Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

InvocationExecution

public class InvocationExecution
extends Object implements IInvocationExecution

java.lang.Object
com.android.tradefed.invoker.InvocationExecution


ダウンロードのビルド、target_prep、テストの実行、クリーンアップなど、すべての呼び出し手順を説明するクラス。一部のステップのデフォルトの動作をオーバーライドするように拡張できます。ステップの順序がによって駆動されるTestInvocation

概要

田畑

public static final String ADB_VERSION_KEY

public static final String JAVA_CLASSPATH_KEY

public static final String JAVA_VERSION_KEY

パブリックコンストラクター

InvocationExecution ()

パブリックメソッド

void cleanUpBuilds (IInvocationContext context, IConfiguration config)

build_providerクリーンアップステップを実行します。

void doCleanUp (IInvocationContext context, IConfiguration config, Throwable exception)

target_preparerおよびmulti_target_preparerのcleanUpステップを実行します。

void doSetup (TestInformation testInfo, IConfiguration config, ITestLogger listener)

target_preparerおよびmulti_target_preparerのsetUpステップを実行します。

void doTeardown (TestInformation testInfo, IConfiguration config, ITestLogger logger, Throwable exception)

target_preparerおよびmulti_target_preparerティアダウンステップを実行します。

boolean fetchBuild (TestInformation testInfo, IConfiguration config, IRescheduler rescheduler, ITestInvocationListener listener)

呼び出しのbuild_providerステップを実行します。

void reportLogs (ITestDevice device, ITestLogger listener, TestInvocation.Stage stage)

呼び出しのさまざまな段階でいくつかのデバイスログを報告します。

void runDevicePostInvocationTearDown (IInvocationContext context, IConfiguration config, Throwable exception)

起動ITestDevice#postInvocationTearDown(Throwable)呼び出しの各装置部分について。

void runDevicePreInvocationSetup (IInvocationContext context, IConfiguration config, ITestLogger logger)

呼び出しERROR(ITestDevice#preInvocationSetup(IBuildInfo)/com.android.tradefed.device.ITestDevice#preInvocationSetup(com.android.tradefed.build.IBuildInfo) ITestDevice#preInvocationSetup(IBuildInfo))呼び出しの各装置部分の。

void runTests (TestInformation info, IConfiguration config, ITestInvocationListener listener)

テストを実行します。

boolean shardConfig ( IConfiguration config, TestInformation testInfo, IRescheduler rescheduler, ITestLogger logger)

構成をサブ構成に分割して、複数のリソースで並行して実行するように再スケジュールしてみてください。

保護されたメソッド

void collectAutoInfo ( IConfiguration config, TestInformation info)

テスト対象のプライマリデバイスに関する情報を自動的に収集します。

IShardHelper createShardHelper ()

リターン作成IShardHelper使用されることを。

void customizeDevicePreInvocation ( IConfiguration config, IInvocationContext context)

preInvocationSetupの前に、デバイスの一部をカスタマイズする機会を与えてください。

String getAdbVersion ()

呼び出しに使用されているadbバージョンを返します。

getPreparersToRun ( IConfiguration config, String deviceName)

このデバイスで実行する作成者のリストを取得します。

void logHostAdb ( IConfiguration config, ITestLogger logger)

$ TMPDIR/adb。$UID.logからログを収集します。

void runPreparersSetup (TestInformation testInfo, IConfiguration config, ITestLogger listener)
Throwable runPreparersTearDown (TestInformation testInfo, ITestDevice device, String deviceName, int deviceIndex, ITestLogger logger, Throwable exception, preparersToRun) runPreparersTearDown (TestInformation testInfo, ITestDevice device, String deviceName, int deviceIndex, ITestLogger logger, Throwable exception, preparersToRun)
void setTestTag (IBuildInfo info, IConfiguration config)

