Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

TraceCmdCollector

public class TraceCmdCollector
extends AtraceCollector

java.lang.Object
com.android.tradefed.device.metric.BaseDeviceMetricCollector
com.android.tradefed.device.metric.AtraceCollector
com.android.tradefed.device.metric.TraceCmdCollector


trace-cmdを使用してテスト中にトレースを収集し、それらを呼び出しに記録するIMetricCollector

このトレースコレクターを使用すると、テスト中にUSBを切断できます(電力テストの場合と同様)。

システムのデフォルトツールであるatraceは、このコレクターと連携して使用され、Android固有のsysfsフラグを設定します。

Androidと互換性のあるtrace-cmd(https://git.kernel.org/pub/scm/linux/kernel/git/rostedt/trace-cmd.git)バイナリを指定する必要があります。

これにより、trace-cmdによって生成されたtrace.dat形式(man 5 trace-cmd.datを参照)がアップロードされます。

概要

パブリックコンストラクター

TraceCmdCollector ()

保護されたメソッド

LogDataType getLogType ()
void startTracing ( ITestDevice device)
void stopTracing ( ITestDevice device)

パブリックコンストラクター

TraceCmdCollector

public TraceCmdCollector ()

保護されたメソッド

getLogType

protected LogDataType getLogType ()

戻り値
LogDataType

startTracing

protected void startTracing ( ITestDevice device)

パラメーター
device ITestDevice

stopTracing

protected void stopTracing ( ITestDevice device)

パラメーター
device ITestDevice