Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

camera3_stream_configuration構造体リファレンス

camera3_stream_configuration構造体リファレンス

#include < camera3.h >

データフィールド

uint32_t num_streams
camera3_stream_t ** ストリーム
uint32_t 動作モード

詳細な説明

camera3_stream_configuration_t:

configure_streams()によって使用されるストリーム定義の構造。この構造は、現在のカメラのユースケースのすべての出力ストリームと再処理入力ストリームを定義します。

ファイルcamera3.hの1688行で定義されています。

フィールドドキュメント

uint32_t num_streams

フレームワークによって要求されたストリームの総数。これには、入力ストリームと出力ストリームの両方が含まれます。ストリームの数は少なくとも1であり、少なくとも1つの出力可能なストリームがあります。

ファイルcamera3.hの1694行で定義されています。

uint32_t operation_mode

> = CAMERA_DEVICE_API_VERSION_3_3:

この構成でのストリームの動作モード。camera3_stream_configuration_mode_tで定義されている値の1つです。 HALは、このモードをインジケーターとして使用して、ストリームプロパティ(例:camera3_stream-> max_buffers)を適切に設定できます。たとえば、構成がCAMERA3_STREAM_CONFIGURATION_CONSTRAINED_HIGH_SPEED_MODEの場合、HALはバッチモード操作用にさらに多くのバッファーを確保したい場合があります(バッチモードの定義については、android.control.availableHighSpeedVideoConfigurationsを参照してください)。

ファイルcamera3.hの1722行で定義されています。

camera3_stream_t **ストリーム

カメラHALデバイスの入力/出力構成を定義するカメラストリームポインターの配列。

1つの構成で、最大1つの入力可能なストリーム(INPUTまたはBIDIRECTIONAL)を定義できます。

少なくとも1つの出力可能なストリームを定義する必要があります(OUTPUTまたはBIDIRECTIONAL)。

ファイルcamera3.hの1706行で定義されています。


この構造体のドキュメントは、次のファイルから生成されました。