ビルド情報でのテストタグの設定を処理します。

田畑

ADB_VERSION_KEY

public static final String ADB_VERSION_KEY

JAVA_CLASSPATH_KEY

public static final String JAVA_CLASSPATH_KEY

JAVA_VERSION_KEY

public static final String JAVA_VERSION_KEY

パブリックコンストラクター

InvocationExecution

public InvocationExecution ()

パブリックメソッド

cleanUpBuilds

public void cleanUpBuilds (IInvocationContext context, 
                IConfiguration config)

build_providerクリーンアップステップを実行します。ビルドフェッチに関連付けられています。

パラメーター
context IInvocationContextIInvocationContext呼び出しの。

config IConfigurationIConfigurationこのテスト実行の。

doCleanUp

public void doCleanUp (IInvocationContext context, 
                IConfiguration config, 
                Throwable exception)

target_preparerおよびmulti_target_preparerのcleanUpステップを実行します。デバイスはクリーンアップしますか?

パラメーター
context IInvocationContextIInvocationContext呼び出しの。

config IConfigurationIConfigurationこのテスト実行の。

exception Throwable :テスト実行によってスローされた元の例外。

doSetup

public void doSetup (TestInformation testInfo, 
                IConfiguration config, 
                ITestLogger listener)

target_preparerおよびmulti_target_preparerのsetUpステップを実行します。テストの実行に必要なすべてのデバイスのセットアップを行いますか。

パラメーター
testInfo TestInformationTestInformation呼び出しの。

config IConfigurationIConfigurationこのテスト実行の。

listener ITestLoggerITestLoggerセットアップの失敗ログをレポートします。

投げる
BuildError
DeviceNotAvailableException
TargetSetupError

doTeardown

public void doTeardown (TestInformation testInfo, 
                IConfiguration config, 
                ITestLogger logger, 
                Throwable exception)

target_preparerおよびmulti_target_preparerティアダウンステップを実行します。セットアップに関連してデバイスが分解されますか?

パラメーター
testInfo TestInformationTestInformation呼び出しの。

config IConfigurationIConfigurationこのテスト実行の。

logger ITestLoggerITestLoggerログをレポートします。

exception Throwable :テスト実行によってスローされた元の例外。

fetchBuild

public boolean fetchBuild (TestInformation testInfo, 
                IConfiguration config, 
                IRescheduler rescheduler, 
                ITestInvocationListener listener)

呼び出しのbuild_providerステップを実行します。

パラメーター
testInfo TestInformationTestInformation呼び出しの。

config IConfigurationIConfigurationこのテスト実行の。

rescheduler IReschedulerIRescheduler 、他のリソース(単数または複数)上で実行するための呼び出しの部分を再スケジューリングするための

listener ITestInvocationListenerITestInvocationレポートビルドのダウンロードに失敗します。

戻り値
booleanビルドのダウンロードに成功した場合はtrue、それ以外の場合はfalse。

投げる
BuildRetrievalError
DeviceNotAvailableException

reportLogs

public void reportLogs (ITestDevice device, 
                ITestLogger listener, 
                TestInvocation.Stage stage)

呼び出しのさまざまな段階でいくつかのデバイスログを報告します。例:logcat。

パラメーター
device ITestDevice :からログを報告するデバイス。

listener ITestLogger :ログのロガー。

stage TestInvocation.Stage :私たちがしている呼び出しの段階。

runDevicePostInvocationTearDown

public void runDevicePostInvocationTearDown (IInvocationContext context, 
                IConfiguration config, 
                Throwable exception)

起動ITestDevice#postInvocationTearDown(Throwable)呼び出しの各装置部分について。

パラメーター
context IInvocationContextIInvocationContext呼び出しの。

config IConfigurationIConfigurationこのテスト実行の。

exception Throwable :もしあれば、テスト実行によってスローされた元の例外。

runDevicePreInvocationSetup

public void runDevicePreInvocationSetup (IInvocationContext context, 
                IConfiguration config, 
                ITestLogger logger)

