コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

コマンドオプション

public class CommandOptions
extends Object implements ICommandOptions

java.lang.Object
com.android.tradefed.command.CommandOptions


ICommandOptionsの実装。

概要

田畑

public static final String DRY_RUN_OPTION

public static final String ENABLE_SANDBOX_TEST_MODE

public static final String INVOCATION_DATA

public static final String NOISY_DRY_RUN_OPTION

public static final String TEST_TAG_OPTION

public static final String USE_REMOTE_SANDBOX

public static final String USE_SANDBOX

パブリック コンストラクター

CommandOptions ()

公開メソッド

boolean captureLogcatOnFailure ()

テスト ケースの失敗時に logcat をキャプチャするかどうか

boolean captureScreenshotOnFailure ()

テスト ケースの失敗時にスクリーンショットをキャプチャするかどうか

ICommandOptions clone ()
boolean delegatedEarlyDeviceRelease ()

委任モードでデバイスを早期に解放するかどうか。

boolean earlyDeviceRelease ()

デバイスの使用が終了したら、デバイスを早期に解放するかどうか。

boolean filterPreviousPassedTests ()

以前の試行から以前に合格したテスト ケースをフィルター処理するかどうか。

getAutoLogCollectors ()

呼び出しのために追加される一連の自動ログ コレクターを返します

getDynamicDownloadArgs ()

動的ダウンロード クエリに渡す引数のマップを返します。

int getExtraRemotePostsubmitInstance ()

postsubmit でリモート VM で追加のインスタンスを開始するかどうか。

String getHostLogSuffix ()

Tradefed host_log に追加する接尾辞を返すか、接頭辞がない場合は null を返します。

UniqueMultiMap <String, String> getInvocationData ()

それを記述するために呼び出しに渡されたデータを返します

long getInvocationTimeout ()

指定された呼び出しタイムアウトを返します。

long getLoopTime ()

このコマンドを再スケジュールする前に待機する時間を取得します。

long getMaxLoopCount ()

コマンドをスケジュールする最大回数を返します。

Integer getMultiDeviceCount ()

マルチデバイス テストのデバイス数を返します。

boolean getOptimizeMainlineTest ()

メインライン テスト用にテスト モジュールのリストを最適化する必要がある場合は true を返します。

Duration getParallelSetupTimeout ()

並列セットアップ中に使用するタイムアウトを返します。

getRemoteFiles ()

設定されたリモート ファイルのリストを返します。

Integer getShardCount ()

コマンドの合計シャード数を返します。

Integer getShardIndex ()

コマンドのシャード インデックスを返します。

String getTestTag ()

呼び出しのテスト タグを返します。

String getTestTagSuffix ()

1 つのテストのいくつかのバリアントを表すために、test-tag に追加された test-tag サフィックスを返します。

boolean isConditionalBugreportDisabled ()

条件付きバグレポートが無効になっているかどうかを返します

boolean isDryRunMode ()

必要な場合はtrueを返しますスキップこのコマンドをキューに追加します。

boolean isFullHelpMode ()

完全な詳細ヘルプ モードが要求された場合はtrueを返します

boolean isHelpMode ()

省略ヘルプ モードが要求された場合はtrueを返します

boolean isLoopMode ()

構成のループ モードを返します。

boolean isNoisyDryRunMode ()

コマンドを実行する前にコンソールに出力する必要がある場合はtrueを返します。スキップキューに追加します。

boolean isTracingEnabled ()

呼び出しトレースが有効かどうかを返します。

boolean reportInvocationComplete ()

invocationComplete までログを報告するかどうか。

boolean reportPassedTests ()

合格したテスト ケースを報告するかどうか。

boolean reportTestCaseCount ()

テスト タイプごとのテスト ケースの数を報告するかどうか。

reportingTags ()

呼び出しに関連するレポートに使用されるタグのリスト。

boolean runOnAllDevices ()

コマンドをすべてのデバイスで実行する必要がある場合は true を返します。

void setAutoLogCollectors ( autoLogCollectors) setAutoLogCollectors ( autoLogCollectors)

呼び出しに追加する必要がある一連の自動ログ コレクターを設定します。

void setBugreportOnInvocationEnded (boolean takeBugreport)

呼び出しの最後にバグレポートを取得するかどうかを設定します。

void setBugreportzOnInvocationEnded (boolean takeBugreportz)

呼び出しの最後に bugreportz をキャプチャするかどうかを設定します。

void setDelegatedEarlyDeviceRelease (boolean earlyRelease)

