries

詳細な説明

ファイルbt_gatt_client.h71行で定義されています。

フィールドドキュメント

uint8_tアクション

ファイルbt_gatt_client.h74行で定義されています。

uint8_t client_if

ファイルbt_gatt_client.h73行で定義されています。

uint8_t dely_mode

ファイルbt_gatt_client.h81行で定義されています。

uint16_t feat_seln

ファイルbt_gatt_client.h76行で定義されています。

uint8_t filt_index

ファイルbt_gatt_client.h75行で定義されています。

uint8_t filt_logic_type

ファイルbt_gatt_client.h78行で定義されています。

uint16_t found_timeout

ファイルbt_gatt_client.h82行で定義されています。

uint8_t found_timeout_cnt

ファイルbt_gatt_client.h84行で定義されています。

uint16_t list_logic_type

ファイルbt_gatt_client.h77行で定義されています。

uint16_t lost_timeout

ファイルbt_gatt_client.h83行で定義されています。

uint16_t num_of_tracking_entries

ファイルbt_gatt_client.h85行で定義されています。

uint8_t rssi_high_thres

ファイルbt_gatt_client.h79行で定義されています。

uint8_t rssi_low_thres

ファイルbt_gatt_client.h80行で定義されています。


この構造体のドキュメントは、次のファイルから生成されました。