Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

LogFileSaver

public class LogFileSaver
extends Object

java.lang.Object上位
com.android.tradefed.result.LogFileSaver


以下のためのヘルパーITestInvocationListenerファイルにログデータを保存しますの

概要

publicコンストラクタ

LogFileSaver ( IBuildInfo buildInfo, File rootDir, Integer logRetentionDays)

作成LogFileSaver

LogFileSaver ( IBuildInfo buildInfo, File rootDir)

作成LogFileSaver

LogFileSaver (File rootDir)

代替LogFileSaverちょうどログ格納ディレクトリとして指定したディレクトリを使用しますコンストラクタ。

パブリック・メソッド

File createCompressedLogFile (String dataName, LogDataType origDataType)

圧縮されたログデータを格納するための空のファイルを作成します。

OutputStream createGZipLogStream (File logFile)

ファイルへのGZIP圧縮データを書き込むための出力ストリームを作成します。

InputStream createInputStreamFromFile (File logFile)

与えられたログfiの内容を読み取るための入力ストリームを作成するためのヘルパーメソッド

TODO:この方法の他の場所に移動することを検討。

File getFileDir ()

ストア・ファイルに使用するディレクトリを取得します。

getInvocationLogPathSegments ()
File saveAndGZipLogData (String dataName, LogDataType dataType, InputStream dataStream)

保存して圧縮、必要に応じて、gzipファイルへのログデータ

File saveAndZipLogData (String dataName, LogDataType dataType, InputStream dataStream)

保存して圧縮、zipファイルに必要に応じて、ログデータ

File saveLogData (String dataName, LogDataType dataType, InputStream dataStream)

ファイルへのログデータを保存

File saveLogDataRaw (String dataName, String ext, InputStream dataStream)

ファイルへの生データを保存

publicコンストラクタ

LogFileSaver

public LogFileSaver ( IBuildInfo buildInfo, 
                File rootDir, 
                Integer logRetentionDays)

作成LogFileSaver

ROOTDIR /ブランチで独自のファイルシステムディレクトリを構築/ build_id / testTag / uniqueDir

ディレクトリの作成に失敗した場合は、一時ディレクトリを使用します。

パラメーター
buildInfo IBuildInfoIBuildInfo

rootDir File :ルート・ファイル・システム・パス

logRetentionDays Integer :もし「を.retention」ファイルは、タイムスタンプを含むディレクトリをログに書き込まれます提供は、現在の時刻+ logRetentionDaysに等しいです。ログディレクトリを削除すると、外部のクリーンアップスクリプトを決定するために、このファイルを使用することができます。

LogFileSaver

public LogFileSaver ( IBuildInfo buildInfo, 
                File rootDir)

作成LogFileSaver

ROOTDIR /支店/ build_id / uniqueDirに独自のファイルシステムディレクトリを構築

パラメーター
buildInfo IBuildInfoIBuildInfo

rootDir File :ルート・ファイル・システム・パス

LogFileSaver

public LogFileSaver (File rootDir)

代替LogFileSaverちょうどログ格納ディレクトリとして指定したディレクトリを使用しますコンストラクタ。

パブリック・メソッド

createCompressedLogFile

public File createCompressedLogFile (String dataName, 
                LogDataType origDataType)

圧縮されたログデータを格納するための空のファイルを作成します。

パラメーター
dataName StringStringデータのわかりやすい名前STOR「device_logcat」ことにします

origDataType LogDataType :の種類LogDataType格納されます

戻り値
File ERROR(/File)

スロー
ログファイルが作成できなかった場合

createGZipLogStream

public OutputStream createGZipLogStream (File logFile)

ファイルへのGZIP圧縮データを書き込むための出力ストリームを作成します。

パラメーター
logFile FileERROR(/File)の書き込みにします

戻り値
OutputStream ERROR(/OutputStream)ファイルに圧縮し、書き込みデータへ。このストリーム完了時

スロー
ストリームが生成されなかった場合

createInputStreamFromFile

public InputStream createInputStreamFromFile (File logFile)

与えられたログfiの内容を読み取るための入力ストリームを作成するためのヘルパーメソッド

TODO:この方法の他の場所に移動することを検討。それはモックに、このクラスのユーザーに電子ので、今のところここに配置。

パラメーター
logFile FileERROR(/File)から読み取るします

戻り値
InputStream バッファさERROR(/InputStream)ファイルのデータを読み込みます。このストリームC発信者の必要があるときに、完全な

スロー
ストリームが生成されなかった場合

getFileDir

public File getFileDir ()

ストア・ファイルに使用するディレクトリを取得します。

戻り値
File ERROR(/File)ディレクトリ

getInvocationLogPathSegments

public  getInvocationLogPathSegments ()

戻り値
ユニークな呼び出しログパスセグメント。

saveAndGZipLogData

public File saveAndGZipLogData (String dataName, 
                LogDataType dataType, 
                InputStream dataStream)

保存して圧縮、必要に応じて、gzipファイルへのログデータ

パラメーター
dataName StringStringデータのわかりやすい名前。例えば「DEV

dataType LogDataTypeLogDataTypeファイルの。あるログデータ(すなわちLogDataType#isCompressed()であるtrue

dataStream InputStreamERROR(/InputStream)のデータ。

戻り値
File 生成されたデータのファイル

スロー
ログファイルが生成されなかった場合

saveAndZipLogData

public File saveAndZipLogData (String dataName, 
                LogDataType dataType, 
                InputStream dataStream)

保存して圧縮、zipファイルに必要に応じて、ログデータ

パラメーター
dataName StringStringデータのわかりやすい名前。例えば「DEV

dataType LogDataTypeLogDataTypeファイルの。あるログデータ(すなわちLogDataType#isCompressed()であるtrue

dataStream InputStreamERROR(/InputStream)のデータ。

戻り値
File 生成されたデータのファイル

スロー
ログファイルが生成されなかった場合

saveLogData

public File saveLogData (String dataName, 
                LogDataType dataType, 
                InputStream dataStream)

ファイルへのログデータを保存

パラメーター
dataName StringStringデータのわかりやすい名前。例えば「DEV

dataType LogDataTypeLogDataTypeファイルの。

dataStream InputStreamERROR(/InputStream)のデータ。

戻り値
File 生成されたデータのファイル

スロー
ログファイルが生成されなかった場合

saveLogDataRaw

public File saveLogDataRaw (String dataName, 
                String ext, 
                InputStream dataStream)

ファイルへの生データを保存

パラメーター
dataName StringStringデータのわかりやすい名前。例えば「DEV

ext String :日付の延長

dataStream InputStreamERROR(/InputStream)のデータ。

戻り値
File 生成されたデータのファイル

スロー
ログファイルが生成されなかった場合