委任モードでデバイスを早期に解放するかどうかを設定します。

void setHostLogSuffix (String suffix)

Tradefed host_log に追加するサフィックスを設定します。

void setInvocationTimeout (Long invocationTimeout)

呼び出しタイムアウトを設定します。

void setLoopMode (boolean loopMode)

構成のループ モードを設定します。

void setMultiDeviceCount (int count)

マルチデバイス テストで予想されるデバイスの数を設定します。

void setReplicateSetup (boolean replicate)

複製セットアップを使用するかどうかを設定します。

void setReportInvocationComplete (boolean reportInvocationCompleteLogs)

invocationComplete までログを報告するかどうかを設定します

void setReportTestCaseCount (boolean report)

テスト タイプごとにテスト ケース数を報告するかどうかを設定します。

void setShardCount (Integer shardCount)

コマンドのシャード数を設定します。

void setShardIndex (Integer shardIndex)

コマンドのシャード インデックスを設定します。

void setShouldUseSandboxing (boolean use)

TF コンテナを使用するかどうかを設定します

void setTestTag (String testTag)

呼び出しのテスト タグを設定します。

void setUseSandboxTestMode (boolean use)

TF サンドボックス テスト モードを使用するかどうかを設定します。

boolean shouldDisableInvocationSetupAndTeardown ()

呼び出し前のセットアップと呼び出し後のティアダウンを無効にするかどうか。

boolean shouldReportModuleProgression ()

モジュール レベルでのリモート呼び出しの進行状況を報告するかどうか。

boolean shouldUseDynamicSharding ()

動的シャーディングを使用するかどうかを返します

boolean shouldUseParallelRemoteSetup ()

リモート デバイスの並列セットアップを試行するかどうか。

boolean shouldUseParallelSetup ()

並列セットアップを試みるかどうか。

boolean shouldUseRemoteSandboxMode ()

リモート呼び出しでサンドボックス モードを使用するかどうか。

boolean shouldUseReplicateSetup ()

すべてのリモート デバイスにレプリケートされたセットアップを使用するかどうか。

boolean shouldUseSandboxTestMode ()

テスト モードで Tf サンドボックスを使用する必要がある場合は true を返します。

boolean shouldUseSandboxing ()

呼び出しを実行するために Tf コンテナを使用する必要がある場合は true を返します

boolean shouldUseTokenSharding ()

シャーディングでトークン サポートを使用するかどうか。

boolean takeBugreportOnInvocationEnded ()

テストの呼び出しが終了したときにバグレポートを取得する必要がある場合は、true を返します。

boolean takeBugreportzOnInvocationEnded ()

テスト呼び出しの最後のバグレポート中に、バグレポートの代わりにバグレポートz を取得する必要がある場合は、true を返します。

田畑

DRY_RUN_OPTION

public static final String DRY_RUN_OPTION

ENABLE_SANDBOX_TEST_MODE

public static final String ENABLE_SANDBOX_TEST_MODE

INVOCATION_DATA

public static final String INVOCATION_DATA

NOISY_DRY_RUN_OPTION

public static final String NOISY_DRY_RUN_OPTION

TEST_TAG_OPTION

public static final String TEST_TAG_OPTION

USE_REMOTE_SANDBOX

public static final String USE_REMOTE_SANDBOX

USE_SANDBOX

public static final String USE_SANDBOX

パブリック コンストラクター

コマンドオプション

public CommandOptions ()

公開メソッド

captureLogcatOnFailure

public boolean captureLogcatOnFailure ()

テスト ケースの失敗時に logcat をキャプチャするかどうか

戻り値
boolean

captureScreenshotOnFailure

public boolean captureScreenshotOnFailure ()

テスト ケースの失敗時にスクリーンショットをキャプチャするかどうか

戻り値
boolean

クローン

public ICommandOptions clone ()

戻り値
ICommandOptions

delegatedEarlyDeviceRelease

public boolean delegatedEarlyDeviceRelease ()

委任モードでデバイスを早期に解放するかどうか。

戻り値
boolean

EarlyDeviceRelease

public boolean earlyDeviceRelease ()

デバイスの使用が終了したら、デバイスを早期に解放するかどうか。

戻り値
boolean

filterPreviousPassedTests

public boolean filterPreviousPassedTests ()

以前の試行から以前に合格したテスト ケースをフィルター処理するかどうか。

戻り値
boolean

getAutoLogCollectors

public  getAutoLogCollectors ()

呼び出しのために追加される一連の自動ログ コレクターを返します

戻り値

getDynamicDownloadArgs

public  getDynamicDownloadArgs ()

