Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

RebootReasonCollector

public class RebootReasonCollector
extends BaseDeviceMetricCollector

java.lang.Object
com.android.tradefed.device.metric.BaseDeviceMetricCollector
com.android.tradefed.device.metric.RebootReasonCollector


テストの実行中にデバイスの再起動を収集し、理由とカウント別にレポートするコレクター。

概要

田畑

public static final String METRIC_PREFIX

パブリックコンストラクター

RebootReasonCollector ()

パブリックメソッド

void onTestRunEnd ( DeviceMetricData runData, currentRunMetrics) onTestRunEnd ( DeviceMetricData runData, currentRunMetrics)

テスト実行が終了したときのコールバック。

void onTestRunStart ( DeviceMetricData runData)

statsd構成を各デバイスにプッシュし、構成IDを保存します。

田畑

METRIC_PREFIX

public static final String METRIC_PREFIX

パブリックコンストラクター

RebootReasonCollector

public RebootReasonCollector ()

パブリックメソッド

onTestRunEnd

public void onTestRunEnd ( DeviceMetricData runData, 
                 currentRunMetrics)

テスト実行が終了したときのコールバック。これはクリーンアップの時間です。

パラメーター
runData DeviceMetricData :実行のデータを保持するDeviceMetricDataonTestRunStart(com.android.tradefed.device.metric.DeviceMetricData)ときと同じオブジェクトになります。

currentRunMetrics ERROR(/#testRunEnded(long,Map))渡されるメトリックの現在のマップ。

onTestRunStart

public void onTestRunStart ( DeviceMetricData runData)

statsd構成を各デバイスにプッシュし、構成IDを保存します。

パラメーター
runData DeviceMetricData :実行のデータを保持するDeviceMetricData