コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

ILogSaverListener

public interface ILogSaverListener
implements ITestInvocationListener

com.android.tradefed.result.ILogSaverListener


ITestInvocationListenerがログ ファイルの保存時にリッスンできるようにします。

これにより、複数のITestInvocationListenerがレポートの生成時に保存された同じログ ファイルを使用できるようになりITestLogger.testLog(String, com.android.tradefed.result.LogDataType, com.android.tradefed.result.InputStreamSource)の場合に各リスナーがファイルを個別に保存することを回避できますITestLogger.testLog(String, com.android.tradefed.result.LogDataType, com.android.tradefed.result.InputStreamSource)が呼び出されます。

このインターフェースを実装するクラスtestLogSaved(String, com.android.tradefed.result.LogDataType, com.android.tradefed.result.InputStreamSource, com.android.tradefed.result.LogFile) ITestLogger.testLog(String, com.android.tradefed.result.LogDataType, com.android.tradefed.result.InputStreamSource)が呼び出されます。

このクラスはグローバルILogSaverインスタンスも渡すため、 ITestInvocationListenerは追加のファイルを同じ場所に保存できます。

概要

公開メソッド

default void logAssociation (String dataName, LogFile logFile)

場合によっては、ログをテスト ケースと強く関連付ける必要がありますが、直接testLogSaved(String, com.android.tradefed.result.LogDataType, com.android.tradefed.result.InputStreamSource, com.android.tradefed.result.LogFile)コールバックはできません。

default void setLogSaver ( ILogSaver logSaver)

ILogSaverを設定して、実装者がファイルを保存できるようにします。

default void testLogSaved (String dataName, LogDataType dataType, InputStreamSource dataStream, LogFile logFile)

テスト ログが保存されるときに呼び出されます。

公開メソッド

ログ関連付け

public void logAssociation (String dataName, 
                LogFile logFile)

場合によっては、ログをテスト ケースと強く関連付ける必要がありますが、直接testLogSaved(String, com.android.tradefed.result.LogDataType, com.android.tradefed.result.InputStreamSource, com.android.tradefed.result.LogFile)コールバックはできません。したがって、このコールバックにより、強い関連付けを明示的に提供できます。

パラメーター
dataName String : データの名前

logFile LogFile : 以前にログに記録され、テスト ケースに関連付ける必要があるLogFile

setLogSaver

public void setLogSaver (ILogSaver logSaver)

ILogSaverを設定して、実装者がファイルを保存できるようにします。

パラメーター
logSaver ILogSaver : ILogSaver

testLogSaved

public void testLogSaved (String dataName, 
                LogDataType dataType, 
                InputStreamSource dataStream, 
                LogFile logFile)

テスト ログが保存されるときに呼び出されます。

ITestInvocationListener#testLog(String, LogDataType, InputStreamSource)の代わりに使用する必要があります。

パラメーター
dataName String : データのString記述名。例: "device_logcat"。注意 dataName は、呼び出しごとに一意ではない場合があります。つまり、実装者は同じ dataName で複数の呼び出しを処理できなければなりません

dataType LogDataType : データのLogDataType

dataStream InputStreamSource : データのInputStreamSource 。実装者は createInputStream を呼び出してデータの読み取りを開始し、完了したら結果の InputStream を確実に閉じる必要があります。

logFile LogFile : 保存されたファイルのメタデータを含むLogFile