Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

BugreportCollector

public class BugreportCollector
extends Object implements ITestInvocationListener

java.lang.Object
com.android.tradefed.result.BugreportCollector


構成可能なイベントが発生したときにITestInvocationListenerを収集し、各ITestInvocationListener#testLogが収集された後にその子でITestInvocationListener#testLogを呼び出すITestInvocationListener#testLog

動作:(FIXME:これを終了してください)

  • テストケースが失敗した場合は、毎回キャプチャします
  • 各テストケースの後にキャプチャー
  • テストケースが失敗するたびにキャプチャする
  • キャプチャー

概要

ネストされたクラス

enum BugreportCollector.Filter

enum BugreportCollector.Freq

enum BugreportCollector.Noun

class BugreportCollector.Predicate

バグレポートを取得するタイミングを説明する完全な述語。

enum BugreportCollector.Relation

interface BugreportCollector.SubPredicate

田畑

public static final BugreportCollector.Predicate AFTER_FAILED_TESTCASES

テストケースが失敗するたびに起動する定義済みの述語

public static final BugreportCollector.Predicate AT_START

最初の呼び出しの開始時に起動する定義済みの述語

パブリックコンストラクター

BugreportCollector (ITestInvocationListener listener, ITestDevice testDevice)

パブリックメソッド

void addPredicate ( BugreportCollector.Predicate p)
void blockUntilIdle ()

コレクターがバグレポートを収集しないまでブロックします。

TestSummary getSummary ()

void invocationEnded (long elapsedTime)

void invocationFailed (Throwable cause)

void invocationStarted (IInvocationContext context)

void setAsynchronous (boolean asynchronous)

バグレポートコレクションが別のスレッドでバグレポートを収集するか( asynchronous = true )、またはバグレポートがキャプチャされるまで呼び出し元をブロックするか( asynchronous = false )を設定します。

void setDescriptiveName (String name)

バグレポートを記録するときに使用する説明的な名前を設定します。

void setDeviceWaitTime (int waitTime)

バグレポートをキャプチャしようとする前に、デバイスがオンラインになるのを待つ時間(秒単位)を設定します。

void testAssumptionFailure (TestDescription test, String trace)

void testEnded (TestDescription test, testMetrics) testEnded (TestDescription test, testMetrics)
void testFailed (TestDescription test, String trace)

void testIgnored (TestDescription test)
void testLog (String dataName, LogDataType dataType, InputStreamSource dataStream)

void testRunEnded (long elapsedTime, runMetrics) testRunEnded (long elapsedTime, runMetrics)

void testRunFailed (String errorMessage)

void testRunStarted (String runName, int testCount)

void testRunStopped (long elapsedTime)

void testStarted (TestDescription test)

田畑

AFTER_FAILED_TESTCASES

public static final BugreportCollector.Predicate AFTER_FAILED_TESTCASES

テストケースが失敗するたびに起動する定義済みの述語

AT_START

public static final BugreportCollector.Predicate AT_START

最初の呼び出しの開始時に起動する定義済みの述語

パブリックコンストラクター

BugreportCollector

public BugreportCollector (ITestInvocationListener listener, 
                ITestDevice testDevice)

パラメーター
listener ITestInvocationListener

testDevice ITestDevice

パブリックメソッド

addPredicate

public void addPredicate (BugreportCollector.Predicate p)

パラメーター
p BugreportCollector.Predicate

blockUntilIdle

public void blockUntilIdle ()

コレクターがバグレポートを収集しないまでブロックします。コレクターがバグレポートを積極的に収集していない場合は、すぐに戻ってください

getSummary

public TestSummary getSummary ()

戻り値
TestSummary

invocationEnded

public void invocationEnded (long elapsedTime)

パラメーター
elapsedTime long

invocationFailed

public void invocationFailed (Throwable cause)

パラメーター
cause Throwable

invocationStarted

public void invocationStarted (IInvocationContext context)

パラメーター
context IInvocationContext

setAsynchronous

public void setAsynchronous (boolean asynchronous)

バグレポートコレクションが別のスレッドでバグレポートを収集するか( asynchronous = true )、またはバグレポートがキャプチャされるまで呼び出し元をブロックするか( asynchronous = false )を設定します。

パラメーター
asynchronous boolean

setDescriptiveName

public void setDescriptiveName (String name)

バグレポートを記録するときに使用する説明的な名前を設定します。 null場合、 BugreportCollectorは、 BugreportCollector収集を引き起こしたイベントの名前をシリアル化するデフォルトの動作にフォールバックします。

パラメーター
name String

setDeviceWaitTime

public void setDeviceWaitTime (int waitTime)

バグレポートをキャプチャしようとする前に、デバイスがオンラインになるのを待つ時間(秒単位)を設定します。負の場合、チェックは実行されません。このチェック中に発生したDeviceNotAvailableExceptionはログに記録され、無視されます。

パラメーター
waitTime int

testAssumptionFailure

public void testAssumptionFailure (TestDescription test, 
                String trace)

パラメーター
test TestDescription

trace String

testEnded

public void testEnded (TestDescription test, 
                 testMetrics)

パラメーター
test TestDescription

testMetrics

testFailed

public void testFailed (TestDescription test, 
                String trace)

パラメーター
test TestDescription

trace String

testIgnored

public void testIgnored (TestDescription test)

パラメーター
test TestDescription

testLog

public void testLog (String dataName, 
                LogDataType dataType, 
                InputStreamSource dataStream)

パラメーター
dataName String

dataType LogDataType

dataStream InputStreamSource

testRunEnded

public void testRunEnded (long elapsedTime, 
                 runMetrics)

パラメーター
elapsedTime long

runMetrics

testRunFailed

public void testRunFailed (String errorMessage)

パラメーター
errorMessage String

testRunStarted

public void testRunStarted (String runName, 
                int testCount)

パラメーター
runName String

testCount int

testRunStopped

public void testRunStopped (long elapsedTime)

パラメーター
elapsedTime long

testStarted

public void testStarted (TestDescription test)

パラメーター
test TestDescription