コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

RemoteAndroidVirtualDevice

public class RemoteAndroidVirtualDevice
RemoteAndroidDevice をextends RemoteAndroidDevice implements ITestLoggerReceiver

java.lang.Object
com.android.tradefed.device.NativeDevice
com.android.tradefed.device.TestDevice
com.android.tradefed.device.RemoteAndroidDevice
com.android.tradefed.device.cloud.RemoteAndroidVirtualDevice


Google Compute Engine (Gce) で実行されているフルスタック Android デバイスのRemoteAndroidDevice動作を拡張します。デバイスのシリアルが次の形式になると仮定します: adbで。

概要

パブリック コンストラクター

RemoteAndroidVirtualDevice (IDevice device, IDeviceStateMonitor stateMonitor, IDeviceMonitor allocationMonitor)

RemoteAndroidVirtualDeviceを作成します。

公開メソッド

GceAvdInfo getAvdInfo ()

作成されたリモート VM からGceAvdInfoを返します。

DeviceDescriptor getDeviceDescriptor ()

デバイス情報からDeviceDescriptorを返して、実際のデバイス オブジェクトを渡さずに情報を取得します。

GceSshTunnelMonitor getGceSshMonitor ()

デバイスのGceSshTunnelMonitorを返します。

getTombstones ()

Cuttlefish には、トゥームストーンをリモート ホストに移動して直接取得できる特別な機能があります。

void postBootSetup ()

{@継承}

void postInvocationTearDown (Throwable exception)

呼び出しが完了した後に実行される、デバイス固有の必要なクリーンアップのための追加の手順。

boolean powerwashGce ()

GCE インスタンスのパワーウォッシュを試みる

void preInvocationSetup ( IBuildInfo info, MultiMap <String, String> attributes)

呼び出しフローの前にデバイスで実行されるデバイス固有の必須セットアップの追加手順。

boolean recoverDevice ()

デバイス通信の回復を試みます。

void setAvdInfo ( GceAvdInfo gceAvdInfo)

起動したデバイスのGceAvdInfoを設定します。

void setGceSshMonitor ( GceSshTunnelMonitor gceSshMonitor)

デバイスの内部GceSshTunnelMonitorをオーバーライドします。

void setTestLogger ( ITestLogger testLogger)

ITestLoggerインスタンスを挿入します

保護されたメソッド

void doAdbReboot ( NativeDevice.RebootMode rebootMode, String reason)

adb 再起動を実行します。

long getCurrentTime ()

現在のシステム時刻を返します。

void launchGce ( IBuildInfo buildInfo, MultiMap <String, String> attributes)

ビルド情報に基づいて実際の gce デバイスを起動します。

void postAdbReboot ()

再起動後に実行できる追加のアクション。

void waitForTunnelOnline (long waitTime)

トンネル モニタが実行されているかどうかを確認します。

パブリック コンストラクター

RemoteAndroidVirtualDevice

public RemoteAndroidVirtualDevice (IDevice device, 
                IDeviceStateMonitor stateMonitor, 
                IDeviceMonitor allocationMonitor)

RemoteAndroidVirtualDeviceを作成します。

パラメーター
device IDevice : 関連するIDevice

stateMonitor IDeviceStateMonitor : 使用するIDeviceStateMonitorメカニズム

allocationMonitor IDeviceMonitor : 割り当て状態の変更を通知するIDeviceMonitor

公開メソッド

getAvdInfo

public GceAvdInfo getAvdInfo ()

作成されたリモート VM からGceAvdInfoを返します。起動に失敗した場合は null を返します。

戻り値
GceAvdInfo

getDeviceDescriptor

public DeviceDescriptor getDeviceDescriptor ()

デバイス情報からDeviceDescriptorを返して、実際のデバイス オブジェクトを渡さずに情報を取得します。

戻り値
DeviceDescriptor

getGceSshMonitor

public GceSshTunnelMonitor getGceSshMonitor ()

デバイスのGceSshTunnelMonitorを返します。

戻り値
GceSshTunnelMonitor

getTombstones

public  getTombstones ()

Cuttlefish には、トゥームストーンをリモート ホストに移動して直接取得できる特別な機能があります。

戻り値
トゥームストーン ファイルのリスト。トゥームストーンがない場合は空です。

スロー
DeviceNotAvailableException

postBootSetup

public void postBootSetup ()

{@継承}

スロー
DeviceNotAvailableException

postInvocationTearDown

public void postInvocationTearDown (Throwable exception)

呼び出しが完了した後に実行される、デバイス固有の必要なクリーンアップのための追加の手順。

パラメーター
exception Throwable : 呼び出しの失敗によって発生した最終的な例外 (存在する場合)。

パワーウォッシュGce

public boolean powerwashGce ()

GCE インスタンスのパワーウォッシュを試みる

戻り値
boolean Powerwash Gce が成功した場合は true を返します。

スロー
com.android.tradefed.targetprep.TargetSetupError
DeviceNotAvailableException
TargetSetupError

preInvocationSetup

public void preInvocationSetup (IBuildInfo info, 
                MultiMap<String, String> attributes)

呼び出しフローの前にデバイスで実行されるデバイス固有の必須セットアップの追加手順。

パラメーター
info IBuildInfo : デバイスのIBuildInfo

attributes MultiMap : 呼び出しコンテキストに格納される属性

スロー
DeviceNotAvailableException
TargetSetupError

回復装置

public boolean recoverDevice ()

デバイス通信の回復を試みます。

戻り値
booleanリカバリが試行されて成功した場合は True、リカバリがスキップされた場合は False を返します

スロー
DeviceNotAvailableException

setAvdInfo

public void setAvdInfo (GceAvdInfo gceAvdInfo)

起動したデバイスのGceAvdInfoを設定します。

パラメーター
gceAvdInfo GceAvdInfo

スロー
TargetSetupError

setGceSshMonitor

public void setGceSshMonitor (GceSshTunnelMonitor gceSshMonitor)

デバイスの内部GceSshTunnelMonitorをオーバーライドします。

パラメーター
gceSshMonitor GceSshTunnelMonitor

setTestLogger

public void setTestLogger (ITestLogger testLogger)

ITestLoggerインスタンスを挿入します

パラメーター
testLogger ITestLogger

保護されたメソッド

doAdbReboot

protected void doAdbReboot (NativeDevice.RebootMode rebootMode, 
                String reason)

adb 再起動を実行します。

パラメーター
rebootMode NativeDevice.RebootMode : この再起動のモード。

reason String : この再起動用。

スロー
DeviceNotAvailableException

getCurrentTime

protected long getCurrentTime ()

現在のシステム時刻を返します。テストのために公開。

戻り値
long

launchGce

protected void launchGce (IBuildInfo buildInfo, 
                MultiMap<String, String> attributes)

ビルド情報に基づいて実際の gce デバイスを起動します。

パラメーター
buildInfo IBuildInfo

attributes MultiMap

スロー
TargetSetupError

postAdbReboot

protected void postAdbReboot ()

再起動後に実行できる追加のアクション。

スロー
DeviceNotAvailableException

waitForTunnelOnline

protected void waitForTunnelOnline (long waitTime)

トンネル モニタが実行されているかどうかを確認します。

パラメーター
waitTime long

スロー
DeviceNotAvailableException