動的ダウンロード クエリに渡す引数のマップを返します。

戻り値

getExtraRemotePostsubmitInstance

public int getExtraRemotePostsubmitInstance ()

postsubmit でリモート VM で追加のインスタンスを開始するかどうか。

戻り値
int

getHostLogSuffix

public String getHostLogSuffix ()

Tradefed host_log に追加する接尾辞を返すか、接頭辞がない場合は null を返します。

戻り値
String

getInvocationData

public UniqueMultiMap<String, String> getInvocationData ()

それを記述するために呼び出しに渡されたデータを返します

戻り値
UniqueMultiMap <String, String>

getInvocationTimeout

public long getInvocationTimeout ()

指定された呼び出しタイムアウトを返します。タイムアウトを使用しない場合は 0。

戻り値
long

getLoopTime

public long getLoopTime ()

このコマンドを再スケジュールする前に待機する時間を取得します。

戻り値
long時間 (ミリ秒)

getMaxLoopCount

public long getMaxLoopCount ()

コマンドをスケジュールする最大回数を返します。 isLoopMode が false の場合は効果がありません。

戻り値
long

getMultiDeviceCount

public Integer getMultiDeviceCount ()

マルチデバイス テストのデバイス数を返します。

戻り値
Integer

getOptimizeMainlineTest

public boolean getOptimizeMainlineTest ()

メインライン テスト用にテスト モジュールのリストを最適化する必要がある場合は true を返します。

戻り値
boolean

getParallelSetupTimeout

public Duration getParallelSetupTimeout ()

並列セットアップ中に使用するタイムアウトを返します。

戻り値
Duration

getRemoteFiles

public  getRemoteFiles ()

設定されたリモート ファイルのリストを返します。

戻り値

getShardCount

public Integer getShardCount ()

コマンドの合計シャード数を返します。

戻り値
Integer

getShardIndex

public Integer getShardIndex ()

コマンドのシャード インデックスを返します。

戻り値
Integer

getTestTag

public String getTestTag ()

呼び出しのテスト タグを返します。指定されていない場合、デフォルトは「stub」です。

戻り値
String

getTestTagSuffix

public String getTestTagSuffix ()

1 つのテストのいくつかのバリアントを表すために、test-tag に追加された test-tag サフィックスを返します。

戻り値
String

isConditionalBugreportDisabled

public boolean isConditionalBugreportDisabled ()

条件付きバグレポートが無効になっているかどうかを返します

戻り値
boolean

isDryRunMode

public boolean isDryRunMode ()

必要な場合はtrueを返しますスキップこのコマンドをキューに追加します。

戻り値
boolean

isFullHelpMode

public boolean isFullHelpMode ()

完全な詳細ヘルプ モードが要求された場合はtrueを返します

戻り値
boolean

isHelpMode

public boolean isHelpMode ()

省略ヘルプ モードが要求された場合はtrueを返します

戻り値
boolean

isLoopMode

public boolean isLoopMode ()

構成のループ モードを返します。

戻り値
boolean

isNoisyDryRunMode

public boolean isNoisyDryRunMode ()

コマンドを実行する前にコンソールに出力する必要がある場合はtrueを返します。スキップキューに追加します。

戻り値
boolean

isTracingEnabled

public boolean isTracingEnabled ()

呼び出しトレースが有効かどうかを返します。

戻り値
boolean

reportInvocationComplete

public boolean reportInvocationComplete ()

invocationComplete までログを報告するかどうか。

戻り値
boolean

reportPassedTests

public boolean reportPassedTests ()

合格したテスト ケースを報告するかどうか。

戻り値
boolean

reportTestCaseCount

public boolean reportTestCaseCount ()

テスト タイプごとのテスト ケースの数を報告するかどうか。

戻り値
boolean

レポートタグ

public  reportingTags ()

呼び出しに関連するレポートに使用されるタグのリスト。

戻り値

runOnAllDevices

public boolean runOnAllDevices ()

コマンドをすべてのデバイスで実行する必要がある場合は true を返します。

戻り値
boolean

setAutoLogCollectors

public void setAutoLogCollectors ( autoLogCollectors)

呼び出しに追加する必要がある一連の自動ログ コレクターを設定します。

パラメーター
autoLogCollectors

setBugreportOnInvocationEnded

public void setBugreportOnInvocationEnded (boolean takeBugreport)

呼び出しの最後にバグレポートを取得するかどうかを設定します。

パラメーター
takeBugreport boolean

setBugreportzOnInvocationEnded

public void setBugreportzOnInvocationEnded (boolean takeBugreportz)

