Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

BackgroundDeviceAction

public class BackgroundDeviceAction
extends Object

java.lang.Object
com.android.tradefed.device.BackgroundDeviceAction


アクションがキャンセルされるまで、必要に応じて繰り返し、指定されたデバイスでコマンドを実行します。

クラスが実行されると、コマンドはデバイス上で別のスレッドで実行され、出力は一時的なホストファイルに収集されます。

これは次のように行われます:

  • テスト中にデバイスが永続的にオフラインになった場合、ログデータは保持されます。
  • デバイスの循環ログに収まりきらないデータをキャプチャするため。

概要

田畑

public static final String BACKGROUND_DEVICE_ACTION

パブリックコンストラクター

BackgroundDeviceAction (String command, String descriptor, ITestDevice device, IShellOutputReceiver receiver, int startDelay)

BackgroundDeviceAction作成します

パブリックメソッド

void cancel ()

コマンドをキャンセルします。

boolean isCancelled ()

コマンドがキャンセルされた場合。

void run ()

キャンセルされるまでコマンドを繰り返します。

保護されたメソッド

void waitForDeviceRecovery (String exceptionType)

何らかの理由でデバイスがオフラインになると、メインから回復がトリガーされるため、デバイスが回復するか、デバイスが利用できないために呼び出しが失敗するまでブロックする必要があります。

田畑

background_device_action

public static final String BACKGROUND_DEVICE_ACTION

パブリックコンストラクター

BackgroundDeviceAction

public BackgroundDeviceAction (String command, 
                String descriptor, 
                ITestDevice device, 
                IShellOutputReceiver receiver, 
                int startDelay)

BackgroundDeviceAction作成します

パラメーター
command String :実行するコマンド

descriptor String :コマンドの説明。ロギングのみ。

device ITestDevice :コマンドを実行するデバイス

receiver IShellOutputReceiver :コマンドの出力を収集するためのレシーバー

startDelay int :デバイスがオンラインになった後に待機する遅延

パブリックメソッド

キャンセル

public void cancel ()

コマンドをキャンセルします。

isCancelled

public boolean isCancelled ()

コマンドがキャンセルされた場合。

戻り値
boolean

走る

public void run ()

キャンセルされるまでコマンドを繰り返します。

保護されたメソッド

waitForDeviceRecovery

protected void waitForDeviceRecovery (String exceptionType)

何らかの理由でデバイスがオフラインになると、メインから回復がトリガーされるため、デバイスが回復するか、デバイスが利用できないために呼び出しが失敗するまでブロックする必要があります。