Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

Sensor_t構造体リファレンス

Sensor_t構造体リファレンス

#include < sensors.h >

データフィールド

const char *名前
const char *ベンダー
intバージョン
int扱う
intタイプ
浮くmaxRange
浮く解像度
浮くパワー
int32_t minDelay
uint32_t fifoReservedEventCount
uint32_t fifoMaxEventCount
const char * stringType
const char * requiredPermission
int32_t maxDelay
uint32_tフラグ
空所 *予約済み[2]

詳細な説明

ファイルsensors.h1172行で定義されています。

フィールドドキュメント

uint32_t fifoMaxEventCount

ファイルsensors.h1226行で定義されています。

uint32_t fifoReservedEventCount

ファイルsensors.h1220行で定義されています。

uint32_tフラグ

ファイルsensors.h1273行で定義されています。

intハンドル

ファイルsensors.h1192行で定義されています。

int32_t maxDelay

ファイルsensors.h1263行で定義されています。

float maxRange

ファイルsensors.h1198行で定義されています。

int32_t minDelay

ファイルsensors.h1213行で定義されています。

constchar*名

ファイルsensors.h1177行で定義されています。

フロートパワー

ファイルsensors.h1204行で定義されています。

const char * requiredPermission

ファイルsensors.h1245行で定義されています。

void * reserved [2]

ファイルsensors.h1277行で定義されています。

フロート解像度

ファイルsensors.h1201行で定義されています。

const char * stringType

ファイルsensors.h1236行で定義されています。

int型

ファイルsensors.h1195行で定義されています。

constchar*ベンダー

ファイルsensors.h1180行で定義されています。

intバージョン

ファイルsensors.h1187行で定義されています。


この構造体のドキュメントは、次のファイルから生成されました。
  • ハードウェア/libhardware/ include / hardware / Sensors.h