Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

LogUtil

public class LogUtil
extends Object

java.lang.Object
com.android.tradefed.log.LogUtil


ロギングユーティリティクラス。 Log静的メソッドをオーバーライドする必要があるコードに役立ちます

概要

ネストされたクラス

class LogUtil.CLog

呼び出し元の単純なクラス名をログタグとして自動的に使用するLogシムクラス

パブリックメソッド

static String getLogFormatString (Log.LogLevel logLevel, String tag, String message)

デバイスの「スレッドタイム」ログ形式に類似した形式文字列を作成します。

static void printLog (Log.LogLevel logLevel, String tag, String message)

ログメッセージを出力する必要があるときに送信されます。

パブリックメソッド

getLogFormatString

public static String getLogFormatString (Log.LogLevel logLevel, 
                String tag, 
                String message)

デバイスの「スレッドタイム」ログ形式に類似した形式文字列を作成します。これには、日と月が含まれ(長時間実行されるTFインスタンスの時間を区別するため)、24時間の時間を使用して朝と夕方を明確にするため、特に便利です。

パラメーター
logLevel Log.LogLevel

tag String

message String

戻り値
String

以下も参照してください。

printLog

public static void printLog (Log.LogLevel logLevel, 
                String tag, 
                String message)

ログメッセージを出力する必要があるときに送信されます。この実装は、すべての場合にメッセージをstdoutに出力します。

パラメーター
logLevel Log.LogLevel :メッセージの優先度を表すLogLevel列挙。

tag String :メッセージに関連付けられたタグ。

message String :表示するメッセージ。