Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

effect_interface_s構造体リファレンス

effect_interface_s構造体リファレンス

#include < audio_effect.h >

データフィールド

int32_t(* process )( effect_handle_t self、 audio_buffer_t * inBuffer、 audio_buffer_t * outBuffer)
int32_t(*コマンド)( effect_handle_t self、uint32_t cmdCode、uint32_t cmdSize、void * pCmdData、uint32_t * replySize、void * pReplyData)
int32_t(* get_descriptor )( effect_handle_t self、 effect_descriptor_t * pDescriptor)
int32_t(* process_reverse )( effect_handle_t self、 audio_buffer_t * inBuffer、 audio_buffer_t * outBuffer)

詳細な説明

ファイルaudio_effect.h286行で定義されています。

フィールドドキュメント

int32_t(*コマンド)( effect_handle_t self、uint32_t cmdCode、uint32_t cmdSize、void * pCmdData、uint32_t * replySize、void * pReplyData)

ファイルaudio_effect.h356行で定義されています。

int32_t(* get_descriptor)( effect_handle_t self、 effect_descriptor_t * pDescriptor)

ファイルaudio_effect.h381行で定義されています。

int32_t(* process)( effect_handle_t self、 audio_buffer_t * inBuffer、 audio_buffer_t * outBuffer)

ファイルaudio_effect.h322行で定義されています。

int32_t(* process_reverse)( effect_handle_t self、 audio_buffer_t * inBuffer、 audio_buffer_t * outBuffer)

ファイルaudio_effect.h411行で定義されています。


この構造体のドキュメントは、次のファイルから生成されました。