コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

LogSaverResultForwarder

public class LogSaverResultForwarder
ResultForwarder をextends ResultForwarder implements ILogSaverListener

java.lang.Object
com.android.tradefed.result.ResultForwarder
com.android.tradefed.result.LogSaverResultForwarder


グローバル ファイル セーバーでログを保存するためのResultForwarder

概要

パブリック コンストラクター

LogSaverResultForwarder ( ILogSaver logSaver, listeners) LogSaverResultForwarder ( ILogSaver logSaver, listeners)

公開メソッド

void invocationEnded (long elapsedTime)

呼び出しが正常に終了したか、何らかのエラー状態により終了したことを報告します。

void invocationStarted ( IInvocationContext context)

テスト呼び出しの開始を報告します。

void logAssociation (String dataName, LogFile logFile)

場合によっては、ログをテスト ケースと強く関連付ける必要がありますが、直接testLogSaved(String, com.android.tradefed.result.LogDataType, com.android.tradefed.result.InputStreamSource, com.android.tradefed.result.LogFile)コールバックはできません。

static void logFile ( listeners, ILogSaver saver, InputStreamSource source, String name, LogDataType type) logFile ( listeners, ILogSaver saver, InputStreamSource source, String name, LogDataType type)

完了する前に最終ファイルをログに記録する

static void reportEndHostLog ( listeners, ILogSaver saver, String name) reportEndHostLog ( listeners, ILogSaver saver, String name)

進行中のセッションから host_log を報告します。

void testLog (String dataName, LogDataType dataType, InputStreamSource dataStream)

テスト呼び出しから関連するログまたはデバッグ データを提供します。

また、グローバルILogSaverを使用してログ ファイルを保存し、 ILogSaverListenerインターフェイスを実装するリスナーに対してILogSaverListener#testLogSaved(String, LogDataType, InputStreamSource, LogFile)を呼び出します。

void testLogForward (String dataName, LogDataType dataType, InputStreamSource dataStream)

最初にログを保存する代わりに、testLog のみを転送します。

void testLogSaved (String dataName, LogDataType dataType, InputStreamSource dataStream, LogFile logFile)

テスト ログが保存されるときに呼び出されます。

LogSaverResultForwarderが別のものにラップされている場合は、testLogSaved コールバックをその下のリスナーに転送するようにしてください。

パブリック コンストラクター

LogSaverResultForwarder

public LogSaverResultForwarder (ILogSaver logSaver, 
                 listeners)

パラメーター
logSaver ILogSaver

listeners

公開メソッド

呼び出し終了

public void invocationEnded (long elapsedTime)

呼び出しが正常に終了したか、何らかのエラー状態により終了したことを報告します。

TradeFederation フレームワークによって自動的に呼び出されます。

パラメーター
elapsedTime long : 呼び出しの経過時間 (ミリ秒)

呼び出し開始

public void invocationStarted (IInvocationContext context)

テスト呼び出しの開始を報告します。

TradeFederation フレームワークによって自動的に呼び出されます。レポーターは、複数のデバイス レポートをサポートするために、このメソッドをオーバーライドする必要があります。

パラメーター
context IInvocationContext : 呼び出しに関する情報

ログ関連付け

public void logAssociation (String dataName, 
                LogFile logFile)

場合によっては、ログをテスト ケースと強く関連付ける必要がありますが、直接testLogSaved(String, com.android.tradefed.result.LogDataType, com.android.tradefed.result.InputStreamSource, com.android.tradefed.result.LogFile)コールバックはできません。したがって、このコールバックにより、強い関連付けを明示的に提供できます。

パラメーター
dataName String : データの名前

logFile LogFile : 以前にログに記録され、テスト ケースに関連付ける必要があるLogFile

ログファイル

public static void logFile ( listeners, 
                ILogSaver saver, 
                InputStreamSource source, 
                String name, 
                LogDataType type)

完了する前に最終ファイルをログに記録する

パラメーター
listeners

saver ILogSaver

source InputStreamSource

name String

type LogDataType

reportEndHostLog

public static void reportEndHostLog ( listeners, 
                ILogSaver saver, 
                String name)

進行中のセッションから host_log を報告します。

パラメーター
listeners

saver ILogSaver

name String

テストログ

public void testLog (String dataName, 
                LogDataType dataType, 
                InputStreamSource dataStream)

テスト呼び出しから関連するログまたはデバッグ データを提供します。

ERROR(/ITestInvocationListener#invocationFailed(Throwable))またはERROR(/ITestInvocationListener#invocationEnded(long))前に呼び出す必要があります

TradeFederation フレームワークは、このメソッドを自動的に呼び出し、ホスト ログと、該当する場合はデバイスの logcat を提供します。

また、グローバルILogSaverを使用してログ ファイルを保存し、 ILogSaverListenerインターフェイスを実装するリスナーに対してILogSaverListener#testLogSaved(String, LogDataType, InputStreamSource, LogFile)を呼び出します。

パラメーター
dataName String : データのString記述名。例: "device_logcat"。注意 dataName は、呼び出しごとに一意ではない場合があります。つまり、実装者は同じ dataName で複数の呼び出しを処理できなければなりません

dataType LogDataType : データのLogDataType

dataStream InputStreamSource : データのInputStreamSource 。実装者は createInputStream を呼び出してデータの読み取りを開始し、完了したら結果の InputStream を確実に閉じる必要があります。呼び出し元は、testLog メソッドが完了するまで、データのソースが存在し、アクセス可能であることを確認する必要があります。

testLogForward

public void testLogForward (String dataName, 
                LogDataType dataType, 
                InputStreamSource dataStream)

最初にログを保存する代わりに、testLog のみを転送します。

パラメーター
dataName String

dataType LogDataType

dataStream InputStreamSource

testLogSaved

public void testLogSaved (String dataName, 
                LogDataType dataType, 
                InputStreamSource dataStream, 
                LogFile logFile)

テスト ログが保存されるときに呼び出されます。

ITestInvocationListener#testLog(String, LogDataType, InputStreamSource)の代わりに使用する必要があります。

LogSaverResultForwarderが別のものにラップされている場合は、testLogSaved コールバックをその下のリスナーに転送するようにしてください。

パラメーター
dataName String : データのString記述名。例: "device_logcat"。注意 dataName は、呼び出しごとに一意ではない場合があります。つまり、実装者は同じ dataName で複数の呼び出しを処理できなければなりません

dataType LogDataType : データのLogDataType

dataStream InputStreamSource : データのInputStreamSource 。実装者は createInputStream を呼び出してデータの読み取りを開始し、完了したら結果の InputStream を確実に閉じる必要があります。

logFile LogFile : 保存されたファイルのメタデータを含むLogFile