Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

camera2_jpeg_blob構造体リファレンス

camera2_jpeg_blob構造体リファレンス

#include < camera2.h >

データフィールド

uint16_t jpeg_blob_id
uint32_t jpeg_size

詳細な説明

出力ストリーム内の圧縮JPEGバッファのトランスポートヘッダー。

JPEG画像をキャプチャするには、ピクセル形式HAL_PIXEL_FORMAT_BLOBを使用してストリームを作成し、静的メタデータフィールドandroid.jpeg.maxSizeをバッファーサイズとして使用します。圧縮されたJPEG画像は可変サイズであるため、HALは、この構造を使用して圧縮画像の最終サイズを出力ストリームバッファ内に含める必要があります。 JPEGブロブIDフィールドはCAMERA2_JPEG_BLOB_IDに設定する必要があります。

トランスポートヘッダーは、JPEG出力ストリームバッファの最後にある必要があります。つまり、jpeg_blob_idはbyte [android.jpeg.maxSize --sizeof(camera2_jpeg_blob)]から開始する必要があります。このトランスポートヘッダーを使用するHALは、android.jpeg.maxSizeでそれを考慮する必要があります。 JPEGデータ自体はbyte [0]で始まり、jpeg_sizeバイトの長さである必要があります。

ファイルcamera2.hの146行で定義されています。

フィールドドキュメント

uint16_t jpeg_blob_id

ファイルcamera2.hの147行で定義されています。

uint32_t jpeg_size

ファイルcamera2.hの148行で定義されています。


この構造体のドキュメントは、次のファイルから生成されました。