呼び出しの最後に bugreportz をキャプチャするかどうかを設定します。

パラメーター
takeBugreportz boolean

setDelegatedEarlyDeviceRelease

public void setDelegatedEarlyDeviceRelease (boolean earlyRelease)

委任モードでデバイスを早期に解放するかどうかを設定します。

パラメーター
earlyRelease boolean

setHostLogSuffix

public void setHostLogSuffix (String suffix)

Tradefed host_log に追加するサフィックスを設定します。

パラメーター
suffix String

setInvocationTimeout

public void setInvocationTimeout (Long invocationTimeout)

呼び出しタイムアウトを設定します。タイムアウトを使用しない場合は 0。

パラメーター
invocationTimeout Long

setLoopMode

public void setLoopMode (boolean loopMode)

構成のループ モードを設定します。

setMultiDeviceCount

public void setMultiDeviceCount (int count)

マルチデバイス テストで予想されるデバイスの数を設定します。

パラメーター
count int

setReplicateSetup

public void setReplicateSetup (boolean replicate)

複製セットアップを使用するかどうかを設定します。

パラメーター
replicate boolean

setReportInvocationComplete

public void setReportInvocationComplete (boolean reportInvocationCompleteLogs)

invocationComplete までログを報告するかどうかを設定します

パラメーター
reportInvocationCompleteLogs boolean

setReportTestCaseCount

public void setReportTestCaseCount (boolean report)

テスト タイプごとにテスト ケース数を報告するかどうかを設定します。

パラメーター
report boolean

setShardCount

public void setShardCount (Integer shardCount)

コマンドのシャード数を設定します。

パラメーター
shardCount Integer

setShardIndex

public void setShardIndex (Integer shardIndex)

コマンドのシャード インデックスを設定します。

パラメーター
shardIndex Integer

setShouldUseSandboxing

public void setShouldUseSandboxing (boolean use)

TF コンテナを使用するかどうかを設定します

パラメーター
use boolean

setTestTag

public void setTestTag (String testTag)

呼び出しのテスト タグを設定します。

setUseSandboxTestMode

public void setUseSandboxTestMode (boolean use)

TF サンドボックス テスト モードを使用するかどうかを設定します。

パラメーター
use boolean

shouldDisableInvocationSetupAndTeardown

public boolean shouldDisableInvocationSetupAndTeardown ()

呼び出し前のセットアップと呼び出し後のティアダウンを無効にするかどうか。

戻り値
boolean

shouldReportModuleProgression

public boolean shouldReportModuleProgression ()

モジュール レベルでのリモート呼び出しの進行状況を報告するかどうか。

戻り値
boolean

shouldUseDynamicSharding

public boolean shouldUseDynamicSharding ()

動的シャーディングを使用するかどうかを返します

戻り値
boolean

shouldUseParallelRemoteSetup

public boolean shouldUseParallelRemoteSetup ()

リモート デバイスの並列セットアップを試行するかどうか。

戻り値
boolean

shouldUseParallelSetup

public boolean shouldUseParallelSetup ()

並列セットアップを試みるかどうか。

戻り値
boolean

shouldUseRemoteSandboxMode

public boolean shouldUseRemoteSandboxMode ()

リモート呼び出しでサンドボックス モードを使用するかどうか。

戻り値
boolean

shouldUseReplicateSetup

public boolean shouldUseReplicateSetup ()

すべてのリモート デバイスにレプリケートされたセットアップを使用するかどうか。

戻り値
boolean

shouldUseSandboxTestMode

public boolean shouldUseSandboxTestMode ()

テスト モードで Tf サンドボックスを使用する必要がある場合は true を返します。

戻り値
boolean

サンドボックスを使用する必要があります

public boolean shouldUseSandboxing ()

呼び出しを実行するために Tf コンテナを使用する必要がある場合は true を返します

戻り値
boolean

shouldUseTokenSharding

public boolean shouldUseTokenSharding ()

シャーディングでトークン サポートを使用するかどうか。

戻り値
boolean

takeBugreportOnInvocationEnded

public boolean takeBugreportOnInvocationEnded ()

テストの呼び出しが終了したときにバグレポートを取得する必要がある場合は、true を返します。

戻り値
boolean

takeBugreportzOnInvocationEnded

public boolean takeBugreportzOnInvocationEnded ()

テスト呼び出しの最後のバグレポート中に、バグレポートの代わりにバグレポートz を取得する必要がある場合は、true を返します。

戻り値
boolean