呼び出しERROR(ITestDevice#preInvocationSetup(IBuildInfo)/com.android.tradefed.device.ITestDevice#preInvocationSetup(com.android.tradefed.build.IBuildInfo) ITestDevice#preInvocationSetup(IBuildInfo))呼び出しの各装置部分の。

パラメーター
context IInvocationContextIInvocationContext呼び出しの。

config IConfigurationIConfigurationこのテスト実行の。

logger ITestLoggerITestLoggerログをレポートします。

投げる
DeviceNotAvailableException
TargetSetupError

runTests

public void runTests (TestInformation info, 
                IConfiguration config, 
                ITestInvocationListener listener)

テストを実行します。

パラメーター
info TestInformationTestInformationでテストを実行します。

config IConfigurationIConfiguration実行します

listener ITestInvocationListenerITestInvocationListener試験結果の

shardConfig

public boolean shardConfig (IConfiguration config, 
                TestInformation testInfo, 
                IRescheduler rescheduler, 
                ITestLogger logger)

構成をサブ構成に分割して、複数のリソースで並行して実行するように再スケジュールしてみてください。

シャードカウントが1より大きい場合は、シャードインデックスを設定して各シャードの構成を作成し、それらを再スケジュールするだけです。シャード・カウントが設定されていない場合、それはにフォールバックうIShardHelper#shardConfig

パラメーター
config IConfiguration :現在のIConfiguration

testInfo TestInformationTestInformationテストの情報を保持しています。

rescheduler IReschedulerIRescheduler

logger ITestLoggerITestLoggerシャーディング中にファイルを記録するために使用しました。

戻り値
booleanテストがシャーディングされた場合はtrue。そうでなければリターンfalse

保護されたメソッド

collectAutoInfo

protected void collectAutoInfo (IConfiguration config, 
                TestInformation info)

テスト対象のプライマリデバイスに関する情報を自動的に収集します。

パラメーター
config IConfiguration

info TestInformation

投げる
DeviceNotAvailableException

createShardHelper

protected IShardHelper createShardHelper ()

リターン作成IShardHelper使用されることを。

戻り値
IShardHelper

CustomizeDevicePreInvocation

protected void customizeDevicePreInvocation (IConfiguration config, 
                IInvocationContext context)

preInvocationSetupの前に、デバイスの一部をカスタマイズする機会を与えてください。

パラメーター
config IConfiguration :呼び出しの設定。

context IInvocationContext :現在の呼び出しコンテキスト。

getAdbVersion

protected String getAdbVersion ()

呼び出しに使用されているadbバージョンを返します。

戻り値
String

getPreparersToRun

protected  getPreparersToRun (IConfiguration config, 
                String deviceName)

このデバイスで実行する作成者のリストを取得します。

サンドボックスクラスでオーバーライドされ、ラボ作成者がサンドボックスの子内で実行されるのを制限します

パラメーター
config IConfiguration

deviceName String

戻り値

logHostAdb

protected void logHostAdb (IConfiguration config, 
                ITestLogger logger)

$ TMPDIR/adb。$UID.logからログを収集します。

パラメーター
config IConfiguration

logger ITestLogger

runPreparersSetup

protected void runPreparersSetup (TestInformation testInfo, 
                IConfiguration config, 
                ITestLogger listener)

パラメーター
testInfo TestInformation

config IConfiguration

listener ITestLogger

投げる
BuildError
DeviceNotAvailableException
TargetSetupError

runPreparersTearDown

protected Throwable runPreparersTearDown (TestInformation testInfo, 
                ITestDevice device, 
                String deviceName, 
                int deviceIndex, 
                ITestLogger logger, 
                Throwable exception, 
                 preparersToRun)

パラメーター
testInfo TestInformation

device ITestDevice

deviceName String

deviceIndex int

logger ITestLogger

exception Throwable

preparersToRun

戻り値
Throwable

setTestTag

protected void setTestTag (IBuildInfo info, 
                IConfiguration config)

ビルド情報でのテストタグの設定を処理します。

パラメーター
info IBuildInfo

config IConfiguration