Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

OptionClass

public abstract @interface OptionClass
implements Annotation

com.android.tradefed.config.OptionClass


IConfigurationオブジェクトを表すものとしてクラスに注釈を付けます。

概要

パブリックメソッド

String alias ()

この構成オブジェクトのオプションの記述エイリアス。

boolean global_namespace ()

このOptionをグローバルオプション名前空間に追加するかどうか。

パブリックメソッド

エイリアス

public String alias ()

この構成オブジェクトのオプションの記述エイリアス。

このエイリアスは現在、次の2つの目的で使用されます。

  • オプションの分類に役立つように、ヘルプ出力に表示されます
  • 特定のOption#name()が構成オブジェクト間で一意でない場合に、 Optionコマンドライン引数の名前空間に使用できます。名前空間にOptionコマンドライン引数を指定するには、次の形式を使用します。

    '-[OptionClassエイリアス]:[オプション名]'。

戻り値
String

global_namespace

public boolean global_namespace ()

このOptionをグローバルオプション名前空間に追加するかどうか。

true (デフォルト)の場合、このオプションを名前だけで指定できます--- --[Option name]false場合、このクラスにOptionを使用するには、エイリアスまたは別の特定の名前空間(完全なクラス名など)を指定する必要があります--[OptionClass alias]:[Option name]は機能しますが、 --[Option name]Option解決されません。

FIXME:グローバルFIXME:名前空間にないクラス/フィールドを区別するためにドキュメントメソッドを更新します

戻り値
boolean